【グローバル戦略】としての翻訳への投資

翻訳外注ノウハウ

グローバル企業がビジネス戦略を立てる際は、ターゲットとする多言語・多文化な消費者のことを考えた、翻訳サービスへの投資も視野に入れる必要があります。

ビジネスが大きくなるとそのプロセスはより複雑になります。

経営者はより多くの、より多様な労働力を管理することになり、その数はどれほどの規模でオフショア・オペレーションを行ないたいかに依存するため、やるべきことも多くなります。

また、従業員だけでなく、異なる部門、言語、時間帯で企業を管理しなければなりません。

多国籍企業はさまざまな場所で事業を展開していますが、そのシステムは相互依存関係にあり、適切な理解が求められます。

※本コラムはDay Translations社のコラムを元にお届けしています

グローバル展開するとき

グローバル化とは、経営者が「不確実性は高いが刺激的な環境」に身を置くことであり、その中で「巧みに舵取りをする」ことが求められることです。

刻々と変化する世界に積極的に対応し、自信を持ってマーケットの需要に応えることができるようにならなければなりません。

特にグローバルサプライチェーン組織のマネジメントにおいては、トップダウンのガバナンスがその成功に必要です。それにより曖昧さ、リスクの排除、効果的な運用の難しさ、コントロールの喪失などの余地がなくなるからです。

より良いビジネス戦略としての翻訳への投資

翻訳サービスが国際的なビジネスの成長を後押しする大きな役割を担っていることは、今日のビジネス環境において否定できません。

大手企業は海外市場との取引において、翻訳への投資が自社のビジネスの将来につながることを認識しています。多くの先進的な企業の経営者は、グローバルビジネス戦略の一環として翻訳会社と長期的な関係を築いているのです。

まず最初にすべきは、翻訳への投資を仕組み化する前に自社のビジネス戦略を定義することです。国際市場における具体的な機能、業務、販売、マーケティングの目標を定義する必要があるということです。

次に、その目標を達成するために、翻訳が果たすべき具体的な役割を定義する必要があります。

まず、自社のマーケティング資料やウェブサイトのコンテンツから翻訳を始めるのがベストです。コンテンツ戦略を立てるには、ターゲット層とその行動や嗜好を見極めるために幅広くリサーチする必要があります。

消費者が頻繁にアクセスするのはどの部分かを判断し、翻訳すべき部分の優先順位をすぐに決めると良いでしょうか。翻訳には時間がかかるので、コンテンツの一部は後で翻訳しても良いでしょう。

また、翻訳後もその結果や状況を把握することが大切なため、ウェブサイトの各ページの効果をモニタリングする必要があります。

ターゲットユーザーの行動を追跡して、サービス、製品、ランディングページなどのコンテンツの種類と言語の効果を判断し、何が有効で、何を調整または、微調整すべきかをピンポイントで把握できるようにしなければなりません。

サプライヤーとの戦略的な関係の構築

今日、多くの企業がサプライヤーと戦略的なパートナーシップを結んでいます。2008年の金融危機以降、多くの経営者が自社のビジネスプロセスを見直し、調達方法を改善しなければならないという結論に至りました。

長い間、調達は多くの企業にとってオプショナルな業務にすぎませんでした。そのせいで調達部門は、資材の調達や海外のサプライヤーとの協働について、最低限の管理しかできていません。

しかし今日、多くの経営者は、サプライチェーンを最適化して最良の結果を出すためには、調達方法の簡素化が重要であることを認識し、言語サービスプロバイダー(LSP=翻訳会社)との長期的かつ、より重点的な関係構築を検討しています。

海外のパートナーやサプライヤーと取引をする際にも、信頼できる翻訳サービスパートナーがいれば、コミュニケーションの障壁を乗り越えることができると彼らは確信しているのです。

海外で自社の特長をPRする

どんなビジネスにも、自分たちが何者であるかという、明らかにすべき”声”があります。それはつまり自社の名前を他のマーケットに知らしめるための”声”です。

ターゲットとなる国や消費者に、自社について理解してもらうことは非常に難しく、グローバルに自社が何者であるかを明確にするためには第三者のサポートが必要です。

さらに、組織がより複雑になり、労働力の多様性が増している現在、翻訳に対して消極的であることはもはや賢明ではありません。

異なる部門間で一貫した翻訳を行なうことが必要とされているのです。翻訳会社と長期的に協力することで、すべての資料のトーン、スタイル、意味が、個々のターゲット消費者への最適化につながるのです。

多国籍企業との業務経験が豊富な翻訳会社を選ぶと、国際市場における企業ブランド遵守方法に関するガイダンスを受けることができることもメリットです。

企業は、国際的な規制や法律、特定のターゲット市場で必要とされることについての知見はあるかもしれませんが、その知見を翻訳することはその組織がやるべきことではありません。

翻訳会社の役割は、それら企業が持つ知見を特定の消費者に合うようにさまざまな言語に翻訳し、企業とブランドをグローバル規模で遵守するための方法を構築することです。

真の国際化を実現するために

ビジネスをグローバル展開するということは、グローバルに物事を考えなければならないということです。

より多様な顧客にサービスを提供し、新しいビジネス環境における文化的・法的なニュアンスをすべて考慮しなければなりません。つまり、より巧みに組織を運営し、より高い技術レベルを持つ専門会社を活用しなければならないのです。

翻訳パートナーの専門知識を利用することで相互に利益を得ることができ、また、翻訳会社と長期的な関係は真の信頼関係、信用、信用の構築につながります。

今日のビジネスにおいて、翻訳サービスの存在は絶対に欠かせません。それは投資であり資産であると同時に、救済者でもあるのです。

翻訳は、組織がさまざまなターゲット消費者の注目を集め、成功し、その状態を維持することを可能にするのです。

グローバル戦略としての翻訳への投資

一貫したブランディングを実現するために

翻訳パートナーに投資することで、ブランドの”声”のトーンを一定に保つことができます。それはeコマースにおいては大きな支えとなります。

ウェブサイトはグローバル企業にとって重要なマーケティングツールです。なぜなら、さまざまな機会を利用して、販売利益や収益を上げることができるからです。

どの市場に参入しても、ブランドの”声”のトーンに一貫性が求められます。様々な言語で消費者に語りかける際に、ブランドの個性と完全性を維持するためには、翻訳が鍵となるのです。

ブランド・トーン・オブ・ボイスの重要性

ブランド・トーン・オブ・ボイス(イメージ保持のための企業ブランドに関する語り口)を維持することは、自社の個性と素性を強調するのに役立ちます。なぜなら、消費者が簡単にブランドを認識し、覚えてくれるようになり、顧客との良好な関係を築くことができるからです。

翻訳に投資し、翻訳会社のサービスを永続的に利用することは、グローバル企業やグローバル化を考えている企業に必要不可欠です。

自社の”声”のトーンは、公的にアクセス可能なすべてのものから感じられるようにすべきです。製品情報はもちろん、ニュースレターやブログ、ウェブサイトのコンテンツにも含まれるべきであり、それは消費者が、情報や資料がすべてあなたの会社から発信されたものだと認識できるようにすることなのです。

言葉の使い方は、ブランドの個性を伝える手段です。くだけた使い方、固い使い方、いずれでも構いません。ブランドの個性やターゲット層に応じて、喚起的かつ創造的に言葉を使うことも、口語体で表現することもできます。

そういった微調整も翻訳者なら、消費者のニーズを判断しつつ、最適な言語を用いつつコンテンツを作成する、といったことが可能です。

製品の性格やターゲット市場の特性によって、ブランディングやマーケティングの方法はビジネス毎に異なります。大切なのは、企業が顧客とどのようにコミュニケーションをとるか、その方法に一貫性を持たせ、明確にすることです。

一貫性を実現する

あなたのビジネスを国際的に成長させるためには、ブランドの”声”のトーンを見つけ、それを維持し、それを使って聴衆を惹きつける必要があります。これにより、すべてのターゲット市場に対して適切なメッセージを発信することができるのです

翻訳会社の力を借りれば、海外市場に進出するための解決策を見出すことができます。そのひとつが、広告やマーケティングコンテンツを翻訳する際に必要な「トランスクリエーション」です。

トランスクリエーションは、メッセージが異なる言語であっても、お客様が確立した”声”のトーンを維持できるようにするものです。

このサービスは単なる翻訳ではありません。トランスクリエーションには優れたライティングスキルを持つ専門家が必要であり、彼らは現地の文化、言語、対象読者について本質的に理解している必要があるのです。

また、ローカライゼーションは翻訳に特化したソリューションです。ローカリゼーションは、キャンペーンやコンテンツがターゲットとするマーケットにインパクトを与えることができるようにするものです。

ローカライゼーションは、すべてのコンテンツを現地の言語と文化的なニュアンスを反映させることなのです。

はじめから正しい方法を選択する

翻訳への投資は安いものではありませんし、期待通りの結果を得るにも時間がかかります。よってグローバルに展開する企業は、ローカライズをはじめから考えておくことが重要です。

つまり、翻訳者を雇って計画を立てれば、海外市場に関する彼ら翻訳者の知識や他の多国籍企業との経験を、海外市場参入の準備に確実に生かすことができると同時に、コスト負担になる失敗を防ぐことができるということです。

私たちのような翻訳会社とパートナーシップを組むことで、お客様のグローバル展開を是非成功させてください。

まとめ

以上、「【グローバル戦略】としての翻訳への投資」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン