ビジネスに【翻訳が与えるインパクト】

翻訳外注ノウハウ

交通、通信、テクノロジーの発達により、国際的な商取引はますます盛んになり、ほとんどのビジネスがグローバル化されています。これほどまでに文化や言語が重視される時代はかつてありませんでした。

Common Sense Advisoryの調査によると、英語を話せない人の約90%が「英語のみのウェブサイト」からは購入しないそうです。つまり、あらゆるビジネスに於いて翻訳サービスが不可欠になっているのです。

国際的に展開しているビジネスが海外市場で競争力を持つためには、ターゲットとなる国で話されている、現地の言語で製品やサービスを提供する必要があるのです。

※本コラムはDay Translations社のコラムを元にお届けしています。

理解を深めることを優先する

ターゲットとするマーケットは、たとえ近い国同士であっても異なるものです。たとえお客様が第二言語としてあなたの母国語を話していたとしても、あなたを理解することはできても、あなたのビジネスに対するロイヤリティやイメージは危険にさらされる可能性があるのです。

あなたがあなたの母国語で伝えようとしていることを理解するためにおそらく、彼らは多くの時間を割かねばならなりませんが、説明書や製品・ラベル、広告・マーケティング資料、ウェブサイトのコンテンツなどを彼らが理解し易いように工夫しなかったがために、彼らは自分たちが二流のお客様として扱われているように感じてしまう可能性さえあるのです。

だから外国人のお客様の感性を理解することが重要なのです。そうしなければ彼らに不満を抱かせることになってしまうのです。企業がお客様の立場に立ち、ターゲットとするマーケットのネイティブのような感覚で、製品やサービスを完璧に翻訳することが不可欠なのです。

なぜ翻訳が重要なのか?

大企業は皆、翻訳の重要性について知っています。Fortune500に掲載されている企業のホームぺージを見れば、すべてが多言語対応されていることがわかると思います。

そして彼らは、さまざまな言語を話すお客様に対応するために、言語能力の高いスタッフを雇用している可能性が高いです。そうすることによりこれらの企業は、翻訳のおかげで株主や消費者の期待に応えることができるのです。

さまざまな企業が、国内外から届く原材料によって製品を製造することができています。自国内にも、労働者や生産者の中にはさまざまな言語を話す人がいる可能性があるのです。

大企業が世界中に製品を販売できるのは、母国とは異なる言語を話す労働者とのコミュニケーションが、翻訳によって可能になっているからです。

企業経営は、規模が大きくなればなるほど複雑になります。グローバル化が進むにつれ、世界中の従業員とコミュニケーションがとれなくなり、監督不行届となる事態に陥り易いのです。

ビジネスに【翻訳が与えるインパクト】

相互接続と相互依存

グローバルに事業を展開する組織であれば、複数のエグゼクティブが現地の支店を巧みに担当し、現在の需要にビジネスを適応させ、刻々と変化するビジネスに前向きに対応できるでしょう。

翻訳は、投資を必要とする重要な分野のひとつであり、長期的に取り組むべきものです。翻訳は、ビジネスプロセスの相互接続と相互依存を促進するものなのです。

世界中にオフィスやチームがある場合、それらとコミュニケーションをとることが必要です。誰もが英語を話せるわけではないので、トレーニング教材やソフトウェア、すべてのビジネスコミュニケーションは、現地の従業員が理解できるように翻訳する必要があるのです。

昔はメーカーが調達に利用するサプライヤーの数も限られており、その多くはメーカーと同じ言語を話すサプライヤーでした。しかし翻訳の力を借りることにより、購買部門はより多くの原材料の調達先にアクセスし、言語の違いのせいで以前は手が出なかった、より良いサプライヤーにコンタクトすることができています。

企業ブランドの準拠と国際化

ブランド名、製品情報、マーケティング資料、その他すべての文書をターゲット市場の現地語に翻訳することで、あなたの企業ブランドと会社は国際化されます。同様に、翻訳によって現地の法律、文化、信念、伝統に準拠することができます。

情報をローカライズ(現地最適化)することで、ターゲット国現地での存在感を確立することができます。翻訳することで現地の消費者になじみのあるスタイル、意味、トーンで語りかけることができ、すべての関連資料はターゲット消費者毎に最適化されたものになります。

低品質な翻訳の悪影響

100%人間翻訳することにより、正確さと文化的な配慮がなされた翻訳が重要です。それにはプロフェッショナルで、経験豊富な人間翻訳サービスプロバイダ(翻訳会社)と協力することが重要です。彼らは適切な言語の知識を持ち、ターゲット国の文化をより深く理解しているからです。

低品質な翻訳がもたらす法的な悪影響は計り知れません。企業ブランドにマイナスのイメージを与える可能性もあり、結果的に顧客を失うか、ターゲット国で笑いものになる危険性があるのです。

もしあなたの会社が食品や医薬品を扱っている場合、誤訳(翻訳の間違い)は顧客を危険にさらすことになります。ターゲットのマーケットに関する正しい知識がなければ、文化的な配慮がなされていなかったり、現地の法律や習慣、規制を破ったりする危険性があるのです。

意図的に誰かを怒らせたり、消費者を遠ざけたりすることは避けたいものです。だからこそ、あなたのビジネスのためにはプロの言語サービスプロバイダー(翻訳会社)が翻訳を行なう必要があるのです。

翻訳サービスの利用は、より強く、より良い文化的理解を促進するための、長期的な企業投資です。プロフェッショナルな翻訳を行なうことで、さまざまな層の人々とうまく関わることができるようになります。

消費者が理解できる言語で、適切な情報を提供することで、製品や消費者を大切にする企業と見なされるようになるのです。

まとめ

以上、「ビジネスに【翻訳が与えるインパクト】」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン