プロフェッショナルな成果をもたらす【人間翻訳】の品質的優位性

翻訳外注ノウハウ

人間翻訳のメリットを探ることで、翻訳サービス選びに於ける最良の選択肢を得ることができます。翻訳の品質は、どの翻訳サービスが最適かを判断する重要な指標となるからです。

可能な限り短時間で済む翻訳方法を探し求めた結果、多くの企業が機械翻訳サービスを選択しますが、機械翻訳には内容の正確さや文化的な感性に欠けるところがあるのです。

※本コラムはBureau Works社のコラムを元にお届けしています。

人間翻訳と機械翻訳の違いとは?

人間による翻訳とは、スタイル、トーン、文化的なニュアンスに焦点を当て、精度(品質、正確性)を決めながら、ある言語を別の言語に「人間が」翻訳することを言います。

これに対し機械翻訳は、あらかじめ定義されたパターンを持つアルゴリズムに基づいて翻訳を行なうため、人間味のないストレートな翻訳(直訳、ちょくやく)になります。

機械翻訳は、より多くの資料をより速く翻訳することで企業の生産性を向上させることができますが、翻訳全体の一貫性やまとまりには疑問が残る場合があります。

人間翻訳と機械翻訳のメリット

翻訳プロジェクトに着手する際、人間翻訳と機械翻訳それぞれのメリットを比較することがあるかもしれません。

機械学習は迅速かつ、効率的な翻訳手法として飛躍的に発展してきましたが、機械翻訳の唯一のメリットと言えるのはコストだけかもしれません。

なぜなら、機械翻訳では100%の精度で翻訳することはできず、今日では多くの人がそのことに気付いているからです。

韓国制作の Netflixドラマ「イカゲーム」の急成長は、韓国語から英語へ翻訳した字幕のまずさにより大きな反発を受けることにつながりました。

それは韓国語が堪能なYoungmi Mayer(ヨンミ・メイヤー)氏が、「韓国語がわからなければ、同じ番組を観ているとは言えない」とまで言い放つほどです。

たとえば「何(こちらを)見ているんだ?」という韓国語が、字幕では「どこかへ行け(消えろ)」と翻訳されていたのです。

この間違いに関する何十億本もの動画投稿がなされ、一同がこのエラーに激怒していることからも、人々は正確な(品質の)翻訳を期待していることがわかります。

人間の翻訳者を使えば、言語専門家である彼らが母国語で作業するため、コンテンツはより高品質になります。

コンテンツの翻訳には、細部にわたって工夫が凝らされており、ブランドの評判を損なうような重大な誤りを発見するのに役立つのです。

以下は、人間翻訳の主なメリットです。

正確性

  • 人間による翻訳は、言語専門家である翻訳者が、トーン、読者への配慮、創造性などを考慮しつつ100%の精度(翻訳品質)を保証します
  • 機械翻訳は、 80-90%の精度で一語ずつ翻訳します

人間による翻訳は、不十分な翻訳と読者の新たな理解との間のギャップを埋めるものです。

最新の機械翻訳を使っても、翻訳の精度を確保するためには人間の翻訳者が機械翻訳されたコンテンツの約10%~20%を修正する必要があります。

機械翻訳では不可能な、完璧な翻訳サービスを提供できるのが人間の翻訳者なのです。

費用

  • 人間による翻訳は労働集約型であり、翻訳の品質が高いほどコストも高くなります
  • 機械翻訳はコスト効率が良く、結果が早く出るため、非顧客向け(内部用)の資料には適しています

生産性を維持するために最低限必要な要求を満たす上で最良の費用対効果を導くものではないため、企業はしばしば人間による翻訳サービスから距離を置きます。

そしてその結果として、時間とコストを節約するための主要な方法として機械翻訳が選ばれています。

会社がソフトウェア主導のサービスに費用を掛ければ、それは人間の翻訳者を雇用する以上の費用対効果を生む、つまり人件費の削減につながるでしょう。

たとえばGoogle翻訳なら100万文字あたり20ドル(約2,600円)で有料利用ができますが、自動翻訳する過程で文章の語調や文脈が失われる可能性があります。

ただし翻訳する必要のある文書がお客様(外部)向けでない場合は、機械翻訳で十分な場合もあります。

これに対し人間翻訳は、1単語あたり0.20ドル(約26円)の料金が必要となりますが、コンテンツは可能な限り最高の品質で翻訳されます。

より正確で文化的な理解を得るためには人間翻訳にもっとお金を掛けるほうがよいことは言うまでもありませんが、最終的には言語、テキスト量、どの方法で行なうかによって翻訳コストは決まるものなのです。

文化に関する知識

  • 人間翻訳は、言語学者である翻訳者が彼らの母国語で翻訳し、文化的なニュアンスにも対応します
  • 機械翻訳は、文化的な感性に欠けるため質の高い翻訳には相応しくありません

翻訳の成功は読み手にどう響くかによって決まりますが、文化的な言語の特殊性にも大きく依存します。

たとえばネイティブスピーカーのニュアンスや口調、言い回しなどを考慮する必要がありますが、人間の翻訳者はコンテンツを翻訳する際に、その文化的・地域的な複雑さも考慮します。

一例としてBurrows(バローズ)という苗字について考えてみましょう。

人間が翻訳すればそれが苗字であることは明らかに判断できますが、機械翻訳では「巣穴(Burrows)」と解釈してしまうかもしれません。

そしてその結果翻訳された内容は、人についてではなく、地面に開いた穴についてのものになってしまうかもしれません。

このようなミスは単純な翻訳であれば簡単に修正できるかもしれませんが、もしその内容が自社のCEOの苗字だったらと想像してみてください。些細な翻訳間違いが、企業にとって重大なミスとなるのです。

機械翻訳エンジンは、文脈を完全に理解することができません。結果として機械翻訳では、コンテンツの意味を完璧に訳すことができないのです。

プロフェッショナルな成果をもたらす人間翻訳の品質的優位性

人間翻訳と機械翻訳のペアで質の高い結果を生み出す

人間翻訳と機械翻訳にはそれぞれ多くのメリットがあります。

品質面では人間翻訳のメリットが大きいのですが、翻訳が必要な文書が大量にあり、人間翻訳だけでは対応できない場合があります。

よって翻訳会社の中には人間翻訳と機械翻訳を併用しているところもあります。あくまでも機械翻訳は人間翻訳を補強するものであり、代替するものではありません。

企業が翻訳サービスに求める質は高いため、人間の知能と機械のスピードを統合することが今後の課題です。これが実現できれば、翻訳コンテンツの品質、精度、納期が同時に向上するでしょう。

まとめ

以上、「プロフェッショナルな成果をもたらす【人間翻訳】の品質的優位性」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン