【機械翻訳と人間翻訳】勝つのはどっち?

翻訳外注ノウハウ

翻訳はある言語から別の言語へ伝達するための重要なツールであり、個人が異文化や伝統を理解するためだけでなく、企業やブランドの海外進出にも役立っています。

グローバル化した現代社会では、国境を越えて存在し、コミュニケーションを行なうことが非常に重要です。この拡大とコミュニケーションに於いて、テクノロジーは重要な役割を担っています。

機械翻訳(自動翻訳)や人間翻訳では、人工知能(AI、Artificial Intelligence)や機械学習(ML、Machine learning)などの技術を使い始めています。AIとMLは、私たちが迅速かつ、費用対効果の高い翻訳を得るために役立つツールの改善に貢献しています。

このような翻訳分野の新たな発展に伴い、機械翻訳(自動翻訳)と人間翻訳の違いについて議論することはとても有意義なことです。

なかでも、機械翻訳(自動翻訳)と人間翻訳のどちらが優れているかというのは最も顕著な問題ですが、人間の翻訳が古くからある一般的なものであるにもかかわらず今でもその地位を保つ一方、機械翻訳(自動翻訳)もある程度にレベルに達しつつあります。

また、世界中で話されている6,500近い言語に於いて、機械翻訳(自動翻訳)がまださまざまな挫折を味わっている一方、人間の翻訳者は方言、アルファベット、文法規則、その他様々なニュアンスについて、詳細な知識を持っていることも事実です。

※本コラムはLinguidoor社のコラムを元にお届けしています。

人間翻訳とはなにか?

機械ではなく、人間の翻訳者が翻訳作業を行なうことを人間翻訳といいます。最も信頼性が高く、正確な翻訳形態である人間翻訳は、最も古い翻訳形態であり、最も正しい翻訳形態です。

人間翻訳は、ターゲットとなる言語とその領域に於いて非常に特殊です。古代以来、多くの本、資料、文書は人間によって異なった言語に翻訳されてきました。

機械翻訳(自動翻訳)が活況な今日この頃ですが、依然として人間翻訳が、ユーザーマニュアル、製品情報、ウェブサイト、個人的な文書、雑誌、手紙および、広告のような内容や文書を翻訳する最も良い方法であることに変わりありません。

ビジネスや専門的な用途なら特に、人間翻訳を使う必要があります。なぜなら、機械翻訳(自動翻訳)は人間の翻訳者のような理解と崇高さを以て文書を翻訳するほど高度ではないからです。

機械翻訳(自動翻訳)単語から単語へ単純に変換することに対し、人間翻訳は文章の意味を解釈しながら翻訳することができます。

人間翻訳の力を以てすれば、テキストやコンテンツの正しい内容を理解することは非常に簡単なのです。

人間翻訳の重要性とメリット

正確さ

人間翻訳は正確さを求めて行なわれるものです。近頃は機械翻訳(自動翻訳)でも70-75%の精度を保つことができるようになりましたが、完全かつ100%正確な翻訳を実現するのは、人間翻訳だけなのです。

文脈を読む

機械翻訳(自動翻訳)は常に単語単位で翻訳を行ないますが、より適切な翻訳、文脈に沿った翻訳を行なうためには人間翻訳が必要です。

適合性

ターゲットとなる国の人たちに最適な翻訳を行なうことは、機械翻訳(自動翻訳)にはできません。十分な品質を確保し、ターゲット国の人たちが理解できるコンテンツの提供には、ネイティブの人間翻訳が欠かせないのです。

語調

ターゲットの言語に最適な語調で翻訳で行なうことは、機械翻訳(自動翻訳)にはできません。それは人間翻訳にだけできることです。機械翻訳(自動翻訳)は単に内容を翻訳することはできますが、人間翻訳なら感情までも翻訳することができるのです。

機械翻訳(自動翻訳)とはなにか?

人工知能(AI、Artificial Intelligence)や機械学習(ML、Machine learning)を使ってコンピューターが行なう翻訳を機械翻訳(自動翻訳)と呼びますが、それはユーザーが元の言語と翻訳後の言語を設定して行なうというもっともシンプルな翻訳方法です。

なかでも、AIが組み込まれたソフトウェアが、さまざまな事例を元に自己学習するものはニューラル機械翻訳と呼ばれています。

機械翻訳(自動翻訳)は単純な単語から単語へ変換につき、著名な翻訳や専門的な翻訳はすべて人間翻訳で行なわれます。

機械翻訳(自動翻訳)の種類

機械翻訳(自動翻訳)にも次のようにさまざまなものがあります。

機械翻訳(自動翻訳)vs 人間翻訳

翻訳という仕事は、何世紀にも渡り様々な変遷を経てきました。

大きな変化を遂げたのは1990年代に機械翻訳(自動翻訳)が導入されたときで、これにより機械と人間が共存を始めましたが、この進化も「機械は必ず間違いを犯すものだ」という低いレベルのものです。

機械による翻訳は、常に人の手によって修正され、抜けがないようにしなければなりませんが、翻訳の対象として昔からもっともその量が多いビジネス文書の翻訳では、誰もそれに時間が掛かることを望んでいません。

機械翻訳(自動翻訳)と人間翻訳の競争では常に人間翻訳が相手を上回っていますが、それは人間がメッセージを明確にした上で、適切な量の感情を翻訳に効果的に取り入れることができるからです。

機械翻訳(自動翻訳)が失敗する理由

機械が翻訳するのは「言葉」であり「思想」ではないから

機械翻訳(自動翻訳)はアルゴリズムに支えられており、一定のコマンドに従って文章を翻訳しますが、それは言語的なバックグラウンドを持たない人たちによって作られた用語集と文法規則に基づいたものです。

翻訳は非常に複雑なプロセスであり単なる単語の変換ではありませんが、機械翻訳(自動翻訳)は往々にして人間味に欠け、翻訳すべき文章の文脈を正しく理解できないことがあります。

一方、人間翻訳は、言葉の裏にある正しい考えや感情を容易に理解することができます。

機械にはミスの識別と修正ができないから

人間翻訳ならミスを見逃すことはありませんが、機械翻訳(自動翻訳)ならでしょうか。機械翻訳(自動翻訳)しばしば間違いを見落としたり、ただ別の言語に置き換えるだけだったりします。

人間翻訳とは異なり、機械翻訳(自動翻訳)はエラー(間違った用語、間違った文章、意味上のエラー)を識別したり修正したりすることができません。

しかし人間翻訳ならそのような誤りを見過ごさず、必要な語調に修正します。なかには特定の誤字を修正できる機械翻訳(自動翻訳)もありますが、翻訳に正確さを求めるならそれに頼るのは賢明ではありません。

機械翻訳(自動翻訳)には感情がない

マーケティングや広告など、感情を引き出す文書はその価値を高めるための特別な言葉で綴られているため、マーケティング文書の翻訳はしばしば「トランスクリエーション」と呼ばれる、非常に特殊なアプローチを必要とします。

ゆえに人間翻訳では、文章に含まれる感情や文脈の意味を確実に表現するために、文章を再構築しながら翻訳することがよくあります。

なかでも、もっとも高い品質が求められるマーケティング文書に取り組む翻訳者は、原文に使われている言語と翻訳後の言語、両方の深い知識を持っています。

一方、これに対する機械翻訳(自動翻訳)改善のための統計的な修正も、残念ながら問題の解決には至らず、ただその悲惨な結果を強調することになってしまっています。

機械翻訳(自動翻訳)では適切に変換できない

翻訳変換の欠落

翻訳者は様々な具体的変換理論を用いて最終的な翻訳文を導き出しますが、その理論には構文や文法、文末の意味論や語彙などさまざまな側面が含まれています。

文章とその背景の意味との関連付けに役立つため、翻訳作業に於いてはこのような深い側面が非常に重要なのですが、機械翻訳(自動翻訳)では一般的な人工知能を以てしても適切な変換を行うことができません。

経験豊富な翻訳者が、知的努力によって深い分析を行ないながらするのが人間翻訳ですが、これによってようやく海外のお客様を相手に、正しい翻訳を行ない正確な情報を伝えることができるのです。

機械翻訳(自動翻訳)には同音異義語の区別ができない

私たちは皆、同音異義語、その使い方、使用される文脈について知っています。しかし、機械翻訳(自動翻訳)では、文脈から外れて間違って翻訳してしまうことが多く、文章の意味が変わることがあります。

翻訳者は通常、同音異義語の実際の意味を突き詰めて考えます。機械翻訳(自動翻訳)でも同音異義語は拾えますが、そこには必ず一定の誤差が生じるのです。

機械翻訳(自動翻訳)に使われているアルゴリズムは、言語間の差異を考慮して作成されていないためしばしば深刻な誤解を招くことがあるのです。

機械翻訳(自動翻訳)では翻訳できない言葉がある

言語によっては、他の言語に翻訳できない、該当するものがない場合があります。より正確に言うと、そこには特定の言語に限定された、ローカルで文化的なアイデンティティを持つ用語があるということです。

機械翻訳(自動翻訳)はこの点に於いて能力不足なため、それが不完全で無意味な翻訳の生成につながることがあります。

しかし熟練の翻訳者は、言葉の文脈を説明するためにトランスリタレーション(Transliteration、文字転写、翻字字訳音訳)をしばしば採用し、本来の意味が対象読者にゆがめられることがないようにします。

このように、機械翻訳(自動翻訳)と人間翻訳は、効率的でシームレスな翻訳を提供するという点で異なるのです。

機械翻訳(自動翻訳)新しい言葉を生み出せない

技術の進歩に伴い毎月のように新しい発明がなされています。これらの最新技術にも一般的な用語が存在するため、それらを常に世界中の言語に翻訳する必要が生じますが、もし翻訳する言語に適切な用語がなかったら、この翻訳は大変な作業となります。

機械翻訳(自動翻訳)では、最新の用語を反映した翻訳が行なえないことがよくあります。しかし人間翻訳なら、いくつもの参考文献や調査を経て、専門用語毎に言葉を作り出すことができます。

人間翻訳を用いることで、機械翻訳(自動翻訳)に比べてより明確な表現が可能になるということです。

機械翻訳(自動翻訳)では相互接続が欠如する

ハイエンドの法律文書は多くの場合、相互に関連する単語で構成されていますが、これらの単語と後続の単語との位置関係は、文章全体の意味にとって非常に重要です。

単語を理解するには、その単語が置かれている文脈を完全に把握する必要がありますが、機械翻訳(自動翻訳)は文章とその意味を理解する能力が不足していることが多いのです。

プロの翻訳者はそれぞれの単語を詳細に分析します。文章に含まれる単語の間には、本質的な相互関係がなければならないからです。

機械翻訳(自動翻訳)では文学的な美しさに欠ける

表現力豊かな高い品質の文章と、それに準じた正しいメッセージを提供することはそれ自体が美ですが、人間翻訳には機械翻訳(自動翻訳)にはない、感情を駆り立てるような比喩を含めることができます。

経験豊富な翻訳者なら、原稿と同じような感情を漂わせながら正確に翻訳することができるのです。

機械翻訳(自動翻訳)はある種の可能性を持っていますが、翻訳文の持つ情緒的な側面を反映する能力が欠落しています。一方、人間翻訳はこういった点にレバレッジを掛ける翻訳を昔から得意としています。

機械翻訳(自動翻訳)は代替品に過ぎない

機械翻訳(自動翻訳)技術の発達を背景とした多言語人口の増加により、翻訳の栄誉は失われつつあります。今や言語の知識があれば、誰でも翻訳を行うことができる時代となったのです。

しかし実際には、翻訳はまだかなり専門的でプロフェッショナルな分野であり、機械翻訳(自動翻訳)に用いられた高度なアルゴリズムを以てしても、人間の翻訳の美しさに代わることはできないのです。翻訳にはある分野の専門知識、ある種のスキル、そして膨大な経験が必要なのです。

機械翻訳(自動翻訳)は日々進化し、人間の翻訳と肩を並べる存在になりつつありますが、機械翻訳(自動翻訳)の最も顕著な問題は、単語から単語への置き換えに過ぎないという点です。

機械翻訳(自動翻訳)したものは、意味が明確でなかったり、複数の意味や文脈を持つ言葉が使われていることが多いのです。

翻訳とは、機械が分析し、書き起こしたものよりもはるかに深いものです。そこには機械では拾いきれない、複数の語調、言語的ニュアンス、複数の慣用句が存在するのです。

最後に

機械翻訳(自動翻訳)は正確な翻訳を行なうための、長い道のりを歩んできましたが、そこには確かに、悲惨な結果につながりかねない多数の懸念が存在します。

ビジネス分野では、海外の顧客と取引する際に翻訳は非常に重要です。機械翻訳(自動翻訳)によるミスは、あなたのブランド価値を危難に晒すことになります。

ビジネス文書やウェブサイトに正確で表現豊かな翻訳を求めるなら、人間翻訳を利用するようにしてください。人間翻訳なら、機械翻訳(自動翻訳)が犯しがちなミスで、お客様の信頼を失うことはありません。

機械翻訳(自動翻訳)と人間翻訳を比べるときは、より手間がかからず、結果が保証される方法を選ぶことを強くお勧めします。

まとめ

以上、「【機械翻訳と人間翻訳】勝つのはどっち?」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン