なぜ企業は【海外進出】するのか?

翻訳外注ノウハウ

企業が海外に進出するのは、事業を成長させたい、拡大させたいと一般的には考えるからです。国際市場への参入のメリットとしては、より多くの収益を上げる機会、新たな売上獲得へ向けた競争、投資機会、多様化、コスト削減、新たな人材の採用などが挙げられます。

国際化は様々な要因に影響される戦略であり、通常は時間をかけて実行されますが、ときには自国の経済発展のために、政府が企業に国際市場への参入を後押しすることもあります。

企業が国際市場に進出する理由は、ブランド認知度の向上やコスト削減などさまざまです。しかし、国際的なビジネスにおいて共通しているのは「利益の拡大」で間違いないでしょう。

※本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

利益率の向上

利益率の向上は、国際市場に参入する最も一般的な理由のひとつです。国内での成長戦略が一巡すると、次の道として国際的な成長を模索することがよくあります。

より多くの国で製品を販売することで、顧客基盤が拡大します。また、国際市場で魅力的なソリューションを提供し、ロイヤリティを高めることで収益も強化・拡大されます。

また、国際的な事業展開には大きなコスト削減効果も期待できます。サプライヤーに近い場所に移転することでコストを削減したり、他の国に事業を拡大することで生産コストの削減を図ったりすることができます。

国際的に事業を展開することで、新たな投資機会も生まれるかもしれません。さらに、顧客獲得コストの低減も、国際的な事業展開を行なう有力な理由となり得ます。

新たな売上獲得へ向けた競争

利益率の向上と密接な関係にあるのが、売上拡大への意欲です。経営者がすでに自社の収益レベルに満足している場合でも、国際的な事業展開によってそれをさらに向上させることができます。

競って海外進出するのは多くの場合、海外市場におけるプレゼンスを獲得することにあります。新市場にいち早く参入することは自社に大きなメリットをもたらします。

たとえあなたが自社のソリューションで市場に参入しなくとも、競合他社が参入してきます。それは収益源を失うだけでなく、国内外での販促に利用できる他の貴重な資産も失うことにつながります。

国内で強さを誇る企業が、場合によってはグローバルで成功し、その相乗効果で大きく成長した新興企業の後塵を拝することもあるのです。

現代経済においては、技術進歩による多くの企業がすでにグローバル化していることを忘れてななりません。

企業は新しいグローバル経済の中で、競争優位を得るために具体的な国際戦略を策定するのです。

事業の多角化

国際的に事業を展開することで、企業はいくつかの重要な方法を以て事業を多角化することができます。

最初に、需要減退というリスクを複数の国に分散させることができます。ある市場が自社の製品にまったく関心を示さなくても、他の国で成功を収めればその穴埋めができます。

加えて、国際市場で新たなサプライヤーとつながることで、国内市場では手に入らない原材料や資源を活用することができます。

また、複数の国で事業を展開することで、企業はノベーションを強化し、ソリューションのバリエーションを増やしていくことができます。

製品の多様化についても同様に、特定の製品に対する市場の関心が低下するというリスクを(国際的な事業展開により)回避することができます。

多角化の例

例えば、中国で最も人気のあるスマートフォンメーカーのひとつであるXiaomi(シャオミ)は、今後数年かけてインドでの事業拡大を図ろうとしています。

モバイル機器に加え、電動折りたたみ自転車、バランススクーター(self-balancing scooters)、フィットネスバンドなどの販売も計画していますが、これにより多くの消費者にリーチし、事業を多角化することができます。

自社ブランドの多様化と顧客基盤の多様化、これら二つは国際的な事業展開において人気の理由です。

まれに製品そのものが悪いのではなく、市場への投入時期が合わなかったということがありますが、その製品を異なる市場、異なる文化、異なる予算を持つ人々に向けて再度販売してみると、全く異なる、より好意的な評価を受けることもあるのです。

新しい人材の採用

国際市場で事業を展開することで、企業はより多くの、より多様な人材を確保することができます。

異なる言語を話し、異なる文化を理解する従業員は、より幅広い顧客層とのつながりを強化します。

また、高い評価を得ている国際的なブランドを持つことは、優秀な人材を企業に呼び込むことにつながります。

さらに、グローバルブランドの構築において相乗効果を発揮できるように、グローバルなワークチームを構成することも可能です。

まとめ

以上、「なぜ企業は【海外進出】するのか?」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン