なぜ企業は海外に投資するのか?

翻訳外注ノウハウ

過去数十年の間に世界では多国籍企業が増加し、国際的な投資が飛躍的に増加しました。

グローバルな組織構造の出現は多くの経済圏の収束を生み、その結果世界中で同じような製品が手に入るようになりました。

企業は今日、海外投資とグローバル市場への進出に対して熱意を示し続けています。

※本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

先進国市場の状況

先進国市場が時間の経過とともに飽和するにもかかわらず、企業は成長を維持したいと考えるものです。

そのような状況で事業を拡大し続けるには、まだ飽和していない他の市場に進出するしかありません。

尚、飽和した市場の中でも、市場シェアの一部を獲得するために他の先進国からの多様性を歓迎し、それら企業による市場への投資を歓迎するところもあります。

グローバル規模の分散投資によるメリット

ひとつの市場に晒され続けることを避けるためにも、企業は海外に投資しますがこれは国際規模の多角化につながり、企業にとってもメリットがあるためよく利用される手法です。

たとえばある国の経済が不景気で、全く別の国の経済が好景気であったとしても、両方の国で事業を展開している企業なら全体として変動が少なく、景気の循環に左右されにくいということです。

コスト効率

多くの組織が中国、インド、タンザニア、ブラジルなどを含む市場に巨額の海外投資を行い、それら経済圏を活用した生産コスト削減の恩恵を受けています。

こうしたコスト効率化の動きは発展途上国の安価な労働力が利用可能であることに起因するものですが、労働集約的な生産工程を持つ企業ほど海外に投資し、コスト効率の恩恵を受けようとするインセンティブ(動機付け)が働くのです。

なぜ企業は海外に投資するのか?

輸送コスト

多くのグローバル企業は自社製品の大部分を新興国に販売していますが、言うまでもなくこれらの企業にとっては、製品を販売する国で生産する方が効率的です。

出荷が困難な製品や輸送コストが高い製品の場合は尚更ですので、製品は販売対象国で作ることが最良の選択肢なのです。

クオータ(輸入割当)と関税

多くの国が輸入業者にクオータ(輸入割当)と高い関税率を課しています。

クオータ(輸入割当)は市場に出回る製品量、つまり製品の供給量を制限するものですが、企業はこの輸入制限を回避するために輸出先の国内に生産拠点を置くことを選択することが多いものです。

同様に、関税は輸入品に課される税金であり、政府が歳入を増やすため、あるいは輸入を抑制するために課すことがあります。

その結果企業は、関税を避けるために輸出先の国に直接投資するという選択肢も持つようになりました。

まとめ

以上、「なぜ企業は海外に投資するのか?」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン