【海外展開】するための6つのヒント

翻訳外注ノウハウ

あなたの会社がどこに拠点を置いていようと母国市場がどれほど大きかろうと、そこには何十億もの潜在顧客とユーザーが存在します。

企業を国際的に展開することは、あなたの会社を次のレベルへ引き上げるために必要な成長戦略かもしれません。

しかし国際的な事業展開には、言葉の壁、文化の違い、グローバルな物流、マーケティングのニュアンス、遠隔地での人材確保などさまざまな課題が伴ないます。

ここではこうしたグローバルな成長の悩みを軽減し、企業が多国籍企業として成功するための6つのヒントを紹介します。

※本コラムはForbesのコラムを元にお届けしています。

戦略的に市場を選択する

Roomiという会社を成長させていく中で、最高品質のカスタマーサポートやサービスなど妥協したくないものがあったため、私たちはこのようなコアバリューを支えてくれる人材と文化のある地域で起業することを特に考えていました。

戦略的に市場を選択するとはつまり、「どこに優れた人脈があるか」「どのようなユーザーベースがあるか」など適切な質問を自分に投げかけることです。

ユーザー基盤はあるか?地元に十分な人材がいるか?その市場を起点として他のローカル市場に進出することは可能か?

私たちが北米以外の最初のオフィスとしてインドのニューデリーを選んだのは、世界で最も人口の多い都市のひとつであり、ダイナミックなレンタル文化や人材が豊富で、私たちのビジネスにとって最適だったからです。

また、そこはインドの他の地域や東南アジアに進出するための足がかりにもなりました。

はじめからフルタイムのチームは必要ない

現実と文化の両面で隔たりがあるチームをマネジメントすることは、決して簡単ではありません。

全員の意見を一致させるには膨大な時間と資源を投入する必要があり、海外にオフィスを構えることはすでに国内で築き上げたものに大きな負担をかけることにもなりかねません。

私たちの会社が軌道に乗り始めた頃、ほぼ一年間は契約社員の助けを借りて運営していました。そのためどのような人材が必要なのか、最終的にどのようなフルタイム勤務が必要なのかを見極める時間ができました。

また、遠隔地の従業員を管理し、時差を越えて協力する方法を学ぶことができました。また、遠隔地でも、ペイドメディア、ソーシャルキャンペーン、SEO、PRを活用することで、現地に足を運ぶことなく、多くの新しい市場で事業を展開できることがわかりました。

つまり、実際に拠点を持たずとも、より広い範囲をカバーすることができたのです。現実的にそれらが必要になるまでは…

弁護士をつける

好むと好まざるとにかかわらず、海外進出のために適切な体制を整えるには優秀な弁護士を確保することが重要です。

手続きは難しく、時間がかかり、書類作成も果てしなく続くように思われるため、進出先の市場の内情に詳しい、優秀な弁護士に依頼しましょう。

また、スムーズな事業立ち上げのためには進出先の現地で優れた法的代理人が必要となりますので、事前に手配しておいてください。

【海外展開】するための6つのヒント

人を派遣する

ある時点からは現地へ赴かなければなりません。

地元の弁護士や従業員候補たちと直接会い、新しいオフィスの家具を購入し、オフィスのグランドオープンを祝いましょう。

あなたの会社のストーリー、ミッション、ビジョンを、あなたにしかできない方法で新しいチームと共有しましょう。すべて直接会って、です。

グローバルな存在感とローカルとの関連性

地域を超えて企業文化を維持することは最も困難な課題のひとつであり、また正面から取り組むべき最も重要な課題のひとつでもあります。

企業が世界中に散らばっている場合は特に会社のDNAが会社をひとつにまとめるものとなるため、機能的な専門知識だけでなくコミュニケーション能力の高い人材を採用するようにしましょう。

理解されることだけに注力するのではなく、ローカル市場に対する洞察力を重視し、現地を理解することに注力しましょう。

たとえば私たちの業界である不動産業界は、国によって市場が大きく異なります。インドでは大家族が家の一室を借りるのが一般的で、そのような部屋を探す仲介システムも存在します。

成功するためにはこのようなことを知り、深く理解する必要がありました。

そのままでいい

新しいチームを育て力をつけさせるために、十分な時間をとるようにしましょう。

彼らにバトンを渡す前に、教え、テストしたいと思うでしょう。なにしろ彼らはこの市場では新顔であるのですから。でも”ヘリコプターCEO “になってはいけません。彼らに失敗をさせ、そこから学ばせるのです。

海外進出によりあなたの会社は成長の痛みを味わう可能性が高いですが、上記のヒントを活用することであなたが想像していなかった場所に行くことができるかもしれません。

まとめ

以上、「【海外展開】するための6つのヒント」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン