【メタバース】は翻訳できるものなのか?

翻訳外注ノウハウ

映画館で映画を見たり、好きなグループのコンサートを見たり、展覧会に行ったり、観光したりするのに、もう家から出る必要がない、完全なデジタル世界を想像できますか?

いつでもアクセス可能な無限の世界、そこであなたは心ゆくまで進化し、なりたい自分になることができるのでしょうか?また、メタバースは翻訳できるのでしょうか?このコラムで調べてみてください。

※本コラムはAT Language Solutions社のコラムを元にお届けしています。

メタバースとは何か?

Meta(Facebook)、Google、Microsoftが全面的に受け入れている、仮想世界の概念であるメタバースとは実際にどのようなものなのか、正確にできるだけ説明してみようと思います。

実はそれは、まったく新しい概念というわけではありません。この言葉はNeal Stephenson氏(ニール・スティーブンソン、米小説家)が、シリコンバレーの起業家にとって必読のSF小説「Snow Crash(スノウ・クラッシュ)」という自らの著書の中で使ったものです。

このコラムでは専門的な内容過ぎてあなたが迷わないように、できるだけ簡単に説明するつもりです。また、メタバースというコンセプトが提供する可能性のいくつかを紹介し、このコンセプトが実現するために何が足りないのか、何が必要なのかを考えてみたいと思います。翻訳ももちろん重要な要素です。

メタバースは、私たちがバーチャルリアリティ・グラス(VRヘッドセット)で接続する仮想世界です。メガネのセンサーが私たちの身体の動きを記録し、実際にその場にいるような感覚になります。

それはまるでそれが現実の環境であるかのように、完全に手に取るようにわかる世界と対話することができるようになるのです。

メタバースはパラレルワールド

現実世界と仮想世界がひとつになるまで、その境界を越えて物理世界に入り込むことがメタバースに期待されていますが、それを野心的過ぎると思いますか?

プラットフォームとしては、ビデオゲーム、カフェ、ナイトクラブ、図書館、オフィス、ショップ、バー、カジノ、モニュメントなど、さまざまなかたちをとるかもしれません。

メタバースは現実世界と同じように多くの機会を提供し、その中で自分たちのビジネスを立ち上げることさえ可能になる、というのがMeta(Facebook)のビジョンです。

これらプラットフォームは単なるコミュニケーションの場にとどまりません。ユーザーが仮想環境と対話できるようになり、よりリアルな没入体験が可能になるのです。

アバター(この世界でのユーザーのアイデンティティ)も、インターネットブラウザが表情やジェスチャーなど、非言語的なコミュニケーションさえも理解できるようにプログラムされており、メタバースは非常にリアルな場所となるのです。

最終的には、人に話しかけ、相手の目をきちんと見て、仮想世界を歩き回ることができるようになりそうです。しかもどこから接続するかは関係ありません。そして、物理的なかたちに縛られることなく、感じたままに自分を表現することもできるようになるでしょう。

メタバースは、コンテンツプラットフォームとして、まだ見ぬ高みへ到達する可能性を秘めています。メッセージやスピーチ、オンラインイベントへの参加、さらには遊びのためのミニ仮想世界を作ることもできるようになるでしょう。

しかし、誰もが交流できるメタバースに接続できるようになるにはまだ程遠いというのが現状です。仮想空間はもちろんですが、そこに接続するための技術も発展させる必要があります。そしてそれが実現した暁には、誰もがアクセスできるようにするという技術も必要になります。

ユーザーが仮想世界に接続するために必要な開発すべてをいくつかの企業が始める、という話を今後数年の間に間違いなく耳にするでしょう。

これは確かに面白いコンセプトで、企業にとって多くのビジネスチャンスをもたらすものです。時間の経過とともにそれがかたちになっていくのがきっとわかることでしょう。

メタバースは翻訳できるのか?

パンデミックのせい(あるいはおかげ)で、私たちは新しいテクノロジーを使うことにますます慣れてきました。

新しいテクノロジーはすべて時代とともに進化しており、多くの企業にとってメタバースは、現実の限界から自らを解放し、まだ未踏のフロンティアを切り開く鍵を握っているのです。

インターネットに続く、グローバルな情報交換ネットワークの未来は、間違いなくメタバースにあります。そして数年後には、企業も人もその一員であることが求められるでしょう。

このような見通しから、仮想世界のローカライゼーション(現地最適化)は、どのマーケットで販売する場合でも成功するために不可欠な工程となるでしょう。

メタバースを翻訳することはもはやオプションではありません。この仮想世界にコミットしている地球上のすべてのハイテク企業にとって、ローカライゼーション(現地最適化)は義務なのです。

そしてもちろんメタバースはユーザー体験が最も重要な場所ですから、完全な翻訳とローカライゼーション(現地最適化)によってユーザーに現実的でやりがいのある体験を提供することができるのです。

【メタバース】は翻訳できるものなのか?

メタバースに必要なのは翻訳かローカライゼーションか?

翻訳とは、テキストの内容をある言語から別の言語に変換することですが、ローカリゼーション(現地最適化)にはさらに文化的な側面があり、製品やサービスを特定の市場に適応させ、それぞれの国の文化を優先させることが含まれます。

アプリやウェブサイトのローカライズ(現地最適化)を担当する翻訳者は、言語や翻訳の対象となる分野の専門家であるだけでなくマーケティングのバックグラウンドも持っているため、ターゲット市場でプラットフォームを魅力的にし、事前の市場調査に基づいてマーケティングを行なうためのスキルを備えています。

ローカライゼーション(現地最適化)では、グラフィック、スローガン、フォーマット、色彩などを適合させるため、PRしたい内容すべてを分析、再構築することになります。

たとえばスペインでデザインされ、スペインの視聴者をターゲットにしたメタバースは、他の国では問題があるかもしれません。

フォーマット、グラフィック、メッセージを翻訳し、様々な文化に適応させなければ勝利を得ることはできないのです。

ローカライゼーションの計画と実行をしっかり行ない、確かな実績を持つ翻訳会社が管理すれば、仮想世界を完璧に再現し、あらゆるターゲット文化に適応させることができるでしょう。

メタバースで勝利するためにも翻訳する


私たちは今、仮想現実ブームの入り口に立っており、企業は国際市場でその恩恵を受けるためにも準備をする必要があります。

さらに、当該分野の開発と高度に洗練された製品によって仮想現実は長編映画に匹敵するものとなり、大作映画にふさわしいストーリーと台詞も備えているため、どの言語でも全く同じメッセージが伝わるようにローカライズ(現地最適化)する必要があります。

メタバースの翻訳は一見複雑で、開発者は製品を他国の市場に投入する前に考慮しなければならないことなのですが、国際的に成功することを望むのであれば、質の高いローカライズ(現地最適化)が鍵になります。

そして、そのような品質を得るためには、マーケティング翻訳やオーディオビジュアル(音声映像)ローカリゼーションで実績のある翻訳会社と仕事をすることが唯一の選択肢となるのです。

まとめ

以上、「【メタバース】は翻訳できるものなのか?」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン