グローバル市場の取引に影響を与える要因

翻訳外注ノウハウ

グローバルな貿易は自由市場システムではなく、また、おそらくそうなることに期待することも難しいでしょう。なぜなら自由市場は公正な市場でない限り安定した均衡を保つことができないからです。

世界貿易は、経済状況、規制、資源の利用可能性、地政学的安定性、通貨価値、条約上の義務など、様々な要因に影響されるものです。

※本コラムはbiz fluentのコラムを元にお届けしています

通貨

各国の通貨の相対的な評価は、世界貿易に重要な影響を与えます。

各国は他の通貨に対する自国通貨の相対的な価値を設定することができますが、これは純輸入国は通貨高の恩恵を受け、純輸出国は通貨安の恩恵を受けることを意味します(例:円高の場合は輸入、円安の場合は輸出がその恩恵を受ける)

中国製品が米国や欧州の市場に流入している理由の一つは、中国の通貨がドル、ユーロ、円に対して非常に低い価値に抑えられていることです。

このため消費者にとって中国製品は自国製品よりも安い一方、中国に輸入される製品はほとんどの中国国民にとって現地品と比べて手が届かないほど高価なものとなっているのです。

貿易障壁

貿易障壁には、国内補助金、輸入割当、関税が含まれます。

補助金は、より効率的な、あるいは略奪的な外国の競争相手から、保護したい国内産業に対して政府が支援を行うものです。

たとえば日本は食糧安全保障と米作農家の完全雇用を実現するために、米作産業に補助金を出しています。

関税は基本的に輸入税であり、国内生産品との価格競争力を持たせるか、または高価になるように調整されます。

輸入割当は特定の品目に対して輸入制限を課すものです。国内農業が必要な生産量を満たせない場合に、国内農業を保護するために使われることが多いものです。

グローバル市場の取引に影響を与える要因

地政学的安定性

戦争や紛争は様々な形で貿易に影響を与えます。

たとえば、重要な生産資源へのアクセスを制限する、通常なら民間経済に回されるはずの資源を不均衡に消費する、貿易ルートや輸送を混乱させる、などが挙げられます。

第二次世界大戦中、米国政府は石油製品、ゴム、小麦粉、砂糖、コーヒー、そしてほとんどの農産物を配給制にしました。

最近では国連やその他の国際条約に違反したとして、イラン、リビア、イエメンなどに対し貿易制裁を発動しています。

生産コスト

発展途上国の多くは、先進国の競争相手よりも生産コストが劇的に低いものですが、これは人件費が安いことと、環境や労働者の安全に関する規制が緩いことが原因です。

先進国ではより厳しい安全衛生規制の対象となっている産業が、生産コストを削減できる発展途上国に移ってきています。

大気質、水質、リサイクル、有害廃棄物管理、労働者の安全規制などが緩いため、操業コストが低くなる可能性があるからです。

まとめ

以上、「グローバル市場の取引に影響を与える要因」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン