【国際ビジネス】における環境要因

翻訳外注ノウハウ

国際ビジネスの環境は急速に発展しています。19世紀はグローバリゼーションと技術の進歩により、著しい成長を遂げた時代でした。

この動きは第二次世界大戦中に一時停止したものの戦後に再開、世界の生産高における輸出入の合計はそれまでの10%以下から50%以上にまで増加しました。

国際貿易の成長により企業は新たな市場を開拓し、拡大することができるようになりましたが、それがすなわち成功を保証するものではありません。

その国の法律慣行、政治、社会構造、技術といった環境要因がビジネスの成否を左右することがあるのです。

グローバル展開を計画している企業が外部環境をコントロールすることはできません。したがって事業を拡大する前に対象国とその市場について調査することが不可欠なのです。

※本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

経済

経済環境はビジネスに直接影響を与えるため、グローバルにビジネスを展開するのであれば進出先の国を徹底的に調査してください。

インフレ率や金利、貯蓄率や投資率も考慮し、輸出入の量についても詳しく調べてみてください。経済の現状を知ることは最も重要なことです。

たとえば与信の厳格化や金利の高騰はお客様の消費に影響を与え、ひいてはあなたのビジネスに打撃を与えることになります。

高級品やハイテク家電、デザイナーズ製品など、必需品でないものを販売している場合はなおさら成功が難しいかもしれません。

お客さまが商品に興味を持っても、購入するための十分な資金がない可能性もあるのです。

経営者として、グローバルに展開する前に、将来の市場状況を想定しておくことが重要です。

収益を最大化し、コストを最小化するための戦略を立てましょう。そして品質を落とさずに経費を削減するために、製造や技術などのアウトソーシングを検討しましょう。

政治

海外市場の法的・政治的な環境は、あなたのビジネスに直接的な影響を及ぼします。また、これらの要因は都市や州によって異なる場合があります。

たとえば米国では各州がそれぞれに独自の法律や規制を設けています。

また、企業はビジネスを行なう国の法律や要件を遵守し、必要に応じて新たなライセンスを取得したり、より高い料金を支払ったりしなければなりません。

たとえばスウェーデンでは度数が3.5%以上の強いアルコール飲料は政府所有の酒屋チェーンでのみ販売されてるため、酒類や蒸留酒に特化した企業の場合選択肢が限られてしまいます。

スーパーで売ることも、自分で値段を決めることもできないため、利益を得るにも限界があるのです。

文化の違い

国にはそれぞれ文化があり、国際ビジネスに影響を与えるのは主に「組織の上下関係」「エチケット」「コミュニケーション」の三つの分野です。

たとえば日本では仕事を含む、生活のあらゆる場面で社会的な上下関係を重んじますが、スカンジナビア諸国は比較的フラットな組織階層を持ちます。

スペインなどの地中海沿岸諸国は余暇を重視しますが、ドイツや日本は効率を重視し、職場の規則も厳しいのです。

また、国が違えば、交渉や口約束の目的のとらえ方も違うかもしれません。

契約の目的を当事者間の関係作りとする人もいれば、法的拘束力を求める人もいます。

さらに、ある国では受け入れられることでも別の国では攻撃的または、詐欺的と見なされることもあります。

ビジネスオーナーとして、グローバルに展開する前にこうした文化的な側面を考慮することが重要なのです。

国際ビジネスにおける環境要因

社会環境

社会環境は、その国の価値観を決定づけます。

国際ビジネスには、人々の富に対する考え方、習慣、コスト構造、労働力の流動性、文化的遺産など、さまざまな要因が影響します。

たとえばある国に住んでいるお客様が、他の国に住んでいるお客様と同じ商品やサービスに興味を持つとは限りません。

技術的要因

テクノロジーは、ビジネスを拡大する前に考慮すべき主要な環境要因のひとつです。

対象国には事業を円滑に運営するために必要な技術やスキルがあるでしょうか。

マーケティング、製造、医療、研究などの業界では、最新のテクノロジーにアクセスできることが不可欠です。

たとえば広告代理店や研究所は、法律事務所やコンサルティング会社よりも高度な技術を必要とします。

グローバルに展開する前に、国際的なビジネス環境について十分に理解しておく必要があります。

ターゲットとする市場を調査し、ビジネスを成長させながら収益を上げるために必要なものが調達可能かどうかを判断するのです。

また、上記環境要因に加え、競争相手、顧客の需要、気候、環境関連法、職場の効率性なども考慮しましょう。

まとめ

以上、「【国際ビジネス】における環境要因」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン