【経済活動のグローバリゼーション】国際的な生産と貿易

翻訳外注ノウハウ

経済活動のグローバリゼーションとは、国内の経済、企業、社会が融合していく過程を指します。

このフレーズはグローバリゼーションを示す経済活動に関する言葉ですが、それには国際的なビジネスの統合に積極的に貢献する企業や法人を含まれます。

経済活動のグローバリゼーションの特徴として、貿易、生産、投資、労働力の流れが国際的に発展していることが挙げられます。

本コラムはLilt社のコラムを元にお届けしています

国際貿易

国際貿易はグローバル市場における資本と財の交換に関するものです。

ビジネスが国際的なレベルで活動するのは、主に世界貿易システムに参加することにより利益を得るためであり、経済活動のグローバリゼーションには不可欠な要素です。

輸出入は国際貿易のひとつの側面ですが、消費しきれないほど生産している国や企業は、生産を必要とする国への輸出に力を注いでいるということです。

欧州中央銀行の報告書によると、中国やインドなどは外需を満たすことで経済規模を大きく拡大させています。

これらの国々は、米国やEUなど生産を必要とする国の、商品を購入、輸入しようとする企業にとって今や大きな注目の的となっています。

国際生産

多くの経済学者が「輸出生産」と呼ぶグローバル経済における「国際生産」とは、企業が労働力の安い国や税制の緩やかな国で商品を生産することを指す言葉です。

これにより大企業はより多くの生産を行ないながらも、労働力や生産施設・活動のある国への支払いを抑えることができるのです。

たとえばトルコの経済学者Lale Duruiz(ラレ・ドゥルイス)氏が指摘するように、ドイツの自動車産業の巨人たちはすでにトルコで生産したものを輸出しており、EUとの経済条約による「商品の自由な移動」の恩恵を受けているのです。

これによりドイツの生産者は、ヨーロッパで生産する際に輸入手数料を支払う必要がなく、人件費や税金を節約することができているのです。

経済活動のグローバリゼーション:国際的な生産と貿易

国際投資

国際的なレベルで投資することで、企業や金融機関は収益性や市場の状況に応じて、世界のさまざまな地域のプロジェクトに参加することができます。

たとえば先進国の金融機関が国際的な影響力を拡大しようとする場合、途上国への投資を申し出て生産のシェアを得たり、投資に応じて一定の利息を受け取ったりすることになります。

アラブ首長国連邦とアメリカの関係ではこのようなことが起こっているとU.A.E. – U.S. Business Council(アラブ首長国連邦・米経済協議会)は述べていますが、実際、米国は1990年代後半に発展途上のアラブ連合に初めて5億4千万ドルの投資行ないました。

その7年後、アメリカからの投資額はすでに724%も増え、アラブ首長国連邦はアメリカの金融機関が参加した中で最も成功した投資先のひとつとなりました。

そしてこの投資額の増加は、両国の関係強化や双方の企業間の安定した貿易関係の発展に寄与しています。

労働力

経済活動のグローバリゼーションには、海外の経済圏で働くことを望む人々の統合も含まれます。

このような統合の最も進んだ例が欧州連合ですが、欧州連合に属するすべての国民は「移動の自由」に関する法律により、加盟国内すべての組織で職業を行使することが許されています。

まとめ

以上、「【経済活動のグローバリゼーション】国際的な生産と貿易」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン