【人間翻訳】が機械翻訳より優れている7つの理由

翻訳外注ノウハウ

このデジタル時代において、コンテンツのローカライゼーションはブランド成長のために必要不可欠なものです。

技術の進歩により、インターネットには母国語を他の国の言語に翻訳するのに役立つ無料の翻訳ツールが溢れています。

多くのグローバル企業が人間よりも機械翻訳の利用を好むようになり、人工知能(AI)が人間の翻訳サービスを引き継ぎつつあります。

機械はかなり手頃な価格ですぐに結果が出るので好んで使われるツールとなっていますが、正確な翻訳を提供できるのでしょうか?機械は人間の翻訳者よりも優れているのでしょうか?

人間の翻訳者を確保するのは大変な作業かもしれませんが、専門家である彼らの熟練度は一級品であり、機械翻訳とはスピードの差があれど正確で質の高い結果を得ることができるのは間違いありません。

ここではなぜ人間の翻訳者が機械よりも優れているのかを探ってみましょう。

※本コラムはstartup.infoのコラムを元にお届けしています。

翻訳の正確さ

機械翻訳機はAIを搭載しているかもしれませんが、その翻訳は完全に正確なものではありません。

消費者というものは文化的な存在ですが、世界の多様な文化を理解する人間的なタッチを機械は持っていませんし、ある文化圏では特定のフレーズが不快に聞こえることがありますが、機械翻訳がそれを理解することはできません。

また、ネイティブの名前やスラングを、ターゲットに合うように翻訳することも難しいかもしれません。

逆に人間翻訳は、現地の文化に精通し、ネイティブの好みに合わせて言語を調整する方法を知っている翻訳の専門家が行なうためかなり正確です。

機械は通常、言葉を一般的な方向で翻訳するため、フレーズに曖昧な意味を持たせてしまうことがありますが、人間は直接的であり、コンテンツを正確に翻訳することができます。

さらに、翻訳が世に出る前に、簡単に間違いを発見することができます。AIが搭載されている機械とはいえ、やはり正確な翻訳結果を得るには人間による翻訳が一番ということです。

翻訳の品質

グローバルビジネスに影響を与える翻訳の品質は、翻訳サービスに於いて重要な要素となります。

専門家の助けを借りずにコンテンツを翻訳すると、エラーが発生し、ブランド価値が損なわれる可能性もありますが、機械翻訳にプロフェッショナルな翻訳は期待できません。

ウェブサイト、ブログ、研究論文など、機械では満足のいく結果は得られないのです。

文書によっては特定のトーンやスタイルで高品質の基準を満たす必要があるものもありますが、機械は文体の複雑さを把握した上で、質の高い翻訳を提供することもできません。

機械翻訳された文書は、そこにあまりにも多くの意味合いが含まれているため、読んでも完全に理解できないかもしれません。

以上のことから、優れた翻訳を望むのであれば専門家のいる人間翻訳サービスを利用することが不可欠なのです。

翻訳に掛かるコスト

翻訳サービスを必要とする人の多くは人間翻訳をコストが掛かり過ぎるものと考えており、わずかな金額を節約するために無料のオンライン翻訳ツールを好んで使っています。

しかしこれは正しくはありません。人間による翻訳は、実は機械翻訳よりも低コストなのです。

なぜなら、機械翻訳を使う場合はコンテンツの合理化を図るために編集者や校正者を雇わなければならず、それにはコストと時間が掛かるからです。

しかし専門の翻訳者に依頼すれば、妥当な金額を支払うだけで、予定期間内に一流の結果を得ることができるのです。

グローバルビジネスの拡大に伴ない翻訳サービスの需要も高まっており、翻訳サービスを提供する専門業者も数多く存在するので手頃な料金で依頼することも難しくはありません。

これらのことから、機械翻訳よりも人間による翻訳のほうがコスト面でも優れていることがおわかりかと思います。

人間としての貢献度

こと翻訳に関しては、人間が行なうほうが価値があります。機械に知的シミュレーションが可能であろうと、人間の翻訳者には敵わないのです。

多くの方は、翻訳後の編集や正しいトーン、スタイルに修正することにどれほど時間がかかるかを知らずに、すぐの結果を求めて機械翻訳に頼るかもしれません。

それら修正は、人間の翻訳者であれば簡単にできてしまうことです。翻訳者は最適な表現で誤りのない完璧な翻訳をすることを保証しているからです。

人間による翻訳品質への貢献は、コミュニケーションを向上させ、翻訳されたものを読む人が無理なく理解できるようにします。また、人間による翻訳は、複雑な言語をよりシンプルに理解できるようにもするのです。

翻訳の品質担保

人間による翻訳が信用に値するもうひとつの理由は、その翻訳が認証されたものであるからです。

診断書、研究論文、不動産契約書などの公的書類には証明書が必要ですが、ほとんどのプロ翻訳サービスでは個人または法人として翻訳品質を保証する証明印を押しています。

また、翻訳会社や翻訳者は、翻訳した文書の正確さと真正性を宣言するステートメント(翻訳証明書)も発行、提供しています。

これに対し機械翻訳では認証翻訳ができないため、この点でも機械翻訳より人間による翻訳のほうが優れてることがわかります。

機械翻訳より人間翻訳の方が優れている7つの理由

納品スピード

AIを搭載した翻訳ツールはそのスピードを常に売りにしているため、ユーザーはユーザーは人間の翻訳を面倒で時間の掛かるものと考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。

プロの翻訳会社は通常、約束した納期通りに仕事を完了させる翻訳者を抱えており、最速の納期を保証した上で間違いのない翻訳を提供しています。

翻訳は一流の翻訳者が行なっているので、依頼主は原稿の修正に時間を費やすこともありません。

そのためエラーのない翻訳を得ることができるだけでなく、一流の翻訳が得られるので納品後の修正に時間を費やすことはありません。

したがって最高の翻訳サービスをお探しの場合は、人間の翻訳者がいる翻訳会社に依頼することで明らかに違う結果を得ることができます。

時間を惜しむがあまり翻訳の品質に妥協することはどうかやめてください。

機械自体の最適化の必要性

それぞれの言語には翻訳に注意を要するさまざまな単語がありますが、機械がすべての言語を翻訳し、正確な結果を得ることはかなり困難です。

しかし有資格の人間の翻訳者は、機械よりも早く言語の発展に対応することができます。

これに対しオンラインの翻訳ツールはAI対応なので、プログラマーは定期的にアルゴリズムを更新する必要があり、最適な翻訳結果を得るまでに時間と労力が掛かるのです。

これらのことから、満足できる結果を得ることの難しい機械翻訳は、重要な文書を翻訳する際の最良の選択肢ではないことがおわかりいただけると思います。

最後に(機械翻訳と人間翻訳の長所の組み合わせ)

多くの会社や個人は機械翻訳を好むかもしれませんが、正確な翻訳という点で機械翻訳はあまり効果的ではないため、機械翻訳だけに頼ってブランド価値をリスクにさらさないようにしましょう。

信頼できる翻訳サービス提供会社を探し、大量の機械翻訳を発注することと並行して、機械翻訳後のコンテンツの微調整と編集を行なう、翻訳者のチーム作りを行なっても良いかもしれません。

そうすることで、より良い成果と最適な価格・品質のバランスを実現することができるかもしれないからです。

まとめ

以上、「【人間翻訳】が機械翻訳より優れている7つの理由」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン