PAX MUNDI PER INTELLECTUM

相互理解を通じた世界平和の実現

翻訳商社ノーヴァネクサスは、「最強の外国語、外国人業務コンシェルジュ」を標榜する、従来の型にはまらない、新しいタイプの、チャレンジングな企業です。

業界には得意言語、得意分野、経験、経歴の異なる様々な人材や会社が存在し、外国語、外国人サービス手法も人力、機械、AI、オンサイト、オンラインなど、近年では多岐にわたっています。

そのような中からお客様の目的とご要望にマッチした手法を提案し、最適なサービスをお届けするプロフェッショナル集団、それが「翻訳商社」という新しい企業体です。

  • 外国語や外国語人材サービスをもっと身近で、敷居の低いものにしたい
  • 人の手による外国語サービスの可能性を追求したい
  • 技術発展に伴う新しい手法と従来の手法の融合による新たな言語転換・コミュニケーション手段を模索したい
  • お客様対応力(サービス力)を徹底的に高める組織でありたい
  • これらをもとに世界交流の活性化にチャレンジ、相互理解の促進から世界平和実現への一翼を担いたい
  • 収益の一部を経済的、環境的に恵まれない世界の子どもたちの役に立てたい

 そんな思いで立ち上げた会社ノーヴァネクサスは、ラテン語で”新たなつながりを意味します。

妥協ではなく価値観を認め合う、自己研鑽を怠らない組織から生み出される新たなつながりは、海を渡り国境を越え、世界中の人々の多様性を発見、理解、認知することにつながります。

お客様の「新たなつながり」のお手伝いで世界がつながる

翻訳商社ノーヴァネクサスの願いは、それに尽きます。

代表取締役 福角和憲

代表取締役 福角 和憲

President Kazunori FUKUZUMI

Sustainable Development Goals 世界を変えるための17の目標

社会貢献活動

世界交流の活性化にチャレンジ、相互理解の促進から世界平和実現へ向け、その一翼を担い、世の中のお役に少しでも立ちたい。

そんな思いから、収益の一部を経済的、環境的に恵まれない世界の子どもたちに役立てるべく特定非営利活動法人国境なき子どもたち(KnK)サポーター活動を続けています。

また、この活動を通じSDGs(持続可能な開発目標)の以下項目への協力を今後も続けていきます。

1)貧困をなくそう
4)質の高い教育をみんなに
5)ジェンダー平等を実現しよう

国境なき子どもたち(KnK)とは

国境なき子どもたち(KnK)は、途上国のストリートチルドレンや恵まれない子どもたちを支援するために1997年に日本で設立された国際協力NGOです。

これまで15ヵ国(地域)において9万人以上の子どもたちに教育機会を提供し、自立を支援しています。

国境なき子どもたち
パートナーシップ構築宣言

その他活動

当社はパートナーシップ構築宣言企業として登録されています。

パートナーシップ構築宣言とは

サプライチェーンの取引先や価値創造を図る事業者の皆様との連携・共存共栄を進めることで、新たなパートナーシップを構築することを、企業の代表者の名前で宣言するものです。

パートナーシップ構築宣言」では、サプライチェーン全体の共存共栄と規模・系列等を越えた新たな連携、親事業者と下請事業者との望ましい取引慣行(下請中小企業振興法に基づく「振興基準」)の遵守を宣言し、ポータルサイトに掲載することで、各企業の取組の「見える化」を行います。