【グローバリゼーション】が世界経済に与える影響とは?

翻訳外注ノウハウ

グローバリゼーションは世界経済を変え、世界中の国々に新たな機会をもたらしています。

専門家の中には、グローバリゼーションが経済発展の原動力になっていると考える人もいる一方、環境破壊の原因とも言われています。

ひとつ確かなことは、このプロセスによって世界中の国の経済が国境を越えて拡大し、相互に有益な関係を築くことができるようになったということです。

※本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

グローバリゼーションとお金

世界の企業はもはや国境に縛られることはありません。世界各地に進出し、事業を多角化し、安価な労働力や原材料の入手しやすい国に製造拠点を移すことでコストを削減することができるのです。

貿易の拡大とグローバルな接続性の向上により、資金はかつてないほど遠くまで移動するようになりました。

企業は国境を越えて活動し、より多くの顧客にアプローチすることができるようになり、それが高い利益、ひいては経済成長につながるのです。

グローバル化により、ある国の企業は地球の裏側にある別の国で製品を販売するだけでなく、現地に店舗や工場を建設し、商品への投資を行い、現地の経済に貢献することができるようになりました。

たとえばフォード社はコールセンターをインドに移し、シスコ社はバンガロールに研究開発センターを開設しました。

2010年にはマイクロソフトがインドのインフォシス・テクノロジーズと3年間の契約を結び、社内のIT業務を管理するようになりました。

途上国にサービスをアウトソーシングすることで、企業はコストを削減し、人々の生活を変えることができ、そのおかげで過去数十年の間に世界中で貧困率が減少したのです。

グローバルな雇用機会

グローバル化により人々はより裕福な国に移住し、ビジネスを始めたり、仕事を見つけたりすることができます。

これはより高い収入と人生におけるより多くの機会を得ることにつながり、移住者も法外な手数料を支払うことなく、母国に送金することもできます。

情報と技術の自由な移動は、労働組合が世界中で労働者の権利のために戦うことも可能にします。

新しい政策や規制が施行されるにつれ、労働者の権利が増加したことに加え、同一賃金や男女平等など、デリケートな問題も少なくなってきています。

グーグル、IBM、アクセンチュアなどの多国籍企業は、常に事業を拡大し、事業を展開している国で人材を採用しています。

また、従業員に海外で働く機会を提供するために、交換留学制度を実施している企業もあります。

ボストンコンサルティンググループ、エデルマン(アメリカの広報、マーケティングコンサルタント会社) 、L.E.K.コンサルティング(イギリスの戦略コンサルティング会社)などはその一例です。

こうした取り組みがグローバル化をさらに加速させ、経済成長を促しているのです。

グローバリゼーションが世界経済に与える影響とは?

より大きな自由貿易

グローバリゼーションの最大のメリットは、モノや資源の自由な取引にあります。

たとえば自動車を専門に生産している国はできるだけ安いコストで自動車や付属品を生産し、国内外に販売することで、他の国の人たちはその自動車をより安く購入することができると同時に、より幅広いブランドやモデルを手に入れることができるようになるのです。

グローバリゼーションが加速した結果、1945年以降、世界貿易は約7%増加しましたが、商品を輸出する国は輸送費を安く抑えられ、競争力を持つこともできます。

その結果、特に経済を他国経済に依存している国にとっては、世界と比べてより大きな富の平等がもたらされます。

たとえば中国は主要な製造国になり、今や世界中の企業が中国の工場に生産活動を委託していますが、その結果世界中の企業が中国の工場に生産活動を委託するようになり、企業の顧客は他の国では購入できないような商品を手ごろな価格で手に入れることができるようになったのです。

グローバリゼーションの弊害

何事もそうですが、グローバリゼーションにも欠点はあります。

モノ、サービス、情報の自由貿易により、世界経済は所得と雇用の増加サイクルに入りましたが、一方それは、地域や国の経済全体においてお金の流れが悪くなり、信用が逼迫することにもつながりました。

さらに世界経済の86%以上を占める英国、ブラジル、ドイツ、フランス、日本などのG2O諸国は、2008年以降1,200以上の貿易制限措置を追加しましたが、これは商品の輸出入を行う企業にとって増税や法律の厳格化につながることです。

また、多くの国が価格優位性を得るために自国の通貨を操作していることも問題です。また、先進国の従業員が給与カットによって職を失っているという問題もあります。

大企業は世界中でタックスヘブンを利用できるようになったことで、地域経済にも影響を及ぼしています。

その他、環境破壊、不当な労働条件、税制上の競争、マネーロンダリング、雇用の喪失などがグローバリゼーションにおける主な懸念事項です。

まとめ

以上、「【グローバリゼーション】が世界経済に与える影響とは?」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン