【中小企業】における翻訳の重要性

翻訳外注ノウハウ

資本と資源に限りがある多くの中小企業経営者は、経費と収益に細心の注意を払っています。できるだけ経費をかけず、1円を大切にしながら自分たちのビジネスを知ってもらう方法を探そうとします。

一方、現代ではたとえどんな小さなビジネスであっても、多民族に対応する必要があります。なぜなら、ほとんどの地域には多様なコミュニティーがあるのでビジネスにおける国や場所などはもはや関係なく、ビジネス環境においても会社の規模は通用せず、サービスを利用する消費者はさまざまな言語を話すからです。

世界中の消費者があなたの製品、サービスの対象となる可能性があることを経営者が受け入れれば、資料や消費者情報、特に自分のビジネスのホームぺージを多言語に翻訳することに大きな価値があることがわかるはずです。

中小企業にとって翻訳は大きな出費であり、貴重な予算の無駄遣いだと考える経営者もいるかもしれません。しかし、製品やサービスをさまざまな言語で販売することで、中小企業にとって多くのメリットがあります。

翻訳はビジネスの成長に役立ちます。多言語で情報提供すれば、英語を話さない顧客もその店を贔屓にし、商品を買ってくれるようになります。

つまり、小規模なビジネスでも、規模や経営資源の大きな他のビジネスと競争することができるということであり、翻訳の重要性がそれだけ増したということです。

※本コラムはDay Translations社のコラムを元にお届けしています

輸出業者や中小企業のための翻訳

今日、たとえグローバル市場で競争する準備ができていなくても、ほとんどの企業は多言語の顧客にリーチするチャンスを持っています。

言うまでもなくこれは、インターネットの普及により多くの国の人々が世界のどこからでも情報にアクセスできるようになったことが大きな要因です。

そのためまだグローバル展開を考えていない企業でも、海外の消費者が求める商品を扱っていて、海外に商品を発送することができれば、問い合わせが来るかもしれません。

そして製品を輸出できる企業は、たとえ規模が小さくても良い商品を扱ってさえいれば、ウェブサイトや製品情報を多言語化することで、より早く潜在的なバイヤーにリーチすることができます。

ただし、ターゲットとしてすでに特定の国が頭にあるのであれば、その国に合わせて製品情報、製品説明、会社概要、規約や方針、ビジネス文書、製品文書などをターゲット国の言語に翻訳する必要があります。

翻訳は、輸出業者と輸入業者の間のコミュニケーションを迅速化し、より良いものにしますが、場合によっては対面での打ち合わせなどで通訳が必要となることもあります。

今日、翻訳は企業の輸出戦略の一部であるべきであり、企業規模は関係ありません。重要なのは会社を正しい方向に導くことであり、そのためにも翻訳を利用して言語の壁を一気に乗り越えることです。

言語の壁を越える

ビジネス言語として英語がまだメジャーであることは間違いありませんが、より大きなビジネスのステージでは、もっと先の未来のことまで考えねばなりません。

新興国市場には開拓の価値が十分にあり、現地で主流のビジネス・コミュニティに参入するのは難しいかもしれませんが、経営者にやる気があれば特定の製品の輸入を求めている他の市場を見つけることもできるでしょう。

そのようにして新たに見つけたな市場には浸透し易く、発展もし易いものなので、小さな市場でまずは成功を収め、ビジネスが成長するにつれ、その経験を元に大きな市場に参入することも容易になります。

自社の資料やビジネス・製品情報を対象国の言語に翻訳することを含め、海外市場に参入するにはどのようなことが求められているかはすでにご存知かと思います。

今日のグローバルビジネスでは、ホームぺージやビジネス・製品情報の翻訳だけでなく、多言語に対応するスタッフの雇用など、言語の壁を越えることを考えることが重要です。

例えばイギリスでは「英語ができれば十分」という考えから外国語を話すことができない人がまだたくさんいますが、そのような外国語能力や外国語の必要性への理解欠如は、彼ら自身を孤立化させるに至っています。

このことは彼らの国際的な貿易関係にも大きな影響を及ぼしています。多くの国が英語を話すとはいえ、企業経営者や消費者は自国語でビジネスを行うことを好むものです。

やはり外国に於いてはそこの国の消費者が使う言語で、時間と労力をかけて情報を提供してくれる企業により大きな信頼を寄せるものなのです。

商品の販売や商談の際には、相手が英語を好まない限り相手の国の言語を使用するのが国際的なビジネスマナーです。

頑なに英語だけを使うイギリスが、そのことによって年間輸出収入で何十億ドルも失っていることについては多くの報告書や分析が発表されていることであり、やはり翻訳の重要性を軽視してはならないのです。

自国内市場での競争力も高める

翻訳は、国際市場に対応するためだけのものではありません。

自国内における競合他社との競争は熾烈を極めていると思いますが、自国内にも英語を話せない移民はまだたくさんいるのではないでしょうか。彼らの多くは、自分たちの言語で会話できる店やその他のビジネスを求めているのです。

Statista(市場および消費者データを専門とするドイツの会社)によると、米国で最も多い民族は白人で、ヒスパニック系がそれに続きます。

その他の人種としては、アフリカ系アメリカ人、アジア系、ミックスの人々、アメリカンインディアン、アラスカ先住民、ネイティブハワイアン、その他の太平洋諸島の人々がいます。

中小企業のオーナーは、すべての人がコミュニケーションに十分な英語を話せるわけではないこと、また、英語を少し知っていても、母国とのつながりを保つために母国語で話すことを好む人がいることを認識する必要があります。

翻訳は、国内市場においてもあなたの会社の競争力を高め、新しい顧客層を開拓し、顧客の御社への忠誠心や愛着を向上させることができるのです。

新たな収入源を開拓する

前述したように、ホームぺージの開設は海外バイヤーからのアクセスにつながります。自国内の顧客に加え、他の文化圏の人々があなたのホームぺージにアクセスしてくるということです。

翻訳することで、それらの人たちにもあなたの会社や製品、サービスに関する情報を理解してもらうことができます。そして彼らに製品が広く受け入れられれば、収益は飛躍的に向上します。

ウェブサイトを通じたオンラインでビジネスを行なう場合、自国語以外の言語で製品情報を利用できるようにするためにも翻訳、特にローカライズの助けが必要となりますが、競合他社がまだ着手できていないなら、いち早くローカライズを行なうことにより、競合他社に対する優位性を獲得することができます。

ローカライゼーションは、情報を翻訳する上での、より複雑な方法です。

ローカライゼーションとは、あなたのホームぺージや他のすべての関連情報を、他の言語に翻訳する意味し、これには色や画像、日付/時間/通貨/アドレスのフォーマットなど、対象国の文化にあなたのホームぺージを適合させることが含まれるからです。

より良いコミュニケーションと費用対効果

カスタマーサポートは、国内でも海外でもビジネスにとって重要な機能ですが、中小企業には大きな出費となることもあります。

しかしホームぺージをローカライズすることで、海外の消費者それぞれが母国語とする言語ですべての情報を入手できるため、カスタマーサポートの向上に役立ちます。

また、ローカライズは「外国人が理解しやすい情報」を提供することにつながります。

中小企業における翻訳の重要性

ターゲット市場への浸透を加速する

オンラインで買い物をする外国人消費者の多くは、自分の母国語と同じ言語を使う企業から買い物をすることを好みますが、これも中小企業が翻訳サービスを利用すべき大きな理由のひとつです。

ホームぺージをローカライズすると現地企業のような見た目、印象に近付けることができますが、外国人消費者は「自分が完全に理解できる言語で利用できるオンラインショップ」から購入する傾向にあるため、それが安心と購入につながるのです。

ローカライズされたホームぺージは、必要な営業のほとんどをあなたに代わって行うので、あなたは広告やマーケティングに多くを費やす必要はありません。

外国人消費者の言語で書かれた内容は正確に現地に伝わり、あなたの製品やサービスは効果的にターゲット市場に浸透することができるでしょう。

また、それはグローバルビジネスに掛かる費用を最小限に抑えるだけでなく、ターゲット市場への浸透時間の短縮にもつながるのです。

ミスコミュニケーションを最小化する

プロ意識の高い翻訳会社を利用すれば、ミスコミュニケーションを最小限に抑え、排除することができます。

ホームぺージは現地の言語で制作し、翻訳会社やウェブ制作会社は対象国の規制に従わねばなりませんが、プロ意識の高いパートナーに依頼すれば、製品情報、マーケティング資料、製品使用契約書、契約書などはすべて対象国の言語で正確に翻訳されるため、御社責任の軽減につながります。

外国語で書かれた情報は、それを読む対象国の人がそれに従うことが法的に義務付けられるため、著作権侵害のリスクも低くなるのです。

中小企業経営者は何をすべきか?

世界中にあなたのビジネスを伝えるための重要なツールのひとつ、それが翻訳です。

翻訳を中小企業のマーケティング戦略の一部とするには、まずはじめに経営者自身が発想を転換する必要があります。翻訳を「追加費用」として捉えるのではなく、「会社の成長のための投資」と考えるということです。

翻訳を追加費用と考えていると、新規顧客の獲得や開拓に果たす翻訳の重要性を認識している競合他社と競うことはできないでしょう。また、世界のすべての消費者が英語を話せるわけではないことを、経営者は理解しておくべきです。

次のステップは、ホームぺージや必要な文書すべてを翻訳するための、適切な翻訳会社を見つけることです。翻訳会社の資格はもちろんのこと、扱っている言語も確認する必要があります。

一緒に仕事をするのが心地よい翻訳会社、そして自社を成長させるパートナーになってくれる翻訳会社を見付けましょう。

まとめ

以上、「【中小企業】における翻訳の重要性」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン