【多言語】コンテンツマーケティング戦略構築の5ステップ

翻訳外注ノウハウ

“インターナショナル・コンシューマリズム(国際的な消費社会)”は世界を一変しました。

今日、ビジネスの大小を問わず、グローバルマーケティングキャンペーンによってこれまで以上に迅速かつ、容易に御社の製品やサービスといったブランドを届ける範囲を拡大することができます。

世界中のユーザーを巻き込むために、グローバルマーケティングキャンペーンでは「言語戦略」を重要な要素として考慮する必要があります。

多言語コンテンツマーケティング戦略の成功とは、現地のオーディエンスとつながり、組織のブランドに対する信頼を築き上げることです。

そしてその唯一の実現方法は、コンテンツをカスタマイズし、現地のオーディエンス個々人に最適化された顧客体験(組織と顧客が接点を持つ期間中の一連の交流の結果、顧客が得る認識)を提供することなのです。

※本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

多言語コンテンツマーケティングとは?

多言語コンテンツマーケティングは、異なる言語を話すグローバルなエンドユーザーや消費者を惹きつけ、引き込むための戦略です。

最近の調査では、「インターネットユーザーの65%が母国語のコンテンツを好む」ことが判明しました。したがってコンテンツを翻訳しない企業は、グローバル市場に於ける巨大なニーズの塊(かたまり)を失っていることになります。

そしてそれはウェブサイトだけのことではありません。多言語コンテンツマーケティング戦略にはブログやソーシャルメディアの投稿からニュースレターや電子書籍に至るまで、あらゆる種類のコンテンツを取り入れる必要があります。

しかし、本当に世界のエンドユーザーとつながりたいのであれば、「コンテンツは彼らのためだけに作られたようなもの」でなければなりません。

しかし残念ながら、その実現は簡単ではありません。なぜなら、多言語コンテンツマーケティング戦略とは、ある言語から別の言語へ言葉を翻訳する以上のものだからです。

翻訳によってターゲット言語へのメッセージは理解できるようになりますが、個々のユーザー向けにメッセージを最適化することはできません。

最高の多言語コンテンツ戦略は、コンテンツをローカライズすることで適応させることを目的としています。

ローカライズとは、翻訳をさらに一歩進め、エンドユーザーの文化、習慣、トレンドニュース、伝統、規範をマーケティング戦略に取り入れることなのです。

また、ターゲットとするユーザーの地域的な方言や言語表現も考慮することなのです。

多言語コンテンツマーケティング戦略のメリット

思慮深くローカライズされたマーケティングコンテンツとは、ターゲットオーディエンスの国や地域の文化によって異なる言語や単位、表記を考慮し、彼らにとって適切で親しみやすいコンテンツのことです。

多言語コンテンツの最も重要なメリットのひとつは、信頼です。

ターゲットと同じ言語で話すことができれば、あなたのブランドとのつながりを感じてもらえる可能性が高くなり、当然ですがあなたの国の言語のままのコンテンツよりも競争優位に立つことができます。

例えばモバイルアプリの制作会社がグローバル市場に参入する場合で考えてみましょう。

モバイルユーザビリティテストをしたところ、国によって「ショッピングカート」や「口座振込」などの表現が異なるため一部のボタンが意味をなさないことが判明しましたが、言うまでもなく対象国向けにアプリを改善、ターゲットオーディエンスに適したものにしなければ、その国のユーザーは使ってくれません。

また、十分に現地のことを考慮してローカライズされたコンテンツによる顧客体験は、一度見た人を長期的な顧客に変える可能性が高くなります。

顧客体験をターゲット個々の市場に関連させれば、世界中の視聴者とのつながりを増やすことができるのです。

例えばNetflixは、個々人向けに高度に最適化されたコンテンツマーケティング戦略を使って字幕や吹き替えを提供するだけでなく、加入者の国によって最適化された番組提案をしています。例えば同じ人が視聴したとしても、フランスとアルゼンチンでは異なる提案がなされるのです。

優れた多言語コンテンツマーケティングのための5つのヒント

単にコンテンツを翻訳するだけでなく、ターゲットとつながるために効果的なローカライズ戦略を構築したい場合は、次の5つのヒントを検討してください。

コア・メッセージを理解し、支持する

マーケティング・コンテンツはターゲットに適したものにする必要がありますが、同時にコア(核となる)・メッセージとブランド価値を維持する必要があります。

そのためにはグローバル市場向けに翻訳・適合させる前に、コアメッセージをチーム全体で完全に理解し、支持する必要があります。母国市場でうまくいかないものはグローバルでも失敗するのです。

例えば小売業の在庫管理用ソフトウェアを製造している会社が、グローバル展開する場合を考えてみましょう。

その場合、現地の物流ニーズに合わせて機能の一部を変更することはあっても、価値と使いやすさを第一に考えるべきであることに変わりはありません。

また、コンテンツを適合させる前に、適合前のもの(原版、原案が)すでに高い品質である必要があります。適合させる前に編集と校正を十分に行い、海外市場向けに翻訳し易くしてください。

明瞭さに欠ける、あるいは誤った情報を多言語にしてしまったあとに修正するとなると、コストがかかります。

ブランド価値を維持した質の高いコンテンツを作成するために、各市場に必要なトーン(文調)と品質を維持するスタイルガイド(統一した言葉遣いを規定する手引き)を作成することも検討すべきです。

標準的な用語集(用語の定義を集めたもの、特定の主題に関する語彙を音順などに排列したリスト)は、製品やサービスが複雑な言語を使用する場合に特に役立ちます。

たとえば(コンピュータプログラミングにおける)コードを開発する企業は、CI/CDパイプライン(継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) パイプライン、ソフトウェア配信プロセスにおけるステップの自動化を支援)のセキュリティに関するブログ記事で、翻訳時に誤解されないような標準的な用語や定義を使用できるようにするとよいでしょう。

また、用語集やスタイルガイドは、今後のプロジェクトのスピードアップや翻訳の一貫性にも役立ちます。

専門家を活用する

市場調査を行ない、ターゲットとして選んだ市場を知ることは重要です。

マーケティング戦略を調整するためには、母国語だけでなく文化、習慣、表現、トレンドニュース、消費者習慣を知る必要があります。

そのために必要なのは母国語の翻訳者だけではありません。あなたが開拓したい市場に精通した人材が必要なのです。

正しいメッセージは、そういった専門家のチームによって作成されて初めて伝わります。

また、文化的なニュアンスを考慮したマーケティング戦略(適切な画像、アイコン、日付のフォーマットの使用など)を立てる際にも、専門家が役に立ちます。

例えば、配色は世界各地で異なる関連性を持っていることがありますが、マルチテナント型(同一のシステムやサービスを、無関係な複数のユーザー(企業や個人)で共有するモデル)ソフトウェア製品を、ある文化圏では死を連想させるような配色やフォントでブランディングするのは好ましくありません。

また、インフルエンサーの流行り廃りも知っておく必要がありますが、そのためには人気のあるテレビ番組や場所、時事問題など、市場の文化に関する深い知識が必要となるものの、あなたの戦略を現地の消費者にアピールするのに役立ちます。

ブラジルでオーストラリアのテレビ俳優を起用しても、ターゲットが彼らを認識できなければ意味がないのです。

多言語コンテンツマーケティング戦略構築の5ステップ

シンプルであること

コストを最小限に抑えるには、ローカライズすることが容易なコンテンツを作成することが不可欠です。

それは時間の節約になるだけでなく、問題ある言語やあいまいな言語の翻訳を回避し、プロジェクトをスケジュール通りに進めることにもつながります。

とにかくコンテンツは明確で簡潔なものにしましょう。

慣用句、ローカルジョーク、句動詞、過度に複雑な言葉など、翻訳に適さず、コンテンツの品質やブランドを損なう可能性のあるものは削除しましょう。

それらが必要な場合は明確で簡潔なガイドライン(使用基準)を提示し、伝えたいことを言語担当者(翻訳者)が正確に理解できるようにしましょう。

適切なチャネルを利用する

例えば、中国でeラーニング製品の販売を拡大したいと考え、Facebookのマーケティングキャンペーンに関するオンラインクラスに登録して学習した上で、ブランドのプロモーションを開始したとします。

そしてあなたは、市場が自社の製品にほとんど関心がないことにすぐに気づきますが時すでに遅しです。

もしあなたが調査をしていたら、Facebookが中国におけるトップのソーシャルメディアではないことくらいわかったでしょうし、あなたの時間を他のことに費やすことができたはずです。

ターゲットとするユーザーが各市場でどのようなプラットフォームやデジタルチャネルを使用し、どのようなものを好んでいるかを事前に把握する必要があるということです。

そうして初めて、潜在顧客にリーチするための、効果的でグローバルなカスタマージャーニー(顧客が製品・サービスの購入に至るまでのプロセス)を構築することができるのです。

また、世界中で使われている検索エンジンはGoogleだけではありません。各市場で好まれる検索エンジンを見つけ、それに合わせて検索エンジン最適化(SEO)戦略を適応させる必要もあります。

キーワードは言語によって、また同じ言語内でも変わることがあります。例えば、イギリス英語とアメリカ英語では多くの単語が異なる綴りで表記されます。

完璧な戦略とコンテンツを作成するために多くのリソースを費やしたとしても、「複数の市場で同一のキーワードスペルを使用した」という理由だけで検索から消えてしまうようでは困ります。

最後に、すべてのプロモーションが現地の法律とプラットフォームのガイドラインに準拠していることを確認する必要があります。

Webex(Web会議およびビデオ会議アプリケーションを開発および販売するアメリカの企業)が唯一のプロバイダである国で、Webex の競合他社のビデオ会議ソフトウェアに無料でアクセスできるようにすることは、潜在顧客を遠ざけるだけなので間違えないようにしなければなりません。

適切なツールの使用

多言語コンテンツマーケティングチームの運営は複雑で、組織化が必要です。

翻訳者、マーケットスペシャリスト、コンテンツライター、SEOエキスパート、校正者など、世界各地やさまざまなタイムゾーンで活動するチームを調整する必要があるのです。

コンテンツマネジメントシステム(CMS)は、チームを統合し、社内のコミュニケーションを迅速かつ容易にし、翻訳のための主要な統合機能に素早くアクセスできるようにするのに役立ちます。

また、共有データベースを作成し、各市場に合わせたコンテンツの旧バージョンや翻訳を保存したり、将来のマーケティング戦略のために参照したりすることもできます。

CMSを利用することでコミュニケーションプランのテンプレートにアクセスできるようになり、チーム全体で効果的な情報共有ができるようになります。

戦略が成長し、より多くのチームメンバーが必要になっても、CMSを使えばひとつのプラットフォームで、個々のニーズに合わせた戦略を把握することができるのです。

ローカライゼーションが鍵であることを忘れない

多言語コンテンツマーケティング戦略を構築するのは大変な作業です。

あなたの製品、サービスと世界の消費者、エンドユーザーを結び付けるローカライズされたコンテンツを使って、多言語向けにカスタマイズされたパッケージを準備するには、幅広い調査と専門的な知識が必要です。

視聴者との信頼関係を築き、視聴者にふさわしい体験を提供したいのであれば、ローカライゼーション(現地最適化)とパーソナライズ(個々人に最適化)されたグローバルな視点による顧客体験が必須なのです。

まとめ

以上、「【多言語】コンテンツマーケティング戦略構築の5ステップ」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン