【翻訳をアウトソーシング】すべき理由

翻訳外注ノウハウ

自社のさまざまな媒体を翻訳する必要がある場合、翻訳者を雇うか翻訳サービスを利用(外注)するかという二択になりますが、言うまでもなくふたつめの選択肢にはコストが掛かります。

しかし、大切な文書その他の翻訳という複雑な作業への取り組みには、長期的なコストが掛かることを無視できません。数名の翻訳者と契約すれば済むというものではないのです。

管理負荷の大きさ、品質保証、翻訳するコンテンツとその関係者で構成される複雑なエコシステム、高度な技術統合要求、そして拡大を続けるためのスケーラビリティ(拡張性)という基本的な問題を考慮する必要があるのです。

管理負担の重さ、品質保証、コンテンツと協力者の複雑なエコシステム、高度な技術的統合の要求、そして拡大し続けるためのスケーラビリティという基本的な問題を考慮する必要があるのです。翻訳とローカライゼーションのプロジェクトを進めるには、全体像と色彩を念頭に置いて慎重に検討する必要があります。

※本コラムはBureau Works社のコラムを元にお届けしています。

小規模な組織が翻訳サービスの利用で得ることのできるもの

翻訳にどのように対応すべきかは、あなたが属する組織の規模によって変わります。

取引相手の規模に関係なく私たちは常にこの基本的な問題について考えていますが、いずれにせよ翻訳への取り組みは小規模な組織が大規模なそれへと変貌する原動力となるものです。

まずは小規模な組織に於ける考察から紹介しましょう。

専門性

翻訳は専門職です。ネイティブスピーカーだからといって翻訳者になれるわけではありません。

小規模な組織では、主業務に加えて翻訳の対応までネイティブスピーカーにさせようとしてしまいがちですが、これは効果的な人事管理とは言えませんし、良い翻訳ができる可能性も極めて低いでしょう。

しかし翻訳会社(言語サービスプロバイダ、LSP)と提携すれば、一貫して高品質の翻訳を行なう方法を知る、専門チームを利用することができます。

翻訳会社はお客様の業界や翻訳ツールを熟知しているため、プロジェクトマネージャー、エディター、その他の関係者を含む、チームで仕事をすることができるのです。

品質

社内のネイティブスピーカーに翻訳を任せることの問題は、どんな品質の翻訳になるのかがわからないということです。

それはネイティブスピーカーがあなたを欺こうとしたり、語学力が低いからではなく、彼らが標準語の話者でなかったり、熟考しながら翻訳に取り組んでも対象となる文書が属する分野の最新の専門用語を知らなかったり、自社のブランド、製品、ターゲット市場について十分に理解していないからかもしれないのです。

ただしこれは翻訳を外注する場合も同じで、その課題はどんな翻訳に仕上がるかすぐにはわからないということです。

信頼できる翻訳会社を探す上で参考になるいくつかのサインは次のとおりです。

  • 翻訳者とプロジェクトのマッチング
    • 翻訳者の中には、あなたのプロジェクトに適した人材もいればそうでない人材もいるはずなので、最適な翻訳者とマッチングしてくれるかどうか
  • 根本的な透明性
    • 誰が翻訳しているのか、どんな資格を持っているのかを確認することが出来、プロジェクトの進行状況をリアルタイムで見ることが出来るかどうか
  • 言語資産
    • 一貫性と最適な用語選択は、翻訳品質の特長とも呼べるものですが、それは翻訳メモリ、用語集、スタイルガイド、その他のサポート資料によって実現されるため、それらを有する翻訳会社かどうか

コスト

高品質の翻訳には、それ可能にするツールをサポートするための大規模なインフラと、開発者や管理者など専任の人材が必要です。つまり、莫大な費用が掛かるということです。

よってもしあなたが自社で翻訳専用のプラットフォームを持っていないなら、翻訳会社に翻訳をアウトソースするほうが時間的にも金銭的にも合理的です。

それよりも自社製品とブランドのグローバルな未来に投資することを考えたほうが良いでしょう。正しい方法で投資すれば、その利益が更なる利益につながります。

スケーラビリティ(拡張性)とサステナビリティ(持続性)

組織に対する新たな要求が制御不能に陥り易い成長期は、UX(ユーザーエクスペリエンス、顧客体験)やブランドの評判にとってリスクの高い時期でもあります。

輝かしい新市場に向け、自社製品を第二言語に翻訳するために時間とリソースを費やすことはそのひとつです。

また、継続的に更新される内容を逐次翻訳するためのリソースを維持することや、将来的に見込まれるさまざまな市場や言語に対してこれらすべてを行なうことは別の話ですが、専門家である翻訳会社を利用すれば、今後の新たな需要に対応しながら無理なく移行していくことができます。

【翻訳をアウトソーシング】すべき理由

大規模な組織が翻訳サービスを最大限に活用する方法

大規模な組織は、翻訳作業に於いて生じる一般的な課題を予測し、最初から最適なソリューションを提供できるように準備しておくと良いでしょう。

専門性

翻訳の仕事には大きな波がありプロジェクトは不規則に発生するため、ピークに備えて確保した社内翻訳者をピークが去ったあとも使い続けるのは難しく、またとても不経済です。つまり社内翻訳者を確保する必要はないということです。

必要なのは、主要マーケット毎に言語管理者として活躍するシニア・リンギストの存在です。市場文化に精通すると同時に、製品にも精通している人が必要なのです。

すべての言語にその存在が必要なわけではありませんが、主要なマーケット向けの翻訳が大量にある場合、ミッションクリティカル(任務や業務の遂行に必要不可欠な要素)な問題を即座に判断するために身近に専門家がいると便利です。

そうすればあなたは、翻訳作業やそれに伴う管理の手間も、気持ちよくアウトソーシングすることができます。

品質

大規模な組織のメリットのひとつは、大量の資料によってデータ駆動型の品質保証が可能になることです。

翻訳会社という信頼できる唯一の情報源を得るだけでなく、その他さまざまなアウトソーシングすることのメリットに加え、過去の翻訳という資産の増加に伴ないそれを利用して翻訳の品質を分析することもできます。

新世代のローカリゼーション(翻訳)プラットフォームは、個々の翻訳者が行なった編集の数や種類を評価し、それらのデータを比較可能なスコアに変換することで、きめ細かく進捗状況を把握することができます。

このシステムは翻訳プロジェクトの質的な進捗状況を把握することができるほか、ワークフロー全体を通じて説明責任を果たすことができ、スタイルと用語を管理することでコアとなる資産を管理することもできます。

翻訳メモリのメンテナンスにも安心して携わることができますし、プロジェクトの中で言語担当者のトレーニングやコミュニケーションに携わる人を確保することも可能です。

翻訳アウトソーシングは、あらゆる量のコンテンツにスピードと品質を提供しながらも、お客様がコントロールし続けることができるものなのです。

コスト

翻訳を自社で行なうと多額のランニングコストが掛かる上に、翻訳した結果も疑問視されます。また、技術的なコストは高くつき、翻訳者の採用管理もしなければなりません。

それらを覚悟の上で自社で翻訳を行なうのであれば、正しい理由に基づいて行なう必要がありますが、「やってみればわかる」という甘えは禁物であり、そのような弱い立場には決してならないでください。

あなたはプロとして、自分のワークフローがどうなっているのかを正確に把握する必要があるのです。障害を予測し、翻訳チーム全体を構築して、確実な成果を上げる必要があるのです。

そして優れた翻訳会社は、これらすべてを支援してくれます。

スケーラビリティ(拡張性)とサステナビリティ(持続性)

成長の鍵は柔軟性です。ワークフローの工程は、既存のフローを維持したまま、企業の成長と仕事の増加に合わせて拡張していかなければなりません。

用語集やスタイルガイドを作成・管理し、新しい人材を上記のいずれにも支障をきたすことなく受け入れなければなりません。

経験豊富で迅速な翻訳会社なら、さまざまな追加業務を引き受けるだけでなく、パートナーとしてあらゆる側面をシームレスに拡張できるようにすることができます。

正しいパートナーなら何がうまくいっていて何がうまくいっていないのかを正直に話し、あなた自身が確認できるように透明性を提供してくれるでしょう。

翻訳をアウトソーシングし始めるには

翻訳のアウトソーシングは、大きな信頼の飛躍です。翻訳会社のなかには複雑なプラットフォームを提供するところもあり、お客様は何も見ずにコミットする必要はありません。

また、初めから細かくコミュニケーションを取り、改良し、トレーニングし、学習することで、最先端の翻訳アウトソーシングの仕組みを共にに開発することもできます。

それはお客様の組織独自の目標、製品、ワークフロー、市場をとらえたものであるため、有能で信頼できる翻訳アウトソーシングパートナーは、グローバルな成功を左右する、非常に困難で高度に専門的なタスクからあなたを解放します。

それによりあなたは、自社の魅力をさらに高めるために、自分の重要な強みと責任に集中し続けることができるのです。

翻訳会社は大小さまざまな組織に翻訳サービスを提供してきた長年の経験を有しています。抜本的な透明性を備えた、拡張性のスケーラブルで持続可能な翻訳サービスを是非活用してください。

まとめ

以上、「【翻訳をアウトソーシング】すべき理由」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン