グローバリゼーションにおける市場要因とは?

翻訳外注ノウハウ

交通、通信、テクノロジーによって広域間の距離が縮まり、取引のスピードが上がったことで、グローバリゼーションは21世紀のビジネスにおけるひとつの生き方になっています。

市場を動かす要因にはさまざまなものがありますが、共通しているのは、「世界的なトレンド」と「経済の生態系」が融合しているということです。

中小企業経営と同様、状況を把握し、チャンスに対応することが成功の鍵です。

※本コラムはbiz fluentのコラムを元にお届けしています

コスト面での要因

消費者が購買の意思決定をするときに価格だけが唯一の要因ではありませんが、それが重要な役割を担っていることは間違いありません。

企業がグローバルな舞台で競争する際、コスト要因は小規模で単純な市場よりもかなり複雑になり、企業は通貨価値、為替レート、異なる場所での人件費や材料費など、さまざまな考慮すべき事項に影響を受けます。

通貨の価値は製品の原材料価格に影響を与え、また海外顧客が製品に支払う金額にも影響を与えます。

通貨の価値が相対的に低い国から購入する場合、より少ないお金でより多くを購入することができ、営業コストを下げることができますが、通貨価値の下がった国で完成品を販売しようとすると、その国の顧客は製品代金を支払うのが難しくなり、自国内の、より安い代替品を選ぶかもしれません。

海外で生産する場合、そのコストは現地の家賃や人件費に大きく依存することになりますが、もし国内で生産するよりもかなり安い費用で工場を運営できるのであれば、遠隔地での操業に伴なう運賃や物流費の増加を上回る節約になります。

また、物価や通貨価値が比較的安定している地域は、急激な変動がある地域よりもビジネス・インフラを構築する上で安全な場所と言えます。

グローバリゼーションにおける市場要因とは?

政府の役割

グローバリゼーションは、異なる法律や政策に支配された、遠く離れた領域で行われるものです。

政府は投資や支出を促進するために金利や資本の利用可能性を調整するなど、市場の推進力を活用、促進するための戦略を実施しますが、資本が容易に利用できるということは、消費者の手元に多くの資金をもたらし、企業がキャッシュフローと成長のために容易に融資を受けられるようになるということであり、グローバル市場にとっては有益です。

また、政府は外国製品の輸入を制限し、自国の国内企業に市場競争力を与えることもできます。関税は輸入品の価格を上げる一方、国産品をより手頃な価格にすることで市場に影響を与えるのです。

さらに、政府は技術支援や有利な条件での融資といったビジネス支援を行なうことで、グローバル市場における国内企業のパフォーマンスに影響を与えることもできます。

消費者市場における要因

情報技術が地球上の遠隔地を、少し前までは考えられなかったスピードで結ぶようになったことで、流行、トレンド、嗜好は世界規模となり、国際市場への参入を目指す先進的な企業にとって、前例のない機会をもらたしました。

韓国のポップミュージックからハリーポッターのグッズに至るまで、市場性のある製品やコンテンツは、それらを製造・流通させる企業が様々な顧客の声に耳を傾けさえすれば、無限の可能性を持つことになるのです。

グローバル市場は事実上どこにいても潜在的な消費者にリーチできることで繁栄していますが、グローバル企業は国際的な消費者層の多くのセグメントを理解するという課題にも対応しなければなりません。

グローバル市場のトレンド、流行、嗜好を研究し、自社で調査することが重要ですが、これは現地コミュニティとの関係を構築することで、現地関係者の視点も取り入れることで実現可能です。

まとめ

以上、「グローバリゼーションにおける市場要因とは?」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン