【グローバリゼーションとテクノロジー】がビジネスに及ぼす影響

翻訳外注ノウハウ

グローバリゼーションとテクノロジーは、大小さまざまなビジネスに驚異的な影響を与えています。

グローバリゼーションとはビジネスを世界レベルで展開することですが、これは日々発表される高度な技術によって可能になることが多いものです。

グローバリゼーションとテクノロジーの進歩は多くの点でビジネスを向上させましたが、一方でマイナスの影響もあります。

※本コラムはbiz fluentのコラムを元にお届けしています

雇用

グローバリゼーションは雇用を創出したり破壊したりするというユニークな力を持っています。

生産や事業を拡大することで新たな雇用が生まれることはよくあることで、これは間違いなく経済にとって有益なことです。

逆に、グローバルに事業を展開することで、安価な労働力の調達先が増え、アウトソーシングによって既存の従業員の雇用が失われることもありますが、これなどはコールセンターサービスで顕著です。

アメリカよりも安い人件費で仕事ができるインドの人材へのアウトソーシングも進んでいますが、これはインドにとっては良いことであっても、アメリカにとってはそうではありません。

従業員の代わり、機械や自動化された手順が低コストで稼働するため、テクノロジーによってブルーカラーの雇用が減少することもよくあります。

所得

グローバル化とテクノロジーの進展により、所得格差が拡大しています。

高学歴の専門家はグローバル市場でも競争力があり、より高い賃金を得る可能性のある経歴とスキルを持っています。

一方、製造業やサービス業に従事する人々は、低賃金での労働を強いられたり、新興国の労働者に仕事を奪われたりしています。

グローバリゼーションとテクノロジーがビジネスに及ぼす影響

規模の経済

規模の経済とは、生産量を増やすことで生産コストを下げることを指す経済用語です。

高度な技術とグローバルな市場規模により、企業は生産量を増やし、各製品のコストを削減することができます。

このようなコスト削減は、コストダウンとして消費者に還元されることもあれば、企業の利益増につながることもあります。

スウェットショップ(搾取工場)

新興国の多くの国では、大人も子どもも劣悪な環境で低賃金で働かされるスウェットショップ(搾取工場)に悩まされています。

グローバリゼーションにより生まれたスウェットショップ(搾取工場)は危険であり、時には強制労働を強いられることもあります。

スウェットショップ(搾取工場)は、衣料品やスポーツシューズの業界では非常に一般的なものですが、ナイキはスニーカーの生産にスウェットショップ(搾取工場)が使われているとして批判を浴びました。

頭脳流出

頭脳流出とは熟練労働者が貧しい国から豊かな国へ移動することですが、熟練労働者にとってのメリットは教育の向上、技術の向上、所得の増加、生活の質の向上です。

しかし頭脳流出がもたらす問題は、貧しい国や発展途上国が、これらの労働者が自国にとどまっていれば得られるはずの潜在的な所得を失っていることです。

コンピュータの専門家が米国に移住することで、インドは毎年20億ドルを失い、インド人留学生は年間約100億ドルを失っていると推定されています。

まとめ

以上、「【グローバリゼーションとテクノロジー】がビジネスに及ぼす影響」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン