ビジネスにおける翻訳の重要性

翻訳外注ノウハウ

海外市場への参入を目指す企業にはいくつかのハードルがあります。その中で最も見過ごされているのが「コミュニケーション」です。

テクノロジーはますます高度化し、言語翻訳の必要性はますます高まっています。

以前は国際貿易協定をほとんど結んでいなかった国々も、今ではよりグローバルな市場にアクセスできるようになり、企業が繁栄するためにはあらゆる人々とコミュニケーションをとる必要があります。

その結果、企業は海外市場と明確にコミュニケーションをとるために、ますます翻訳サービスを利用するようになってきています。

翻訳はビジネスのあらゆる分野に影響を与えるものであり、それがどのように、そしてなぜ重要なのかを理解することが重要です。

※本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

ビジネス翻訳とは何か、なぜそれが重要なのか?

ビジネス翻訳の主な機能は、企業や組織が作成した公式および非公式なコンテンツを伝達することです。

翻訳が必要とされる最も重要なコンテンツは、マーケティングやブランド認知であることが多いですが、ビジネス翻訳にはより広い範囲が含まれます。

電子メール、メモ、研修資料など、オフィス間の文書も含まれることがあります。

ここでは、ビジネス翻訳の重要性を示すために、異文化コミュニケーションによって影響を受ける事業や業界の側面をいくつか紹介します。

コーポレートコミュニケーション

コーポレートコミュニケーションとは、企業が発信・受信するあらゆるコミュニケーションの総称です。

企業が潜在顧客や従業員とコミュニケーションをとる際に、一貫性と権威のあるメッセージを伝えることを目的としています。

もし、翻訳が誤解を招くようなものであれば、部門間の混乱や、クライアントや消費者に対するブランド外のメッセージにつながることになります。

翻訳を専門とする翻訳会社のビジネス翻訳サービスを利用すれば、部門間の誤解を解消することができ、適切な翻訳を行うことで、誤訳(誤った翻訳、低品質な翻訳)が原因で企業活動が停滞することはありません。

また、多くの企業がブランディングやスタイルガイド(統一した言葉遣いを規定する手引き)を採用し、すべてのマーケティングチャネルで明確かつ、一貫したメッセージを発信しています。

世界各地に支店を開設する場合、スタイルガイドを使用することで、言語間で一貫したトーンを保つことが保証されます。

マーケティング

マーケティングにおいて、翻訳は単純な一字一句の置き換えをはるかに超えるものです。

翻訳者はターゲット層の文化や慣用句を理解し、正しいメッセージを伝えなければなりません。

多くの企業がビジネス翻訳サービスの利用を見合わせた結果、深刻な事態を招いています。

例えば、三菱がパジェロ 4WD という新しい車種を発売しましたが、スペインでは「パジェロ」は口語的に不快な言葉なため、三菱はこのSUVの名前を「モンテロ」に変更しました。

eラーニングとトレーニング

現代社会ではデジタルコミュニケーションと遠隔教育に依存することが増えつつあり、eラーニングやトレーニングにおける正確な翻訳の必要性はかつてないほど高まっています。

より多くの企業がマルチメディアチャネルを利用してトレーニングや教育プログラムを普及させるにつれ、翻訳中に情報が失われ易くなります。

(翻訳を専門とする翻訳会社の)ビジネス文書の翻訳サービスを利用することで、トレーニング教材が十分に吟味されたものであることを維持することができます。

翻訳者がお客様のメッセージを正確に伝えることで、多言語の受講者が教材の利点を享受できるようになります。

法律&外交政策

法律や外交に関する文書は、説明責任やコンプライアンスに関わることが多いため、明確で理解しやすいものであることが必要です。

契約書、特許、政府文書などは、不測の事態を避けるため正確な翻訳が必要です。

外国人に対する裁判の通訳に有資格の翻訳者が必要なように、文書にもビジネス翻訳者による真正な翻訳の確保が必要です。

メディカル&サイエンス

科学用語を使用する企業や組織では、その分野の専門用語に精通したプロの翻訳者が必要です。

科学的手法が一貫した結果をもたらすために定理を必要とするのと同様に、ビジネス翻訳にも同じことが言えます。

読者にさまざまな解釈を与えてしまうようなものを避け、翻訳は文書の核となる要素を正しく伝える必要があるのです。

誤解は、悲劇と勝利の分かれ目となるのです。

ビジネス翻訳の重要性

ビジネス翻訳を向上させるためのヒント

ビジネス翻訳を一流のものにするために、コンテンツを翻訳する際に考えるべきことをいくつか紹介します。

細部へのこだわり

たった一つの単語やフレーズの誤訳が、メッセージ全体を変えてしまうことがあります。

数百万ドル規模のプロジェクトであれば、小数点の位置や単語の翻訳ミスが交渉の行方を大きく左右することになるのです。

分野と専門性

翻訳者を探す場合、またはLSP(Language Service Provider、翻訳者)と仕事をする場合、その分野での経験がある翻訳者を探しましょう。

翻訳を成功させるためには、翻訳者が複雑な概念や業界の専門用語を把握していることが必要です。

例えば、証券取引所を扱う企業では、プット、コール、ショート、ロング、ストップロス、スワップなどの用語に精通した業務翻訳者が必要になります。

また、これらの用語をいつ使うか、取引にどのような影響を与えるかも知っている必要があります。

文化認識

ビジネス翻訳は、メッセージを伝えるだけでなく、マーケティングのさまざまな側面に影響を及ぼします。

ビジネス翻訳サービスを導入する際には、ターゲット層の文化との関わりを考慮する必要があります。

文化の違いによる意見表明の仕方、異文化間のタブーの受け入れ方、さらには支払い方法の違いなどが、海外市場における企業の成功に影響を与える可能性があります。

まとめ

以上、「ビジネスにおける翻訳の重要性」でしたがいかがでしたでしょうか。

日本企業の「翻訳の重要性」に対する認識は、残念ながらあまり高いものではありませんが、おそらくそれは「外国語アレルギー」や「海外アレルギー」よりも、翻訳の精度(品質)を評価できない、またはその術を持っていないことが大きな原因と思われます。

  • 翻訳はどこの、誰が、どのような方法で行なっても同じ(品質が保証される)
  • そうであれば翻訳料金は安いに越したことはない

といった誤った認識が一般的ですが、家具に例えると「高額品を扱う店舗と低額品を扱う店舗では、家具の質や耐久年数が明らかに違う」ことを想像すれば簡単におわかりいただけると思います。高級車と大衆車の違いなども良い例です。

よって、

  • 翻訳はどこの、誰が、どのような方法で行なっても同じではない
  • 自社(自分)が翻訳に求めるものは何か?(品質か?コストか?成果か?それ以外か?)

といった正しい認識を持ち、「翻訳する目的」をきちんと考えた上で翻訳を行なうようにしていただきたいと思います。

当社では翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの翻訳を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン