【良い翻訳】とは何なのか?

翻訳外注ノウハウ

翻訳とは、ある言語から別の言語へ、書かれたコンテンツをレンダリング(演出、解釈、判読)するプロセスです。しかしすべての翻訳が良く、また正確であるわけではありません。

翻訳されたコンテンツが原文と同じ意味と意図を持ち、誤りや欠落のない、正確なものであること。そして元のコンテンツと同じように、正しいトーンと心情を再現できていること。

良い翻訳とはこれらを実現した、資格と経験のある翻訳者の存在に依存するものなのです。

※本コラムはSTAR UK社のコラムを元にお届けしています。

翻訳で最も大切なこと

良い翻訳に最も重要なのは、元のコンテンツと同じ意味と効果を持つことでしょう。どの言語でも、ちょっとした変更でコンテンツの意味が全く変わってしまうことがあります。ビジネスシーンでは特に、重要な情報や統計を翻訳する場合にこれが不利になる可能性があります。

ですから何よりも先に、良い翻訳とは元のコンテンツと同じ意味を持つものでなければならないのです。そうしないと、翻訳された後に無意識のうちにまったく違うことを言っている可能性があるのです。

技術的な正確さは文章の正確な意味に結び付いています。これらもまた優れた翻訳の重要な要素です。これはコンテンツの細部に至るまで適用されることです。一つひとつの単語が正しく、正確な意味を持つだけでなく、文法もすべて正しく、適切な場所にある必要があります。このような小さなことを見逃してしまうと、コンテンツの意味が全く変わってしまうのです。

だから良い翻訳をするためには、細部へのこだわりはもちろん、翻訳する前と後、両方の言語に関する、完全で深い知識が必要です。技術的な正確さと意味の正確さが合わさって良い翻訳を生み出します。そしてそのプロセスにはさらに多くの、必要なことがあるのです。

トーン オブ ボイス(口調)

良い翻訳とは、元のコンテンツと同じトーン(調子)やスピリット(心情)を捉えることです。これは出版用に翻訳されるコンテンツでは特にそうです。トーン(調子)は多くの点で意味と同じくらい重要です。

元の文章と同じトーン(調子)の翻訳をすれば、あなたの言葉はどの読者にも全く同じ影響を与えることになります。オリジナルのコンテンツが感動的であっても、翻訳されたコンテンツが退屈でやる気をなくさせるようでは困るのです。

さらに、翻訳者が元のコンテンツの作者であることはほとんどありません。ですから、良い翻訳とは翻訳する前の文章の著者の調子や声を再現することです。これにはある程度のスキルが必要です。ですから、優秀な翻訳者に投資する(相応の対価を支払う)必要があるのです。

【良い翻訳】とは何なのか?

翻訳者

良い翻訳をするためには、良い翻訳者が必要です。そして最高の翻訳者ならここで紹介したすべてのことができるはずです。経験や資格の豊富な翻訳者を選べば、良い翻訳ができる可能性が高くなります。

外国語に堪能な人であれば誰でもいい、ともしかしたらお考えかもしれません。しかしそれでは不正確な翻訳になる可能性があります。また、技術的には正確でも、コンテンツの本来の意図やトーン(調子)が反映されていないものもあるのです。

プロの翻訳者は、あなたのコンテンツを正確に再現する経験と能力を持っています。技術的に正確な翻訳ができても、元の文章と全く同じトーン(調子)と意味を保つのは難しい場合がありますが、優秀な翻訳者ならそのバランスを上手くとることができるはずです。

これら必要な要素がすべて満たされていると、翻訳したものとはわからない文章に仕上がります。それはまるで、そのコンテンツがもともと翻訳後の言語で書かれたかのように思えるものであり、それが良い翻訳です。

良い翻訳であれば、ネイティブスピーカーが読んでも、その内容が翻訳されたものであることを意識させることはないでしょう。翻訳した後の言語の読者とのコミュニケーションは、良い翻訳によって自然で簡単に感じられるはずです。

なぜ良い翻訳が必要なのか?

優れた翻訳は重要です。特にそれが、グローバル規模で相互接続を求めるための、ビジネスの重要な要素である場合はなおさらです。世界のさまざまな地域が相互に関連し合うようになるにつれ、コミュニケーションもできるだけ容易にできることが重要になっています。ゆえに最も成功するビジネスとは、最高の翻訳を成し得たものなのです。

つまり、良い翻訳を実現するためにはいくつものレイヤー(階層)が必要なのです。元のコンテンツと同じ意味、トーン(調子)、心情を伝える必要があるのです。これは著者の面影を保持するためにも重要です。また、元々意図されていたことと同じ目的を果たすことも重要です。

理想は、翻訳されたものを読んでいると読者が気付かないようにすることです。良い翻訳とは、読者には気付かれないものです。そして、良い翻訳者にはそれが実現できるのです。

まとめ

以上、「【良い翻訳】とは何なのか?」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行ないます。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン