中国語とは?その歴史とすべて

翻訳外注ノウハウ

中国語とは何でしょうか?どれくらいの数の人が話すのでしょうか?中国語はどこで生まれ、どのようにして現代まで続いているのでしょうか?

約8.9億人が使用する「世界の言語別人口第1位」の中国語は、今や英語に次いでスペイン語と並ぶ世界メジャー言語ですが、あまりにも一般的で当たり前になってしまったからこそ、実はよく知らない部分が多いのが中国語です。

今回は、中国語という言語そのものについて掘り下げてみたいと思います。中国語のすべてが詰まった内容です。

※本コラムはBritannicaの「Chinese languages」ページを元にお届けしています

中国語とは

中国語は、シナ語、漢語とも呼ばれる東アジアの主要言語群であり、シナ・チベット語族に属します。中国語には多くの種類があり、一般に方言と呼ばれていますが、学者たちは通常、それぞれを別の言語として分類しています。

中国語を母語とする人の数は世界のどの言語よりも多く、現代標準中国語は国連の6つの公用語のうちの1つです。

中国語の話し言葉はそれぞれの話し手にとって相互に理解不能と言われており、それは現代のロマンス語とほぼ同程度に互いに異なっていますが、発音と語彙の違いが主で、文法的な違いはほとんどありません。

これらの言語には、

  • 中国の北部、中部、西部の「北京語、呉語」
  • 北部と南部の「ミン語、甘語、客家語、湘語」
  • 南東部の「広東語(越語)」

などがあります。

中国のすべての言語には(文字で書かれた共通の文学作品に基づいた)文語(wenyan)というものがありますが、この文語に発音の統一基準はなく、それぞれの話者は自国語の発音規則に従って文章を読みます。

1917年以前はほとんどすべての文章に文語が使われていましたが、それ以降は文語の代わりに現地語(白話、はくわ、中国語における書き言葉の一種)で書くことが次第に受け入れられるようになり、現代中国の日常生活に於いて古い文語は失われつつあります(ただし一部の文芸・学術界では依然として使用されています)。

1900年代初頭、北京語を基礎とした国語統一計画が始まり、現代標準中国語が誕生し、1956年には北京方言の発音をもとにしたピンインというローマ字表記法が、標準語の普及のための教育用具として採用されました。

1958年に修正されたこのシステム(ピンイン)は、英語圏のすべての外交文書と外国語出版物に使用されることが正式に規定されました(1979年)。

中国語の歴史を以下の4つに分けて考える学者もいます。

  • 原始中国語(紀元前500年まで)
  • 古代中国語(紀元前8世紀から3世紀まで)
  • 中期中国語(AD907まで)
  • 近現代中国語(10世紀頃から現代まで)

原始中国語時代は最も古い碑文や詩が書かれた頃で、中国語の外来語の多くはこの時代以降に借用されたものです。孔子や孟子の著作は、古代中国語の始まりです。

古代中国語の音に関する現代の知識は、学者である呂不韋がAD601年に出版した古代中国語の発音辞典と、11世紀に出版された学者である司馬江の著作から得たものです。

中国語の音体系は、同じ音(同じ子音と母音)を持つ単語や音節の間の意味の違いを示すために、声調を使用することで特徴づけられています。

現代の標準中国語には4つの声調がありますが、より古風な広東語では古代中国語と同様に少なくとも6つの声調が使用されています。

中国語の単語は1音節であることが多いですが、現代中国語は古代中国語に比べ、複合語を多く使用します。中国語の複合語には接頭辞や接中辞はほとんどありませんが、接尾辞は非常に多くあります。

子音で終わる単語は、広東語のような古風な方言を除いてほとんどありません。中国語の単語は形が不変であり(つまり、屈折記号や品詞を示す記号がないということです)、その本来の意味によって許される範囲内でどの品詞としても機能します。

また、語尾の抑揚がないため語順は固定されています。そして人称や数は動詞ではなく代名詞で表現されます。

さらに、中国語には定冠詞がありません(つまり「the」を意味する単語がありません)が、現在では「one」を意味する単語や指示形容詞が冠詞として使われることがあります。

形容詞はおそらく動詞に由来するもので、比較の程度を表す屈折はなく形を変えずに副詞として使われることがあります。

言語の特性

現代中国語圏の諸言語、すなわち「中国語の方言」は、いくつかの重要な類型的特徴を共有しています。これらの言語は、「子音-半母音-母音-半母音-子音」という最大音節の構造を持っています。

また、半母音の組がない言語や、母音のジェム化(二重化)やクラスター化が見られる言語もあります。さらに声調(音程と輪郭)には、声門の特徴を伴うものと伴わないものがあり、時にストレスを伴なうものもあります。

ほとんどの場合、音調は語彙的なものです(つまり、同じような単語を区別するものです)。非音調の文法単位(接辞)は音節より小さい場合もありますが、通常は1つ以上の音節で構成され意味を持ちます。

単語は 1つの音節から構成されることもあれば、2つ以上の音節から構成されることもあり、それぞれが意味を持つことも持たないこともあります。

例えば、現代標準中国語の tian「空、天、日」は 1 音節の単語ですが、ritou「日」は単語として単独では発生しない単語要素である ri「太陽、日」と名詞接尾語 tou から構成されます。

また hudie「蝶」は 2 音節からなり、それ自体には意味がありません(これはまれなタイプの単語形成です)。尚、南方系言語は北方系言語に比べ、単音節の単語や単語要素が多いのも特徴です。

中国諸語は、一般にシナ・チベット諸語と同様に名詞と動詞を重複して区別します。名詞の種類(具象名詞、矮小名詞、抽象名詞など)を形成する名詞接尾語、時間や空間の関係を示す名詞の後に置かれる助詞、態様や様相を示す動詞の助詞があります。

形容詞は数種類の動詞のひとつとして機能します。動詞は不可逆的な順序で連続(連結)して現れることがあります(例えば、「take」と「come」という動詞が隣り合って配置されると、「bring」という概念を表すように)。

名詞は集合的な性質を持ち、分類子のみが単独で数を数え参照することができ、名詞や名詞句などの名詞と動詞の関係を示すために他動詞-目的語、動作主-受動態など特定の助詞が用いられます。

このシステムによりすべての名詞に機能を示し、動詞は変化しない能格言語という文型を形成している言語もあります。

終助詞は「質問、命令、驚き、新しい状況」を示す様々な意味(文全体または述語を定義する)を伝えます。主語-動詞-目的語や補語・修飾語-被修飾語の一般的な語順はどの言語でも同じですが、前置詞と動詞の連用はかなり異なります。

様々な言語で等しい、あるいは密接に関連した価値を持つ文法的要素は、音では関連しないことが非常に多いのです。

中国語は北方系と南方系に分類されますが、北方系言語(北京語方言)は南方系言語(呉、湘、甘、客家、越、敏)よりも互いに類似しています。

現代標準中国語(マンダリン)

現代標準中国語の発音は北京方言に基づくもので、北部標準中国語のタイプです。

約1,300種類の音節が使われており、22 種類の初期子音があり、閉鎖音 (声道内を一瞬で完全に閉鎖する)、破擦音 (閉鎖音として始まり、不完全な閉鎖で終わる)、吸引子音、鼻音、摩擦音、液体音 (l, r) および声門停止があります。

内声半母音は y (i)、ɥ (ü)、w (u)です。終止形では、鼻音、ṛ(逆音r)、半母音のyとw、そしてŋ(鼻音化+r)とwr(丸め+r)の組み合わせが出現します。

9つの母音があり、その中には3種類のi(後屈、先端、口蓋)が含まれます。いくつかの母音はクラスターとして結合します。

  1. 高レベル
  2. 高上昇クレッシェンド
  3. 声門摩擦を伴う低下ディミヌエンド(終止時は低から高への余分の上昇あり)
  4. 下降ディミヌエンド

の4音が存在しますが、非ストレス音節はニュートラルトーンであり、周囲に依存した音程を持ちます。

語彙的・構文的に一緒になっている音節の列(連音群)の音調は、連続変調と呼ばれる変化を起こすことがあります。

最も重要な変化は、別の第3音の前の第3音が第2音として発音されるようになることです。音調はいくつかの母音(特に e と o)に影響を与え、第1音や第2音よりも第3音や第4音の方がより開いて発音されます。

子音、有声、調音のすべての可能な組み合わせのうち、利用されるものは驚くほど少ないです。母音 i と ü、半母音 y と ɥ は、口蓋音(例えば k)の後には出現せず、口蓋裂音と歯擦音(例えば tś)の後にのみ出現し、他の母音や半母音とは出現しないのです。

子音、母音、半母音、声調の相互作用により、現代標準中国語は他の多くのシナの言語や方言とは異なり、世界の主要言語の中でユニークな性格を持つものとなっています。

最も広く使われている表記法は、Wade-Giles (1859年にSir Thomas Francis Wadeが提唱し、後にHerbert A. Gilesが修正)と、現在の中国の公式表記法であるPinyin zimu (「音声表記」)、または単にPinyin (1958年採用)の2つです。

Wade-Gilesでは、吸気音は'(p’, t’, など)で表記されますが、半母音は初期位置では y, yü, w、中間位置では i, ü, u、終位置では i, u (ただし a の後は o) となり、最終的な逆音rはrhと表記し、音調は音節(1, 2, 3, 4)の後に数字で表示されます。

ピンインでは、無吸収停止音と破擦音は伝統的な有声子音(b、dなど)、吸引子音は無声音(p、tなど)で表します。

半母音は、最初は y、yu、w、中央は i、ü、u、最後は i、u(a の次は o)です。最終的な逆音rはrと表記され、音調はアクセント記号で示され、1 = ¯, 2 = ´, 3 = ˇ, 4 = ˋ (例: mā, má, mǎ, mà = Wade-Giles ma1, ma2, ma3, ma4) となります。

以下、現代標準中国語の文法についてはピンインを使用します。

名詞を示す最も一般的な接尾辞は、-zi (fangzi 「家」のように) と -tou (mutou 「木」のように) です。後置名詞のセットは、空間と時間の関係を表します (-li「内」、-hou「後」)。

動詞の接辞の例としては、kanjian 「見る」、tingjian 「聞く」の -jian があります。重要な動詞の助詞は、-le(完了した動作)、-guo(過去の動作)、-zhe(進行中の動作)です。

方向性を表す動詞の助詞 -lai「話し手に向かう」、-qu「話し手から離れる」やいくつかの動詞の接尾辞は、潜在的な助詞 de「できる」、bu「できない」と組み合わせることができます(※ 例: na chulai「取り出す」na bu chulai「取り出せない」、tingjian「聞く」ting de jian「聞ける」)。

助詞のdeは従属を示し、また他の品詞を表す形に名詞的価値を与えます(例:wo「私」、wode「私の」、wo de shu「私の本」、lai「来る」、lai de ren「来る人」)。

最も重要な助詞は「新しい状況」を表す- leです(例:xiayu le「今は雨が降っている」、bu lai le「今、彼が来る可能性はもうない」)。

Ge は最も一般的な名詞の分類語です (i 「一」, yi ge ren「一人」)、 他には suo (yi suo fangzi「一軒の家」) と ben (liang ben shu「二冊の本」) があります。

形容詞は質的動詞(hao「良い」)と量的動詞(bing「病気である」)とに分けられます。

主語-述語の語順の等位文と、主語(または話題)-動詞-目的語(または補語)の語順の物語文があり、例えば、wo chifan「私は米を食べる」wo zhu zai Beijing「私は北京に住んでいる」などがあります。

前置詞の目的語は助詞のba(wo ba ta「私は彼を叩いた」、wo ba ta dale yidun「私は彼に叩きを与えた」)をとり、受身構文の主語はbei(wo bei ta dale yidun「私は彼に叩かれた」)をとります。

標準広東語

越語の最も重要で代表的なものは、広東、香港、マカオの標準広東語です。

広東語は現代標準中国語よりも初期子音が少なく (p, t, ts, k とそれに対応する吸引音 ph, th, tsh, kh; m, n, ŋ; f, s, h; l, y)および、中間の半母音が1つ (w) )、現代標準中国語よりも母音が多く、最終子音が 6つ (p, t, k, m, n,ŋ)、最終半母が 2つ (y と w)です。また、鼻音の m と n は母音を伴わない音節として出現します。

p, -t, -kで終わる音節には3つの声調(高、中、低)があり、その他のタイプの音節には6つの声調(中位、低位、高下、低下、高上、低上)があります。

2つの声調は、yin「煙」からyin「タバコ」、nöy「女」からnöy「娘」のように、単語の意味を修飾するために使われます(高声、低音から高音への上昇)。

また、特殊な文法語には高声の調子を持つものもあります。尚、中性音はなく音調の連音(修飾)はほとんどありません。

標準広東語には2,200以上の音節があり、これは現代標準中国語のほぼ2倍ですが、品詞は現代標準中国語と同じです。

文法的な単語は音声的には無関係ですが、一般に同じ意味的価値を持ちます(例えば、従属・名詞化助詞kε、現代標準中国語de;mo、「ない」は現代標準中国語bu、「動作完了」の動詞助詞と「新しい状況」の文助詞、いずれも現代標準中国語ではleだが、それぞれ標準広東語tsɔとlɔです)。

また、主語の位置(動詞の前)で名詞に先行する類別詞は定冠詞として機能します(例:tsek sün「船」)。

閩(ミン)南語

最も重要なミン語は、ミン族の南方支族のアモイ語(厦門)です。

最初の子音は標準的な広東語と同じですが、2 つの有声停止音 (b と d) と 1 つの有声破擦音 (dz) が追加され、もともとの鼻音から発達したものです。

2つの半母音(y, w)、6つの母音といくつかの母音クラスター、さらに母音として機能する音節鼻音mとŋ、標準広東語と同じ終音、さらに声門停止(ʔ)と鼻音の意味を持つ特徴、また最後の2つの特徴の組み合わせがあります。

声帯停止で終わる音節では2つ、それ以外の音節では5つのトーンが存在します。連続変調は多くの組み合わせで動作します。

福州はミン族北方支族の最も重要な言語です。非常に広範な連音が音調だけでなく子音や母音にも影響し、音節の音声的な表出はすべて周囲との相互作用に左右されます。

音節には3つの口唇音(p、ph、m)、5つの歯音(t、th、s、l、n)、3つの口蓋音(tś、tsh、ń)、5つの唇音(k、kh、h、ʔ、ŋ)が存在し、-k、-14B、ʔ(声門閉鎖音)、半母音、または母音で終わることができます。

音調は、高音、中音、高音下降、高音上昇(連音形のみ)からなる比較的高いクラスと、低音上昇、低音上昇-下降(周音部)からなるやや低いクラスに分類されます。

ある種の母音や二重母音は高階級にのみ現れ、他の母音は低階級にのみ現れ、母音 a は両方の階級に現れます。連音規則により、音調が低音級から高音級に変化することがありますが、この場合、母音も変化します。

中国語とは?その歴史とすべて

その他のシナ語系言語、方言

客家(はっか)

客家語の中でも広東省梅州市(旧名:梅県)の客家語が最もよく知られています。

標準広東語と同じ初期子音、最終子音、音節鼻音を持ち、母音は現代標準中国語に似ていますが、母音も現代標準中国語と同様で、中間母音と終止半母音は y と w です。

蘇州

蘇州の方言は通常、呉語の代表として引用されますが、初期子音が豊富で、有声・無声の終止形、口蓋化・非口蓋化された歯擦破擦音が対照的に並び、全部で26の子音が存在します。(口蓋垂音は舌を硬口蓋側に同時に動かすことで非口蓋垂音から形成されます。歯擦破擦音は、舌先が歯に触れた後少し引いて空気を通し、ヒューという音を出す音です)。

中間の半母音は現代標準中国語と同じです。また、10個の母音と4個の音節子音 (l, m, n, ↪Ll_14B) があり、-n と -l_14B は終位置で発生し、声門停止と鼻音化も同様です。

上海の方言

上海方言は呉(ご)に属します。2つのトーンまたは音域(高音と低音)のみを使用することが一般的で、これらは最初の子音の種類(無声と有声)と自動的な方法で関連しています。

湘(しょう)語

湖南省のみで話されている湘(しょう)語は、首都長沙の言葉など北京語の影響が強い新湘と、双鳳などで話されている呉語に近い古湘に分けられます。

また、5つの声調、最後の -n と -14、鼻音化もありますが、終止形はありません。

中国史の調査

初期の頃のコンタクト

古代中国語の語彙には、他のシナ・チベット語には一般に見られない単語がすでに多く含まれていました。

「蜂蜜」「獅子」、そしておそらく「馬」「犬」「雁」などの言葉は、インド・ヨーロッパ語との関連があり、貿易や初期の接触を通じて獲得されたものです(最も近いインド・ヨーロッパ語族として知られているのは、トチャリア語と中間のイラン語であるソグド語です)。

例えば、長江の名前である kruŋ は、現在でも「川」を表す単語で、広東語の kɔŋ、現代標準中国の jiang、現代のいくつかのモン・クメール語では kroŋ と kloŋ と発音されています。

「虎」、「象牙」、「弩」などの言葉もオーストロネシア語(台湾から東南アジア島嶼部、太平洋の島々、マダガスカルに広がる言語)です。中国の暦の重要な用語「枝」も、これと同じように非中国語的な起源を持っています。

中国人とタイ人に共通する文化的な言葉の多くは、タイ人からの中国語の借用語であることが指摘されています。

このように、中国人はオーストロネシア人(台湾原住民、フィリピン諸民族、マレー人、メラネシア人、ミクロネシア人、ポリネシア人等)やオーストロタイ人(タイ・カダイ語族とオーストロネシア語族を含む仮説段階の語族)を征服し、吸収・追放することで、多くの文化や概念を獲得していったのです。

紀元1世紀以降、中国とインドとの接触、特に仏教の伝来により、中国語はインド・アーリア語(インド系)から借用するようになりましたが、ごく早い時期から中国語に相当する自国語が作られるようになりました。

中国語は外来語を直接借用することに著しく抵抗がありました。このため、現代では中国語の語彙が膨大に増え、それに伴って意味のある基本的な音節が増加することはありません。

例えば、tielu「鉄路」は、フランス語のシュマン・ド・フェルと同じ概念で、tie「鉄」と lu「道」を使って表現しています。また、dianhua「電話」は、dian「雷、電気」とhua「話」の合成語です。

同様に、中国語の要素によって日本語で最初に作られ、再び中国語に借用された言葉も数多くあります。

中国が外来語の使用を避けてきた理由は、第一に音声学的なもので、外来語は中国語の発音パターンになじまないからです。また、中国語の文字が音便の借用に適していないことも要因の一つです。

「硫黄」と「ルテチウム」が liu、「窒素」と「タンタル」が dan というように、新しい概念を表す言葉を作るときに文字が先に決まってしまい、あいまいなまま話すことができない形になってしまうことがあります。

現代標準中国語の特徴は、最も自由に借用した言語が自国の過去の言語、つまり古典中国語であるということです。

近年は政治家や革命家の影響で南方系言語からの借用も見られ(蒋介石はもともと呉語系、毛沢東は湘語系)、また、英語とロシア語からの影響(語形や構文)もますます強くなっています。

前古代中国語

中国語の歴史は、前古代期(紀元前1500年頃〜紀元200年頃)、中古代期(200年頃〜1920年頃)、後古代期(唐代まで重要な前身がある)の3つの時代に分けることができます。

古代以前はさらに、殷王朝(紀元前18~12世紀)、周・秦王朝(紀元前1046~207年)、漢王朝(紀元前206年~220年)に分けられます。

神託中国語は、骨や亀の甲羅に刻まれた簡潔な神託文からしか知られていません。古代期の中国語は、前期、中期(紀元前800年頃~400年頃)、後期古代期に分類されます。

前期古代の代表的なものは、青銅器碑文、『書経』の一部、『詩経』の一部などであります。この時代から漢字の発音に関する多くの重要な特徴が復元されました。

文法はある程度、未執筆の接辞に依存していました。文字システムでは中間子音のある形とない形が分離されており、場合によっては意味のある接辞であったこともあります。

前古代期の中国語には、三人称の人称代名詞が3つの格(主格と主格gyəg、受動格tyəg、そして所有者と密接に関係する概念にのみ使われる特別な主格kywat)で存在していました。

古代期以降の中国語の書き言葉には、三人称代名詞の主格を持つものはありませんでしたが、広東語(khöy)には古い形が残り、タイ語(現代タイ語 khăw)にも見受けられます。

中古代期の古語は、儒教の書物で最も古いものの一部で使われている言語です。

前期と中期の間に起こった重要な言語的変化は、後期古語でさらに顕著になり、儒教と道教の二大書家である孟子と荘子、そしてその他の重要な哲学者たちの言語となったのです。

この頃の文法は文法助詞が明確に定義されたものが多く、また、文法接辞の使用も同様に減少していたと推測されます。

後に音調の違いとして現れる動詞の形成や動詞の屈折に使われるプロセスは、この段階では最終子音として、あるいは喉頭の発声の種類の違いなど、超分節的な特徴として現れていたかもしれません。

品詞には名詞、動詞、代名詞(それぞれいくつかの下層階級があります)、助詞が含まれていました。

名詞修飾語、動詞修飾語および、いくつかのタイプの埋め込み文(別の独立した文の一部になるように作られた文)を形成する文法的助詞の一貫したシステムの使用は漢語では曖昧になり、ポスト古代中国語が出現するまで中国語の書き言葉からは消えてしまいました。

現代標準中国語では従属助詞のdeはいくつかの後期古代語の助詞の機能を兼ね備えており、動詞助詞のleと同音異義語の文助詞のleは他の後期古代語の形式を引き継いでいます。

漢と古代中国語

漢民族はより多音節の単語を発達させ、より具体的な動詞と名詞のカテゴリーを持つ単語を開発しました。

動詞の形成や動詞の活用の痕跡はほとんど消え去りましたが、後期古代期と同時に長江流域の南方系の独立した伝統が特殊なスタイルを確立し、楚の詩(”Elegies of Chu”)に用いられ、これが洗練されたfu(散文詩)の主な源流となりました。

後漢の中国語は古代中国語へと発展し、長い間書き言葉としてほとんど変化することなく使われました。

古代中国語は人工的に作られたもので、様々なスタイルや場面で古代以前の中国語のあらゆる時代から自由かつ大量に引用されましたが、多くの場合、引用した言葉の意味や機能をよく理解しないままでした。

同時に、話し言葉は絶えず変化し文字を発音するための規則も変化しました。やがて古代中国語は声に出して読んでもほとんど意味をなさなくなりました。

古代中国語は決まった語順とリズミカルで平行な文章に大きく依存していたのですが、人類史上最も成功したコミュニケーション手段の一つであることは間違いありません。

詩人の李白(701-762)や杜甫(712-770)、散文家の韓愈(768-824)などは、この言語を媒介として史上最高の傑作を生み出し、新儒教哲学(特に朱子(1130-1200))は西洋に深く影響を与えることになりました。

また、イタリアのイエズス会宣教師マテオ・リッチ(1552-1610)が中華帝国をキリスト教に改宗させるために書いた言葉も中国語でした。

後古代中国語

後古代中国語は、現在中国北部で話されている言語に非常に近い方言に基づく、おそらく仏教説話の伝統に由来するもので、唐の時代(618-907)にはサンスクリット語の翻訳で物語が登場しました。

宋代(960-1279)には仏教徒や儒教徒がこの方言を使って極論を書き、民話をもとにした中国固有の小説にも登場するようになりました。また、元時代(1206-1368)以降、演劇にもこの方言が使われるようになりました。

現代の標準中国語は、古代期以降の書き言葉、帝国時代の話し言葉(北京語)、北京の現地語という3つの起源を持っています。

これらの熟語は元々明らかに関連性があり、実用的な国語を作るために組み合わせることは容易な作業でした。

国語という言葉は20世紀初頭に日本語から借用したもので、1915年から各種委員会で実用化のための検討が行われました。

そして、1919年の五・四運動が決定打となり、自由主義者の胡志英の呼びかけで古代中国語(文語)を標準語とすることが否定されました(1917年1月1日に発表された胡志明の文語改革綱領は、1917年の地方文芸運動も主導しています)。

新しい書き言葉は文学の分野では科学よりも早く定着しましたが、古代中国語が生きた媒体として使われる日が来たことは間違いありません。

中華人民共和国成立後、政府の規制がうまくいき、現代標準中国語を中国全土に普及させるという途方もない作業が効果的に行われるようになりました。

歴史上最大規模の言語計画であったに違いありませんが、母語が北京語、非漢字語、あるいは非漢字語であった数百万人の中国人が国語、つまり現在一般に呼ばれている普通語を話し、理解できるようになりました。

この努力により、あらゆる年齢層の多くの人々に識字が与えられることになりました。

文字について

中国語の表記法は非アルファベット式です。多音節の単語を構成するそれぞれ意味のある音節、またはそれぞれには意味のない音節を書くために特定の文字を適用するのです。

前古代文字

中国の文字は初めて登場した時点(紀元前1500年頃)ですでに、かなり発展していたはずです。

漢字の多くは元々何らかの対象を描いていたことが認識できますが、もはや認識できないものも多いです。その文字は原始的な非言語的方法で対象を示すのではなく、中国語の特定の単語を表すに過ぎません(例えば、男根の祭壇の絵は、土という単語を書くことのみに使われます)。

また、音は似ていても意味の異なる音節は別の文字で表記されるため、真の意味での音節文字とも言い難いのです。

動詞や名詞は、絵であるもの、あるいは絵であったものによって書かれ、多くの場合、いくつかの要素から構成されています(例えば、「愛する」の文字は女性と子供を描いており、「美しい」の文字は雄羊の角をつけた巨大な頭飾りをつけた男の絵です)。

言葉の正確な意味については意味合いが広すぎるか狭すぎるかのどちらかであるため、はっきりと認識できる絵からでさえ正確な意味が推測できることは少ないです。

例えば、「母と子の関係」という絵は「愛」よりも多くの側面を含んでいますが、もちろんそれは母と子の関係に限定されるものではなく、雄羊の角で飾られた男性は見ていてハンサムであるということ以外にも間違いなく他の機能を持っていましたが、「美しい」という概念は女性だけでなく他の状況の男性にも適用できるものです。

抽象的な名詞は具体的な連想によって示されます。「平和、静寂」の文字は、「屋根」、「心」、「(酒)杯」の要素をやや様式化した形で構成されています。また抽象的な記号は、数字や局所的な関係を示すために使われています。

発音が似ている言葉は通常、同じ文字で書かれました(「人を愛する、人を良しとする」という文字は、同じように書かれた「良しとする」という言葉から派生したものです)。

このため、同じ発音あるいは似た発音の単語を組み合わせて書くという、中国文字の発展における最も重要な発明がなされたのです。

大工の四角い絵は、主に「仕事、職人、働く」と書くのに使われ、kuŋ;と発音されました。次に、kuŋ-(ハイフンはおそらくsであろう要素を表します)が「贈る」、guŋが「赤」「虹」、kruŋが「川」と書くのに使われました。

古代期時代にはこの習慣が発展し、あまりに多くの単語が同じ一文字で書かれるようになりました。そこで、すでにいくつかの要素で構成されている文字を真似て、文字の意味毎に要素を追加し、単語を区別するようにしました。

「赤」は1成分で書かれなくなり、左側に「絹」という成分が加わり、「川」は「水」という成分が加わりました。このように文字の元の部分を「音素」、付加された部分を「部首」と呼びます。

中国語とは?その歴史とすべて

秦朝による標準化

秦の時代(紀元前221-207年)には、李斯(りし、政治家)によって初めて政府による文字の統一が行われました。

その後、紀元1世紀初頭に筆(ふで)が、紀元600年頃には印刷が導入され、細かい修正が加えられましたが、概ね現在に至るまで存続しています。

時代とともに、楷書、行書、草書などの文字が登場しましたが、いずれも篆書の文字としてのみ説明することができます。

尚、秦の時代の標準化では、3,000字以上の文字が構成されていました。

考古学的な発見に加えて、漢字の初期の歴史を知る上で最も重要な資料は、西暦100年頃に徐庶(じょしょ、武将・政治家)が編纂した巨大な辞書『書文解字』です。

この辞書には9,353字の漢字が収録されていますが、この数はかつて、あるいは今になって知る必要のある数を確実に超えています。特殊な時期に、特殊な用途のために多くの文字が作られたのです。

1008年の「広辞苑」には26,194字(発音は3,877音節)が収録されています。また、1716年の「康煕字典」には40,545字が収録されていますが、このうち実際に使われていたのは4分の1以下でした。

絶対に必要な文字の数はおそらく4,000〜5,000をはるかに超えることはなく、今日ではそれ以下と推定されます。

20世紀

20世紀になると、この文字があまりにも煩雑で、進歩の妨げになっているという思いが強くなってきました。

「新しい文字が欲しい」という願いは、「文法や語彙の面で、現代の話し言葉に近い書き言葉を開発したい」という願いと必然的に密接に関係していたのです。

古典語は現代語から大きく逸脱しているため、もし表音文字が導入されれば全く使えなくなります。ただし、1919年に日本語の五十音表記の「かな」にヒントを得た表音文字が考案されました。(1937年に政府の正式な支持を得ましたが、第二次世界大戦で中断されました)。

また、1929年には作家で言語学者の林佑塘や言語学者の趙源仁らが考案した「国民ローマ字」が採用されましたが、この試みも戦争と革命で中止されました。

さらに1930年、共産党は「ラテン語化」と呼ばれる対抗策を打ち出しましたが、これもうまくいきませんでした。「文字数を約1,000字に減らして言語を簡略化する」という試みは、減った記号の数で有益に書ける「基本中国語」を作るという問題を解決できなかったからです。

尚、中国政府は、中国語の文字体系の問題を解決するためにいくつかの重要なステップを踏んでいます。

最初の基本的なステップは、現代標準中国語という一つの言語を中国全土に普及させるというもので、前述したとおりです。

1956年には漢字の簡略化が行われ、覚えやすく、早く書けるようになりました。簡略化された文字のほとんどは、手書きでは使われていますが、それまで印刷では使われていなかったよく知られた非公式の異体字であり、いくつかは革新的なものでした。

1958年には先に述べた「ピンイン」と呼ばれるローマ字表記が導入されました。

このシステムは学校で広く教えられており、多くの転写の目的や、中国国内の非漢民族や外国人に現代標準中国語を教える際に使用されています。

しかしピンインによるローマ字表記は漢字に代わるものではなく、発音を教え、北京方言ベースの普通話を普及させるためのものです。

中国語原語の再構築

インド・ヨーロッパ語系のラテン語、ギリシャ語、サンスクリット語、中国チベット語系のチベット語、ビルマ語などのアルファベット体系に比べ、中国語の文字体系は中国語の古い発音を復元することの役にはほとんど立ちません。

したがって、北方諸言語の原語マンダリン、長江以南の諸言語の原語ウー(呉)など、主要言語群ごとの原語共通形式の復元を視野に入れた現代シナ語の比較が出発点でなければなりません。

まだ多くの地域に関する資料が不足しているため、かつては各グループの主要な書物を比較、なかでも南方系の言語を代表するAD601年(隋代)の重要な辞書「啓雲」の言語を復元することが標準的な方法でした。

ある地域の言語が、契丹語よりも古いその土地固有の言語と、契丹語や唐代の標準的な話し言葉である唐古語と呼ばれるやや若いが近縁の言語の子孫である、など少なくとも二つの層の混合であることも一つの難点です。

原語の関係は主要言語のほとんどとは言わないまでも、その根底にある非中国語的な基盤の違いによってさらに複雑になっているのです。

中国語圏の言語が唐(または中期中国語)層の影響をどの程度受けているかは様々です。

北方では音韻は依然として旧漢語層が優勢ですが、閩(みん、中華人民共和国の福建省、広東省東部及び西南部、海南省、浙江省南部、中華民国、シンガポール共和国、マレーシア、タイ及び各国の華僑・華人の一部の間で使用)では2つの層は互いに明確に区別され、文字の読み発音では中期中国語層が最も重要です。

さらに、越では南方タイプの2つの漢語層があり、類型的には太祖に似ています。

古代中国語層は、末子音の早期減音、音節の末尾に位置する音や上声部の特徴からの音調の遅い発達、初期型が似ていることによる最終調音型の変化(複数の声部を持つ音節では、どちらかが変化したり消失したり、後に音調変化として現れる)、音節内の音や調子が周囲の音に影響を与える(砂子)ことなどが特徴として挙げられます。

新南方諸語の新層は、最終調音型が早くから声調に変化し、初期子音の種類によって音域が広範囲に発達し、最終停止音の喪失が遅いかないのが特徴です。

旧層が新層の直接の祖先であることはありえません。北方方言と南方方言の区分はかなり古いものであるはずです。

唐層と前唐層、あるいは唐層と漢層(漢代は現在の中国のほとんどの地域で大規模な定住を特徴とした)と言った方がいいかもしれません。

ピンイン辞典

ピンイン辞典は長い間、隋の都、長安(現在の陝西省)の言語を代表するものとされてきましたが、研究の結果その主要な構成要素は現在の南京地域の言語であり、他の言語習慣との一定の妥協が試みられていることが明らかにされました。

ピンイン辞典は音節を分類する最初の基準として、ping、shang(ここではpa:のようにコロンで表記)、qu(ここではpa-のようにハイフンで表記)、ruの4つの声調、あるいは上昇、下降、入声(「確認」)の声調をとっています。

入声は、音節の末尾が停止(-p, -t, -k)しているもので、上昇音と下降音は、それぞれ声帯や喉頭の特徴という、その起源となる音声的条件付けの要因の痕跡を残していると思われます。

偶数音はおそらく、終止音や音調の輪郭を持たないものとして否定的に定義されたのでしょう。

次に、61ある韻律によって分けられ、最後に頭子音によって分けられています。それぞれの韻の内側では、反切(はんせつ)と呼ばれる連動した綴りが用いられ、韻が細分化されています。

頭子音は32個、終止形は136個でした。母音の数は定かではありませんが、おそらく6個に、中間の半母音として機能するiとuを加えたものと思われます。

この辞書にはおそらく古語中国語や現代標準中国語よりも多くの母音が含まれており、華北の音韻の発達が契丹の段階を過ぎていないことを示すもう一つの証拠でもあります。

追加情報

ピンインの元となった言語を復元するための資料は他にもあります。

ベトナム語、韓国語、日本語に含まれる中国語の借用語(日本には、ピンインよりやや古いがピンインと同じ南方系の言語である古音と、切韻と同時代だがより北方系に近い漢音があります)やインドアーリア(インド)語の漢訳が存在するのです。

有声停止音は呉、湘、呉音から復元され(例:現代標準中国語 tian(野)、呉・湘 di、呉音 den、切韻 dhien)、終止音は特に越や日本語から(例:現代標準中国語 mu(木)、越 muk、呉音 mok [moku]、ピンイン muk)、後屈初音は北方中国語から復元され、中国北部からの逆音初音(例:現代標準中国語 sheng(住む)、ピンインではṣʌŋ(ṣ は逆音)が含まれます。

前古代中国語は、文字の発音について最も多くの情報が得られている古いものです。また、「詩経(しきょう、中国最古の詩集)」の韻文や叙唱はその詳細をよく表しています。

接頭辞や接尾辞が正確に復元されているとは限らず、復元可能な特徴が音節の中でどのような順序で発音されたか(rk-かkr-、-wkか-kwなど)は必ずしも確実ではありませんが、古漢語の類型を決定しチベット・ビルマ語やカレン語との比較作業を行うには十分な詳細情報を得ることが可能です。

中国語の復元には主に内的復元つまり、ある言語内の語形の変化を利用して古い形を構築する方法が用いられてきました。

しかし現代の言語や方言の旧層に関する知識が増えるにつれ、複数の関連言語の類似性に着目する比較法が重要となってきます。

さらに内部構造を再構築することで、古代中国語よりも古い原始中国語段階の特徴を復元することができます。

中国語とは?その歴史とすべて

まとめ

以上、「中国語とは?その歴史とすべて」でしたがいかがでしたでしょうか。

起源や特徴、歴史的背景からそのバリエーションまで、中国語についてかなり詳しく知ることのできる重厚な内容で、その語源や変化などの説明には驚くべき事実も含まれていたのではないでしょうか?

高度な日本語読解力と高品質な中国語翻訳をご提供可能な優れたパートナーを大連(中国)に持つ当社に於いて、中国語は英語に次ぐ取扱高を占めるメジャー言語です。

中国語には大きく分けて

  • 中国本土で使用される「簡体字(かんたいじ)」
  • 香港、台湾で使用される「繁体字(はんたいじ)

があることはご存知の方も多いと思いますが、書き言葉であるそれら以外にも、方言と呼ばれる口語を含めるとその数はとても多く、北部と南部など地域が異なると同じ中国人でもまったく言葉が通じないというのもうなずけます。

また、中国語はアジア諸語に大きく影響を与えたのみならず、近隣諸国の言語に影響を受け、逆輸入されるようなかたちで現代の中国語が形成されているという点も興味深いところです。

「どこで使われる中国語も同じ」という認識は(少なくともアジア人の場合)ほとんどないと思いますが、今一度中国語に対する一元的な見方を改め、世界で多くの人が使用するメジャー言語のひとつとして、「地域別に最適な中国語とは?」を念頭に対応する必要があるということでしょう。

当社では相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、プレゼン資料、チラシ、パンフレット、取扱説明書やゲーム、アプリなど、ビジネスで必要なドキュメント、テキストの翻訳を、英語、中国語を中心に世界120か国語で行ないます。

中国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。