【多国籍企業】の第一目標とは?

翻訳外注ノウハウ

多国籍企業はステークホルダーに対して、常に収益を上げ、経費を管理し、利益を向上させる義務を負っています。

世界中にオフィスや施設を持つ多国籍企業は、さまざまな市場のニーズに精通している必要がありますが、このユニークな立場が企業にさまざまな課題と機会を提供することになります。

ほとんどのビジネスがそうであるように、多くの多国籍企業の第一の目標は、利益を上げ、財務上の目標を達成することです。

しかし他の多くのビジネスとは異なり、多国籍企業は製品やサービスを販売する際に、異なる地理的距離、文化、ターゲットとする市場を誘導しなければなりません。

※本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

多国籍企業の特徴

多国籍企業(MNC、A multinational corporation)とは、自国に本社を置き、世界各国に複数のオフィスや工場、プラントなどを持つ大企業を指します。

本社は世界各地の拠点の経営と戦略を調整する場所であり、サテライトオフィスには本社と密接に連携する独自の経営陣がいます。

詳細な市場調査の実施

さまざまな国で事業を展開する多国籍企業は、各国のターゲット層の人口統計学的、地理学的、心理学的、行動学的特徴について最新の情報を得る必要があります。

製品やサービスを効果的に販売し、利益を上げるために、多国籍企業は詳細な市場調査を行ない、それぞれの市場が何を必要としているかを理解する必要があるからです。

たとえば、ある多国籍企業が食品を販売する場合、市場によって異なる、多くの文化の違いを乗り越えていかなければならないでしょう。

宗教上の理由で牛肉や豚肉を食べない国もあれば、より植物に近いものを望む国もあるといった具合です。

市場が何を求めているかを理解するだけでなく、市場調査を行なうことで、効果的で文化的なマーケティングキャンペーンを行なうことができるのです。

新市場への参入

多国籍企業の目的であり、利益の増加に貢献するのが新市場への参入です。

本社のある国でも販売できるかもしれませんが、新しい市場に物理的な拠点を持つことは企業にとって明確な利点となります。

現地の従業員を雇えば、その市場についてこれまでにない見識を得ることもできるでしょう。

多国籍企業は、拠点がある海外市場への販売に加え、その近隣諸国への進出も検討することができます。

近隣の市場で製品を販売することで輸送やインフラ面でのメリットがあり、企業の利益をさらに高めることができるかもしれません。

多国籍企業の第一目標とは?

製品・サービスを現地の文化に適合させる

多国籍企業は、現地市場のニーズに合わせて、提供する製品の変更が必要です。

文化や国境、宗教、人種を越えて売れそうな商品でも、カスタマイズが必要な場合がありますが、このような場合に詳細な市場調査を行なうことが、商品開発の指針となります。

たとえば多国籍企業がスポーツシューズを販売する場合、温暖な地域向けにはサンダルモデル、別の市場向けには低価格帯のモデルやヴィーガン(可能な限り動物性の食事をしない、身につけない、傷つけない生き方)を対象としたモデル、などを作る必要があるかもしれません。

さまざまな市場のニーズに合わせて製品を調整することができれば、企業の利益を高めることにつながります。

グローバルとローカルのブランドイメージの維持

多国籍企業は、グローバルおよび、ローカルなブランドイメージを慎重に管理する必要があります。

大企業であれば、グローバルブランドは顧客のロイヤリティを高め、新しい市場での認知度を向上させるのに役立ちますが、ブランドイメージの地域適応性を考慮する必要がある場合もあるのです。

たとえばロゴに表示される社名を異なる言語や文字で表記する必要があるかもしれませんし、広告キャンペーンでは現地の国の人々をイメージとして起用する必要があるかもしれません。

ブランドメッセージの中にはうまく翻訳できないものもあり、キャンペーンでは国ごとに異なる独自のUSP(Unique Selling Proposition、ユニーク・セリング・プロポジション、自社が持つ独自の強み)を設定する必要があるかもしれません。

このようなブランドのパーソナライゼーションは、多国籍企業が各市場で利益を上げるために役立つのです。

まとめ

以上、「【多国籍企業】の第一目標とは?」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン