【市場の多様化 vs 製品の多様化】違い・メリット・課題

翻訳外注ノウハウ

市場の多様化と製品の多様化は、企業が「ビジネスチャンスを拡大するために用いるマーケティング戦略である」という点で共通しています。

市場の多様化とは、これまで対象としていなかった新しい市場セグメントに、ビジネスを拡大することを意味します。

製品の多様化とは、新しい製品やサービスを追加して、既存の市場内で提供するビジネスを拡大することを意味します。どちらも効果的な成長戦略ですが、それなりのリスクも伴います。

※本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

市場の多様化のメリット

多様化について、ビジネス辞書では「企業が市場を多様化させる一般的な理由」が強調して定義されています。

企業は一般的な成長目標に加え、さらなる収入源を見つけたり競合他社に挑戦したりするために、市場の多様化を利用します。

複数の市場にビジネスリスクを分散させることで、市場が枯渇したり、時間の経過とともに実入りが少なくなった場合でも、大きな失敗をする可能性を低くすることができます。

また、競合他社が既に参入している市場に参入することは、市場がその製品に慣れ親しんでいることもあり、より優れた価値を売り込むことができることからほとんどの場合、理にかなっています。

市場の多様化の課題

Now Public(ナウ・パブリック、ユーザー参加型ソーシャルニュースサイト)の記事”Market diversification vital for MSMEs to grow: Experts”(MSMEs(零細・中小企業)が成長するためには市場の多様化が不可欠:専門家)の記事で、Namrata Kath Hazarika(ナムラタ・キャス・ハザリカ)氏は、市場の多様化を検討している企業共通の懸念として、新規市場への参入にかかる高いコスト、文化の違い、未知の問題の存在、を挙げています。

新規市場への参入には、調査や企画、マーケティングや広告など、新しいセグメントへの販売に必要なコストがかかります。

国内でも異なる地域、グローバルの場合は特にですが、境界を越えた文化を理解することは自社の利益についてマーケティングを行なう上での課題です。

そして、新しい市場で事業を展開する際の未知の要素をあらかじめ計画しておくことは困難でもあります。

市場の多様化 vs 製品の多様化

製品の多様化のメリット

新製品は新たな収益源を提供するとともに、多様化することで複数の製品にまたがってリスクを分散することができます。

また、前述のビジネス辞書では、季節的または循環的な企業は、主力製品の閑散期や低迷期を補う方法として新製品を追加できる、と定義しています。

さらに、強い認知度と存在感を持つブランドは、確立されたブランドの評判を新製品に関するメッセージの一部として利用することができます。

製品の多様化への挑戦

ある起業家は、「企業は当初、単一の製品に集中することを好む」と指摘します。ゆえに新しい製品を展開する際には、新たな製品開発とマーケティングを管理する必要があります。

特定の製品を製造・販売する専門性を確立している企業は、自ずと他の種類の製品を製造・販売することにも長けているとは限りません。

特に、特定の市場に製品を供給することにだけ長けている企業にとって、新しい市場で、すでにそこに満たされている老舗の製品を扱うことは容易ではないのです。

まとめ

以上、「【市場の多様化 vs 製品の多様化】違い・メリット・課題」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン