【国際ビジネス】の定義と戦略および、参入方法

翻訳外注ノウハウ

世界がますますグローバル化するにつれ、ビジネスの様相も変化してきました。多くの企業は、競争力を維持し、利益を最大化するために、世界中の市場に参入することを選択しています。

国際ビジネスとは2か国以上の企業間で行われるすべての商取引のことを指し、現在行われているビジネスの大半は国際ビジネスに分類されます。

政治、経済、金融を学ぶ学生やビジネスプロフェッショナルは、こうした国際取引のニュアンスや国内取引との違いを理解することが重要です。

※本コラムはbiz fluentのコラムを元にお届けしています

国際ビジネスとは何か?

「国際ビジネスの定義とは何か?」考えたことはありますか?二国間で発生するあらゆる取引は国際ビジネスに分類され、それには民間と政府の両方の事業活動が含まれます。

商品やサービスの販売、物流、輸送、投資などに関するものは、それが異なる国に拠点を置く二者間で行われる場合、国際ビジネスと見なされます。

さらに、輸出入、ライセンス供与、フランチャイズ、他国に製造・流通・研究開発拠点を置くことも、すべて国際ビジネスの対象となります。

非常に多くの構成要素と膨大な数のプレーヤーが存在する、今日の世界経済を理解することは困難です。たとえば金融、政治、経済政策など、あらゆるものが各国のビジネス活動に影響しています。

企業の将来に影響を与えるような決断を下す前に、参入を希望する市場のあらゆる側面を評価し、変化する世界の動向や政治的変化がどのように影響を与えるかを見極めることが重要です。

過去一世紀にわたり、技術の向上と便利な移動手段により、企業は国際貿易の海に乗り出すことが容易になりました。

グローバル経済ははるか昔から存在していましたが、船、そして飛行機によって営業担当者や金融担当者が他国を訪問して自社の市場を拡大できるようになると、その様相は劇的に変化しました。

クレジット購入の普及や融資、進化し続けるインターネット技術などが、国際ビジネスの普及にさらに貢献しています。

また、過去一世紀における世界の多くの大国間の政治的関係の改善は、ビジネスの繁栄を促し、それが発展途上国の成功にもつながりました。

貿易需要の高まりは世界的な中間所得層の拡大につながり、貿易品や他国産品への需要をさらに喚起しており、経済活動で使えるお金が多ければ多いほど、他から入ってくる製品やサービスに対する需要は高くなります。

企業が部品や材料をより安く購入し、利益率を高めることができるため、国際的なビジネスは、全世界経済にとって良いことです。

完成品の生産コストも低いため、安価に提供することができ、より安価な商品やサービスは、消費者の経済への追加投資を促し、国全体の繁栄に貢献するのです。

また、自国以外の国でビジネスを行うことで、企業はミクロとマクロの視点で効率性を見出すことができます。

たとえば、イギリスのアイスクリーム会社がペルーの熱帯雨林でカカオを育てた農家から直接チョコレートを購入できれば、コストを抑えつつ産地直送の優れたチョコレートをアイスクリームに配合することができるのです。

また、その調達の際に他の企業による手数料が掛からないため、アイスクリームを安く購入することができ、さらに、よりおいしいチョコレートを使っていることで消費者に楽しんでもらうことができ、売上と利益の増加につながるのです。

その結果ペルーの農家は国境に縛られることなく、より多くのカカオを販売することができるようになり、結果的に彼らの利益も増え、それがビジネスへの再投資につながるのです。

現代経済ではある程度の規模の企業や多くの産業が、いずれは海外市場に参入することが一般的であると考えられています。

世界のさまざまな国に拠点を置くことで、企業はブランド認知を高め、次のステージに進むことができるのです。

国際的なビジネス・マネジメント

国際ビジネスマネジメントとは、グローバルな舞台で活動する企業の取引を管理することです。

国際ビジネスマネージャーは、外交的でプロフェッショナルかつ、礼儀正しく、相手国の文化習慣や政治・経済の動向に関して深い知識を持っていることが求められます。

また、自社の業界に特化したビジネスや金融に精通している必要があります。

国際ビジネスを学ぶ

国際ビジネスマネジメントを学ぶことで、グローバルなビジネス取引で席を確保するための適切な道筋をつけることができます。

金融、人材管理、マーケティングなどのトピックを取り上げ、経営戦略、ビジネス理論、実践的なアプリケーション、法的考察などを理解できるようにするのです。

また、国際ビジネスマネジメントとしてのキャリアに備えるためだけでなく、グローバルビジネスについてより深く学ぶことはグローバルビジネス以外のビジネスや金融の職務にも役立ちます。

国際ビジネスはダイナミックな学問であり、この分野を志す学生は、経済、金融、政治、経営、そして技術や言語学の側面にも精通していることが要求されるでしょう。

多言語であることは、グローバルな産業で働く上で非常に役立ちます。また、海外の習慣や商習慣に触れるために留学することも、国際ビジネスの学部課程ではよくあることです。

希望する職業の軌道に応じて、大学院で国際ビジネスを学ぶこともできますし、学部課程を修了した後にMBAを取得することも可能です。

大学院の中には、グローバルな視点からビジネスや経営に関する情報を提供する「国際経営学修士」を設けているところもあります。

様々な文化への洞察力を身につけ、企業に飛び込む前の確かな土台を築くことができるのです

国際ビジネスの定義と戦略および、参入方法

グローバルマーケティング戦略

ビジネスを展開する上で、グローバルなマーケティング戦略は企業の存続と成功に大きく貢献します。

幸い、インターネットのおかげでマーケティング費用を一度ですべて使わなくても、国際的なアプローチは可能になりました。

多くの有名企業はテクノロジーとクリエイティブなマーケティング戦略を駆使して、国際的なビジネスチャンスを築き、世界的なブランド認知を獲得しています。

エナジードリンクやスポーツドリンクで有名なレッドブルは、世界各国でエクストリームスポーツイベントを開催しており、アスリートや自動車のスポンサーとしても知られています。

専門家の間では、レッドブルのパッケージはユニークなデザインを施した薄型の缶を使用しているため、従来の米国の飲料会社とは一線を画しているという意見もあります。

Airbnbはソーシャルメディアの活用により世界的に有名になりました。同社の人気ソーシャルキャンペーン「one less stranger」は、何百万ものエンゲージメントを獲得し、世界的な注目を集めるきっかけとなりました。

同社のビジネスモデルは多くの国への展開に適しています。ホームシェアリングとレンタルネットワークとして、Airbnbはどこにでも存在し得るのです。

ダンキンドーナツのように、世界各地でお客様に喜ばれる食べ物を提供することで、世界的な知名度を獲得し、その人気を維持している企業があります。

同社は海外やアメリカの一部の地域で、その土地の文化に合わせた焼き菓子を販売することでも知られています。たとえば中国のお店では、豚のジャーキーと海苔のドーナツを販売で知られています。

ダンキンドーナツは、ブランド名はそのままに、さまざまな市場のお客さまにアピールできるような商品へと変化させることで長期的な成功を収めているのです。

ドミノ・ピザのように、世界中のお客様にアピールするために特別なトッピングを提供するなど、同様のことを行っている企業もあります。

マクドナルドも「グローカライゼーション」というコンセプトを掲げており、より多くの人々にアピールするために、世界中の商品にローカルな工夫を凝らすことを目指しています。フランスではマカロンまで販売しているのです。

ナイキはアスリートとしての経歴を活かし、スポンサーシップという形で世界中にその名を轟かせています。サッカーチームとの長年のパートナーシップや、アスリート個人への支援など、その立場を利用して未開拓の市場へも進出しているのです。

また、ナイキのウェブサイトでは、多くの商品を自分たちでデザインすることができるようになったため、どのようなスタイルが市場で人気があるのかがわかり、いわば無料の市場調査にもなっています。

また、顧客は自分の好きな色や柄、スタイルを選ぶことができ、他の店で買い物をすることもないため、ナイキは売上を伸ばすことができるのです。

企業がグローバルに存在感を高めるもう一つの方法は、他国でのチャリティ活動に参加することです。

たとえばコカ・コーラはエジプトで650の浄水施設を建設し、中東の子供たちにラマダン食を提供し、インドの地元の学校の設備を改善するなどのプロジェクトを過去に完了させたことで知られています。

このような試みは、将来的に重要顧客になる可能性のある人々を支援し、また他の消費者にも自社ブランドをよく見せることになるのです。

ビジネスを国際規模にするには

自社のビジネスを国際的規模に成長させたいなら、まず既存市場への依存度を減らし、視野を広げることから始めましょう。

自国発の製品やサービスの多くは海外でも通用するため、多くの企業は外国でもすぐにでも大きな優位性を確立することができます。

始める前に考慮すべきことは、あなたの会社が新しいターゲット市場ですぐに受け入れられるかどうか、ということです。製品やサービスによっては、消費者への啓蒙活動が必要な場合もあります。

市場調査を行ない、顧客獲得のために何が必要かを判断してください。また、参入後に顧客を獲得するために時間やリソースを浪費することがないよう、事前に戦略を立てておきましょう。

海外展開の準備には、単にマーケティング戦略を策定するだけでは不十分です。新しい市場の文化、言語、政治・経済の動向について、担当チームを教育する必要があるのです。

海外に駐在する人はその国の状況を正確に把握し、その土地での最適なビジネス戦略を決定する必要があります。また、現地にある銀行、店舗、その他の企業と効果的に連携し、成功のチャンスをつかむこともできるはずです。

たとえ海外で大きな関心を集めることができたとしても、グローバルに店舗を展開する前にしっかりとした流通戦略を立てる必要があります。

新しいスマートフォン製品に大きな関心が集まったとしても、それを他国の店舗に導入する明確な計画がないのであれば、戦略を練り直す必要があります。

現地の店舗、トラック運送会社、倉庫との契約は、事前計画の一部であるべきです。これらのサプライチェーンの重要な部分なしには、国際ビジネスの成功はあり得ません。

ロジスティクスの専門家を雇うことは賢明な戦略であり、拡大プロセスにおいては非常に貴重なことなのです。

まとめ

以上、「【国際ビジネス】の定義と戦略および、参入方法」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン