翻訳サービスについてよくあるご質問

世界120か国語対応とのことですが、どんな言語でも翻訳可能ですか?

はい、ほとんどの言語に対応できますのでお問い合わせください。

日本市場で発生するニーズはそのほとんどが「日本語から英語」または、「英語から日本語」への翻訳ですが、ここ十年程「日本語から中国語」「中国語から日本語」への翻訳ニーズが拡大しています。当社はこれらの主要言語はもちろん、ホームページに記載している代表的な言語を含め、ビジネスその他で翻訳が必要となる言語ほぼすべてにご対応できます。くわしくは 「取扱言語」をご覧ください。

Google翻訳とはどう違うのですか?

Google翻訳は「機械翻訳」と呼ばれる翻訳方法です。当社がご提供しているサービスは「人手(または人力)翻訳」という呼ばれる、プロ翻訳者という「人」による翻訳です。この二つのもっとも大きな違いは、翻訳した後の文書の品質レベルです。

Google翻訳を筆頭に、機械翻訳と呼ばれるものを正確に表現すると「翻訳」ではなく「言語転換」です。AIの活用などその技術進歩に伴なう翻訳精度向上には目を見張るものがありますが、機械翻訳したものをそのままで商用利用するにはまだ少なからずリスクがあります。

翻訳する目的や、翻訳に期待する成果に応じて、機械翻訳と人手翻訳を賢く使い分けることをお勧めします。

機械翻訳については以下のコラムもご一読ください。

翻訳料金はどのようにして決まるのですか?

「翻訳料金 =①翻訳単価 × ②ボリューム + ③その他料金」

これがもっとも基本的な翻訳料金の見積もり基準です。

①翻訳単価は、「何語から何語へ」という言語の組み合わせ(言語ペア)や、翻訳が必要なドキュメント(文書)の内容、希望する翻訳の品質によって変わります。日本語から英語への翻訳の場合、原文に含まれる日本語1文字あたり10~20円が相場です。

②ボリュームは、翻訳が必要なドキュメント(文書)に含まれる文字数または、単語数の合計のことです。

③その他料金は、DTPやレイアウトといった編集作業または、ウェブページの場合に発生するコーディングなど、純粋な翻訳以外の作業が発生した際に課金されますが、納期を短縮した場合なども追加されることがあります。

翻訳料金についてはこちらのコラムもぜひご一読ください。

翻訳が必要な原稿の形式(様式)とはどのようなものですか?

Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Adobe PDFなどの電子ファイル形式のものがほとんどですが、電子ファイル形式の原稿にはこれら以外にもAdobe Illustorator、Photoshop、InDesignまたは、シンプルなテキストファイル(txt)の場合もあります。

冊子や申請書、届出書といった紙媒体でご提供いただくこともまだまだ多いですが、翻訳が必要なドキュメント(文書)はホームページやランディングページといったウェブページの場合は、HTMLやXMLなどの形式での作業が必要となります。

翻訳後の文書はどのようにして納品されますか?

お客様から提供された翻訳の元となるドキュメント(文書)が電子ファイル形式でも紙媒体でも、翻訳後の文書は原則電子ファイル形式でご納品します。ほとんど場合、お客様からご提供されたドキュメント(文書)に、翻訳文を上書きして(同じ電子ファイル形式で)納品されます。

電子ファイル形式でご納品する場合は、メール添付、ファイル転送サービスを介して行ないますが、ご要望によっては紙に出力したものやデータを保存したCD-Rをご郵送することも可能です。

翻訳証明書は発行できますか?

はい、もちろんご発行します。発行手数料として500円(税別)を頂戴しております。

翻訳証明書は、各種届出や証明書類などを公的機関に提出する際に、「第三者による公正な翻訳である」ことを証明するために必要となる(場合がある)書類です。翻訳証明書が無いと、翻訳した書類を提出しても受理されない可能性があるのでご注意ください。

また、公的機関に提出する場合でも、翻訳証明書の提出を求められないことがありますので、提出先の公的機関に事前(翻訳を行なうタイミング)に確認することをお勧めします。

校閲・校正サービスについてよくあるご質問

校閲・校正料金はどのようにして決まるのですか?

「校閲・校正料金 =①校閲・校正単価 × ②ボリューム + ③その他料金」

これがもっとも基本的な校閲・校正料金の見積もり基準です。

①校閲・校正単価は、「何語から何語へ」という言語の組み合わせ(言語ペア)や、校閲・校正が必要なドキュメント(文書)の内容、希望する翻訳の品質によって変わります。日本語から英語に翻訳したものを校閲・校正する場合、翻訳された英語1単語あたり5-15円が相場です。

②ボリュームは、校閲・校正が必要なドキュメント(文書)に含まれる文字数または、単語数の合計のことです。

③その他料金は、DTPやレイアウトといった編集作業または、ウェブページの場合に発生するコーディングなど、純粋な校閲・校正以外の作業が発生した際に課金されますが、納期を短縮した場合なども追加されることがあります。

校閲・校正料金について」ページもご参照ください。

校閲・校正とは何ですか?

校閲(こうえつ)・校正(こうせい)とは外国語に翻訳もしくは、日本語に翻訳(和訳)された文章を正しく修正することです。

経験と実績豊富な翻訳者・チェッカーが、翻訳された文章(文書、ドキュメント)の

  • スペリング(つづり)
  • 誤字(書き間違い)
  • 脱字(書き忘れ)
  • 誤訳(間違った翻訳)
  • 異訳(異なる単語への翻訳)
  • 訳漏れ(翻訳し忘れ)
  • 表記のユレ(です、ますの統一や単語の統一)
  • 文法(外国語の場合は対象国の文法、日本語の場合はて・に・を・は等)
  • 表現(翻訳する目的や、翻訳した文書(ドキュメント)の内容に相応しいかどうか)

などを訂正します。

正確でわかりやすく、美しい文章になっているか確認しながら校閲・校正を行ない、成果につながる翻訳に磨き上げます。

ご自身で外国語が扱える方、社内に外国語が扱える方がいらっしゃる企業様などから、翻訳品質の向上のためにご依頼いただくことが多いのが校閲・校正です。

詳しくは「校閲・校正サービス」ページをご覧ください。

通訳サービスについてよくあるご質問

世界60か国語対応とのことですが、どんな言語でも通訳可能ですか?

はい、ほとんどの言語に対応できますのでお問い合わせください。

日本市場で発生するニーズはそのほとんどが「日本語から英語」または、「英語から日本語」への通訳ですが、ここ十年程「日本語から中国語」「中国語から日本語」への翻訳ニーズが拡大しています。当社はこれらの主要言語はもちろん、ホームページに記載している代表的な言語を含め、ビジネスその他で通訳が必要となる言語ほぼすべてにご対応できます。くわしくは 「取扱言語」をご覧ください。

同時通訳と逐次(ちくじ)通訳はなにが違うのですか?

同時通訳は、発言者の話す内容をほぼ同時にほかの言語に翻訳して話す形式です。専用ブースと通信機材を用いて行なうこともあります。

逐次(ちくじ)通訳は、発信者が話したあとにその内容をほかの言語に翻訳して話す形式です。会話を細かく区切りながら行なうのがその特徴です。

通訳にはほかにも、同時通訳と同じ方法ながら「発信者の近くでささやくように話す」ウィスパリングという形式もあります。

通訳方法について」ページもぜひご参照ください。

外国語人材サービスについてよくあるご質問

外国語人材サービスとは何ですか?

翻訳だけ、通訳だけ、といった特定の業務ではなく、あらゆる外国語業務に適宜、臨機応変に対応する人材をご提供します。

人材派遣会社から派遣(または紹介)された外国語のできるスタッフ、をイメージいただくと対応業務についておわかりいただきやすいと思いますが、当社がご提供するのは人材派遣、人材紹介、人材紹介予定派遣ではなく、御社が必要とされる外国語業務を(対応する人材も含めて)まるごと受託する(業務請負)サービスです。

社内業務から社外業務まで、異文化や慣習への理解と外国語を必要とする各種業務に外国語能力の高いスタッフが柔軟にご対応します。翻訳、通訳などの社内業務からガイド、イベント受付、出張・観光アテンドといった社外業務まで、品質重視の外国語人材業務はお任せください。

詳しくは「外国語人材サービス」ページをご覧ください。