食品・飲料業界のグローバリゼーション

翻訳外注ノウハウ

交通と通信技術の進歩は、食品・飲料業界のグローバル化の進展に寄与しています。

マクドナルドやコカ・コーラのような企業は、ナショナルブランドから世界的なブランドへと成長し、消費者は世界中のブランドにアクセスできるようになったのです。

食品・飲料業界の世界的な広がりは、かつてないほどのビジネスチャンスをもたらしています。しかしそのような新しい市場にも課題はあります。

※本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

グローバリゼーション戦略

食品・飲料メーカーは、自社製品を世界市場に投入するために、さまざまな戦略を展開しています。

大企業は海外市場に参入するために自社のリソースを費やすことによって、製品の品質や見せ方を管理、維持できています。

小規模の企業はターゲット国でプレゼンスを確立しているパートナーと手を組み、パートナーシップを通じてブランドを構築することもあります。

このような取り決めは、パートナーシップ、ジョイント・ベンチャーまたは、合併をいうかたちで行われることがあります。

グローバリゼーションのメリット

グローバリゼーションは、サプライヤーとカスタマーにメリットをもたらします。

サプライヤーには新しい市場に製品を投入する機会が生じ、顧客は新しい製品を試す機会を得ます。

また、ある国のサプライヤーが別の国の流通業者と提携する場合、流通業者にもサプライヤーから顧客までの製品流通経路を担当することができるというメリットがあります。

たとえばマクドナルドは、未開拓の巨大市場である中国に出店することで利益を得ていますが、中国のマクドナルドのフランチャイズオーナーは、それまで同社製品がアクセスできていなかった中国の顧客に製品を販売することで利益を得ることができます。

食品・飲料業界のグローバリゼーション

グローバリゼーションの欠点

グローバリゼーションは企業に多くのメリットをもたらしますが、その一方でコストのかかる課題も生じます。

食品・飲料メーカーは、参入を希望する文化的、宗教的、政治的環境を認識する必要があります。

たとえば中東でマクドナルドのフランチャイズを展開する場合、ユダヤ教徒にはコーシャメニュー(ユダヤ教徒が食べてもよいとされる「清浄な食品」のこと)を、イスラム教徒にはハラールメニュー(イスラムの教えに則った食品のこと)を提供しなければなりません。

また、ヒンドゥー教徒が多く牛を神聖視するインドでは、チキン、魚、ベジタリアン向けのメニューを提供しています。

グローバリゼーションの未来

食物脂肪、土地利用、資源消費に関する懸念は、食品・飲料業界におけるグローバル化の将来に影響を与えます。

石油価格の上昇と下落に伴い、食品と飲料の長距離輸送コストが価格変動の原因となる可能性もあります。

肥満の蔓延は、サプライヤーに食材の変更やより健康的な選択肢の提供を強いるかもしれません。

欧州の食品・飲料業界をリードするユニリーバは、製造工程をより環境に配慮したものにするための計画策定に着手しました。

まとめ

以上、「食品・飲料業界のグローバリゼーション」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン