【シンガポール】でビジネスをするメリット

翻訳外注ノウハウ

シンガポールは国際的なビジネスを展開する上で、重要な国として長年選ばれ続けています。

豊富なスキルを持つ人材、効率的でオープンな経済、厳格な知的財産権の保護といった要因が、シンガポールでのビジネスを憧れの対象となる理由です。

2016年、シンガポールは10年連続で「ビジネスを行うのに最適な国」にランクインしました。国際市場への事業展開をお考えなら、シンガポールは最適な進出先といえるかもしれません。

本コラムでは、シンガポールの魅力について詳しくご紹介します。

※本コラムはNew Horizons社のコラム(2021年9月15日)を元にお届けしています

シンガポールでビジネスをする最大のメリット

シンガポールでビジネスを行う最大のメリットは、他の多くの国々と比べて「ビジネス運営が容易で手間がかからない」ことです。

堅牢で開放的な経済、妥当な税率、優れたインフラ、熟練した労働力の確保、アジアにおける戦略的立地といった要因がその裏付けです。

シンガポールでのビジネスが有益な理由

シンガポールでのビジネスのし易さにはいくつかの要因があります。

強固な経済力と通貨統制のない国

シンガポールは自由市場経済が成功しているだけでなく、成長のために主に金融、貿易、製造業に比重を置いています。GDPの75%はサービス業によるもので、対象となる労働力の約80%を雇用しています。

シンガポールは失業率もインフレ率も低い国です。また、対外的には公的債務を持たず、現在は黒字です。そして、海外投資も積極的に行なっており、住宅、交通、教育、健康などの分野でも補助金を出しています。

これらはすべて、経済が健全で安定していることを示しています。

さらに、外国人はシンガポールで設立した会社の株式を100%所有することができ、現地の株主やパートナーを持つ必要はありません。また、本国への利益送還にも制限がなく、外貨の持ち込み、持ち出しも自由です。

これは特に莫大な税負担を強いられる可能性のある大企業にとっては、シンガポールが特別に魅力的に映る要因です。

税法上の優遇措置

シンガポールの税制はアジアで最も企業にやさしく、配当金や事業からのキャピタルゲインには課税されません。また、法人税と個人税も段階的に導入されます。

新規事業の場合、最初の3年間はかなりの税制優遇を受けることができ、最初の所得が10万シンガポールドル(約930万円)までは税率が0%になります。

さらに、法人税率については17%を上限としており、50か国以上と二重課税回避協定を結んでいます。

インフラと地理的条件

シンガポールは、初めて訪れた人が驚くほどの優れたインフラを誇っています。

世界的に有名な最新鋭の国際空港(チャンギ)をはじめ、優れた高速道路やビル、地下鉄といった技術的なインフラを備えていますが、これらはすべて、シンガポールでのビジネスを容易にする上でとても大切なものです。

また、シンガポールはその地理的位置付けから、アジア全域、特に中国、インド、オーストラリア、マレーシアといった、他のビジネス拠点にアクセスし易いという利点もあります。

この地理的優位性により、シンガポールでのビジネスを計画する場合、その他の国を含む地域全体で重要かつ、有益な貿易関係を形成することができます。

高度なスキルを持つ人材の確保

シンガポールは、その優れた教育システムで世界的に知られています。さまざまマーケットに於いてもっともスキルのある人材をこの国が有していることは、もはや驚くことではありません。

シンガポールの人々は教育や技術的専門知識に加え、勤勉で規則を守る性格で知られています。

また、移民への優遇制度により多くのグローバル人材が集まるので、良い人材紹介会社に頼ればそれらの優れた人材をあなたのビジネスに有効活用することも可能です。

また、英語を母国語とする従業員が多いため、海外本社とのコミュニケーションが容易であることも大きなメリットです。

腐敗の撲滅

汚職が蔓延しているアジア諸国でのビジネスを、どうしても懐疑的な見方をしてしまうこともあるでしょう。しかし、シンガポールは例外です。

この国の公務員は政府から非常に高い報酬を得ており、賄賂という形で行われることが多い汚職には厳しい罰則が設けられています。

これにより企業経営者は、不必要な事務処理に巻き込まれたり、モラルのない役人の言いなりになったりする可能性が低くなります。

また、シンガポールの市民は法の支配を熱烈に支持する傾向があります。

シンガポールでビジネスをするメリット

シンガポールでのビジネスをお考えですか?

アジアでのビジネスを検討している多くの企業にとって、シンガポールは投資先として最も魅力的な場所です。

シンガポールでの会社設立、ビジネス・ビジョンの実現に必要な人材の確保、「PEO(Professional Employer Organization、習熟作業者派遣組織) & Employer of Record(EOR、雇用主調査)ソリューション」による迅速かつ、柔軟でコンプライアンスに則ったシンガポールでの人材採用など、詳しくは専門家にお問い合わせください。

まとめ

以上、「【シンガポール】でビジネスをするメリット」でしたがいかがでしたでしょうか。

「法人税率が17%で実効税率ベースでは10%程度(日本は35%)」と有利な税制で常に注目され、アジアでは香港に並ぶ優れたビジネス大国として知られるシンガポールは、そこでビジネスをしない理由が見つからないほど魅力的で、現に世界中からさまざまな企業が集まっています。

一方、ペーパーカンパニーの設立が推奨されていないため会社の維持費が嵩む、約560万人という人口と東京23区程度の国土面積でマーケットが小さい、不動産や車の価格が高い(これらの維持費は東京の120%という見方も)といった点もあるため、現地の一般消費者向けビジネスは思うほど容易ではなく、アジアのリージョナルヘッドクォーター(地域本社)または、世界情報の集積センターとして用いられる一面もあり、他国への進出同様、入念な事前調査、検討が求められます。

新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)による世界的な悪影響からもようやく脱しつつある今、ツーリストやビジネス渡航者を中心に、世界経済は2020年春以前の状況を少しずつ取り戻していくように思われます。

戦争を始め世界的にはもちろんまだ予断を許さない状況ではありますが、感染症による経済的ダメージから早く回復するためにも、世界的なトラフィックが今後急激に回復することは間違いないでしょう。

当社では「ビジネスの成果につながる、高品質を必要とする、ハイエンドな翻訳」を、ホームぺージや契約書、プレゼン資料、チラシ、パンフレット、取扱説明書やゲーム、アプリほか、ビジネスで必要なドキュメント、テキストに、英語はもちろん、シンガポールの主要言語のひとつである中国語を含む世界120か国語で提供しています。

もし高品質な英語、中国語翻訳をお求めでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン