言語は単なるコミュニケーションのための媒体ではありません。それは社会と文化を結びつける織物なのです。

ネルソン・マンデラの言葉を借りれば、「相手が理解できる言語で話しかければ、それはその人の頭に届く。相手がいつも使っている言語で話しかければ、それはその人の心に届く。」なのです。

グローバル展開においては、ビジネス言語とは何かを理解することが最も重要です。

母国語でさまざまな市場とコミュニケーションし、つながることは、状況を大きく変える可能性があるのです。

また、それは非効率な取引だけでなく、永続的な関係を構築するのにも役立ちます。

簡単に言えば、多様な地域におけるビジネス言語は何か、を理解することは国際貿易の要だということです。

だからもしグローバルな事業展開を計画しているのであれば、最適なビジネス言語の習得に時間を費やす必要があるのです。

※本コラムはRapid社のコラムを元にお届けします

海外ビジネス言語とは?

海外ビジネス言語とは、グローバルなビジネス環境を支配する主要言語のことです。

単一の言語に限定されるものではなくそれには、ビジネス界で広く受け入れられている様々な言語が含まれます。

これらの言語は架け橋として機能し、異なる言語的および、文化的背景を持つ企業間のよりスムーズな取引、交渉、およびコミュニケーションを促進します。

なぜ海外ビジネス言語が重要なのか?

  1. 効率的なコミュニケーション
    • 海外ビジネス言語を理解することで、利害関係者、顧客、パートナーとの明確かつ、効率的なコミュニケーションが可能になります
    • 調査によると、語学コースを修了した社員の70%が、仕事やチームでの交流に自信を持てるようになったと感じています
  2. より大きな市場へのアクセス
    • 国際的なビジネス言語でコミュニケーションをとることで、企業は広大な市場に参入し、多様な顧客を引き付け、収益性を高めることができます
  3. 信頼性の向上
    • 顧客やパートナーの母国語や、海外ビジネスで広く使われている言語に堪能なことを示すことで信頼性が高まり、信用が醸成されます
  4. 文化への配慮
    • 基本的な海外ビジネス言語の知識は、文化的なニュアンスに対する洞察を得ることにもつながるため、より効果的なマーケティングキャンペーンを実現し、ビジネス上のやりとりにおけるミスを減らします

海外市場向けに学ぶべきグローバルビジネス言語ランキング

海外市場向けに学ぶべきグローバルビジネス言語ランキング
世界でもっとも話されている言語(2023年時点、単位は百万)
引用元:https://www.statista.com/statistics/266808/the-most-spoken-languages-worldwide/
  1. 英語
    • ビジネスの国際言語とよく呼ばれる英語は、比類ない重要性を持っています
    • ビジネス・コミュニケーションに関するハーバード・ビジネス・レビューの記事によれば、グローバル・ビジネスは英語で語られるといいます
    • 北米、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアやアフリカの一部といった地域で支配的な英語は、世界的な影響力を持っています
    • 2023年時点で、世界の約15億人が英語を母国語とするかまたは、第二言語として話すようになると言われています
  2. 北京語
    • 東洋の経済大国である中国は、主に北京語でコミュニケーションを行っています
    • 主に中国、台湾、シンガポールなどの地域で話されている北京語の重要性は、どれだけ強調してもしすぎることはありません
    • 10億人以上のネイティブスピーカーが話すこの言語は、アジアで最も価値のある言語のひとつであり、ビジネスで学ぶべき言語です
  3. スペイン語
    • スペイン語は、特に西半球において強力な商業言語です
    • スペイン、ラテンアメリカの大部分、そしてアメリカ合衆国の広大なコミュニティなど、スペイン語を話す人は5億8500万人を超えます
    • 欧米市場への参入を目指す企業にとってスペイン語は極めて重要です
  4. アラビア語
    • 膨大な石油埋蔵量と急速に拡大する市場を持つ中東では、主にアラビア語が話されています
    • 3億8,000万人以上の人々が話すアラビア語の重要性は、中東のみならず北アフリカの一部にも及んでいます
    • 海外ビジネス言語であるアラビア語は、多くの中東市場を切り開く鍵となります
    • サウジアラビアはMENA地域で最大の自由市場経済国のひとつであり、大きく成長する市場、教育水準の高い労働力、恵まれたビジネス環境を備えています
  5. フランス語
    • 外交言語であるフランス語は、常に洗練さと優雅さを連想させる言語です
    • フランス語はフランス、カナダの一部、多くのアフリカ諸国、カリブ海諸国で主に使用されており、世界中で約 2 億 2,000 万人が話しています
    • そのためフランス語は、ビジネスに最適な言語の上位にランクされています
  6. ドイツ語
    • 中央ヨーロッパの力強い経済を代表するドイツ語は、主にドイツ、オーストリア、スイスで話されています
    • ドイツはヨーロッパ最大の経済大国であるため、当然ながらドイツ語はビジネスに不可欠なものとなります
    • 9,000 万人以上のネイティブ・スピーカーが、ヨーロッパ貿易におけるドイツ語の重要性を証明しています
  7. ポルトガル語
    • スペイン語の影に隠れがちですが、ポルトガル語は実は南半球で重要な言語です
    • 新興大国であるブラジルに加え、ポルトガル本国はもちろんアフリカの一部など他の国々でもポルトガル語が話されているため、国際貿易にはポルトガル語が不可欠です
  8. ヒンディー語
    • 急成長する経済とテクノロジー主導の市場を持つインド亜大陸では、主にヒンディー語が話されています
    • インドとネパールの一部ではヒンディー語が主流であり、3億4,000万人以上の人々が話しています
    • ヒンディー語は、事業拡大の可能性を秘めたインドを活用したい企業にとって、重要な国際ビジネス言語となっています

以上、急速にグローバル化する世界では、ビジネスの国際的な微差を理解することは有益であるだけでなく、不可欠なのです。

「言語の壁」がグローバル ビジネスに与える影響

効果的なコミュニケーションは、複雑なグローバル商取引の世界で成功するための鍵です。 しかし「言葉の壁」が大きな障害となり、誤解や誤解を招き、チャンスを逃すことも少なくありません。

一例として、ドルチェ&ガッバーナは同社製の豪華なドレスを着たアジア人女性が、男性の声による食べ方の説明を受けながら、箸でピザ、スパゲッティ、カンノーロ(イタリアのペストリー菓子)を食べるという一連の広告をソーシャルメディア上に掲載しました。

すると消費者はこの広告を非難し、同社ブランドを完全にボイコットするよう求める声まで上がり、政府も介入しなければならなくなるほどの事態に発展してしまったのです。

「言語の壁」は、特に正式な取引よりも個人的な信頼関係を優先する文化においては、ビジネス取引の基礎となる「関係構築」を妨げる可能性があります。

世界的なマーケティング代理店であるジョージ・P・ジョンソン(George P. Johnson)社のセールスおよびマーケティング担当上級副社長であるスコット・ケルナー(Scott Kellner)氏は次のように述べています。

「文化と人々の日々のコミュニケーション方法を研究し、マーケティング対象の文化の内外に熟知した人材をチームに確実に配置して、あなたのメッセージが、より共感を呼ぶ方法で解釈されるようにすることが不可欠です。動揺している場合ではなく」。

まとめ

以上、「海外ビジネスに必要な言語とは?」でしたがいかがでしたでしょうか。

当社は翻訳の目的や、翻訳する文書の特徴、性質などを正しく理解、見極め、相手国の文化的背景を念頭に、ホームぺージや契約書、取扱説明書、プレゼン資料、リリース、ゲーム、アプリその他あらゆるビジネスで必要なドキュメント、テキストの「プロ翻訳者による翻訳」を、英語を中心に世界120か国語で行います。

高い品質が求められる外国語対応や翻訳についてもしお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。受付時間 10:00 - 18:00 [ 土日祝除く ]

お問い合わせ 別ウインドウで開きます