【グローバリゼーション】が第三国に及ぼす影響

翻訳外注ノウハウ

グローバリゼーションとは、外国貿易の規制緩和、貿易関税の引き下げ、輸出手数料の撤廃などを組み合わせて、世界を経済的に統一しようとする試みです。

グローバリゼーションは外国市場を貿易に有効活用するとともに、外国での生産雇用のための新たな開発機会を提供しようとするものでもあります。

そしてもしこれら有益な目標を達成できない場合、グローバリゼーションの効果は疑問視されるべきものです。

本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

対外援助

グローバリゼーションとは国家間の経済的な格差をなくすことですが、その一環として対外援助は第三国(当事国以外の国)の人々の生活環境を改善するための、前向きな力を提供する役割を担っています。

グローバリゼーションには外国製品を購入するための資金を持つ人々が集まり、市場が繁栄することが必要です。

1980年代以降、第三国に対する海外援助は激減し、その市場を改善する力もなくなっていますが、それはグローバリゼーションの考え方がいかに第三国に通じないかを示しています。

移動

グローバリゼーションは世界中の多くの国の人々にも雇用機会の向上をもたらしていますが、新たな雇用機会というものはすでに発展した国々でのほうが多く発生しているのが実情です。

その結果、第三国(当事国以外の国)の人々は新しい雇用機会を得るために移住しなければならなくなりました。

第三国から先進国への移住は国の経済を疲弊させ、有能な労働者をより健全な経済圏に移してしまうため、彼らの専門性が本来活かされるべき第三国市場から遠ざけられることになってしまうのです。

グローバリゼーションが第三国に及ぼす影響

経済格差

グローバリゼーションのプロセスは、特定の経済的意図を持った企業によってフィルタリングされた場合、第三国(当事国以外の国)の国々に対する実際の経済的改善には結び付きません。

それだけでなく金融支援も、借金を返済しやすく、既存の信用システムを支えている先進国に振り向けられています。

たとえば国際通貨基金や世界銀行などの機関は先進国を優先する姿勢を示しており、それらの国により多くのお金を貸し出していますが、第三国の国々に貸したお金はすぐに返ってこないためそのような姿勢ではありません。

その結果、第三国と先進国の経済的安定の格差がさらに広がっているのです。

生活水準の向上

グローバリゼーションの主要な目的のひとつは世界的な生活水準の向上です。

グローバリゼーションの理論では、より多くの人々が購入できる経済力を持つことができれば、それら人々の購入力により販売主も(ビジネスを通じて)その経済的利益を実感することできるとされています。

その結果としてグローバリゼーションは一部の第三国の人々の生活環境の改善につながるとともに、依然として(一部の地域に)存在する劣悪な生活環境に対する世界の人々の意識を高めることに貢献するのです

まとめ

以上、「【グローバリゼーション】が第三国に及ぼす影響」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン