自動翻訳が絶対にプロ翻訳者を超えられない4つの理由

自動翻訳が絶対にプロ翻訳者を超えられない4つの理由

 

自動翻訳(機械翻訳)がその精度を急速に向上させている近年、翻訳会社に敢えて翻訳を依頼する意味とはなんでしょうか?

Google翻訳を使えば外国語の文章を瞬時に自分の母国語に変換できます。ニューラルAI機械翻訳のおかげで、以前に比べると精度もかなり高くなってきました。

※ニューラルAI機械翻訳については自動翻訳は本当に使えるのか?プロ翻訳者は要らなくなるのか?もご一読ください

確かに、文章の概要をさっと掴みたいだけならば、自動翻訳(機械翻訳)は便利なツールでしょう。しかし、他者に読ませる文章を作成する場合、まだまだ心もとないというのが実情です

本記事では、翻訳会社に翻訳を依頼するメリットについて解説します。

原文の意図を正確に訳文に反映できる

翻訳は、単純に語学力が高ければ務まる仕事ではありません。

文脈や背景を把握し、原文が書かれた目的や意図を汲み取る「読解力」、そして情報を正確に読みやすく訳文に展開する「表現力」が必須の仕事です。

自動翻訳(機械翻訳)は、原文の字面以上の情報を理解してくれません。書いてあることをそのまま外国語に置き換えるため、リーダビリティ(読み易さ)の面では未だ不安要素が多いのが実情です。

「原文と訳文を見比べながら読み進めれば意味がわかる…」程度のクオリティでは翻訳の意味がありません。

言語には各国の文化が詰まっています。ソース言語ターゲット言語双方の文化に対する理解度が高くなければ、質の高い翻訳を提供することはできないのです。この点において、機械翻訳にはまだまだ課題が残ります。

翻訳会社には、各社独自の試験にパスしたレベルの高い翻訳者が多数在籍しています。

所属のコーディネーターが原稿を確認し、適切な翻訳者をアサインするため、リーダビリティ(読み易さ)の面で自動翻訳(機械翻訳)より圧倒的に信頼度が高いのです。

誤訳のリスクを抑えられる

近年の自動翻訳(機械翻訳)の進化は目覚ましく、瞬時に、ある程度のクオリティを保った翻訳結果を得ることができます。読み物として翻訳結果をそのまま使うのは不十分かもしれませんが、ざっと概要を把握する分には十分です。

しかし、自動翻訳(機械翻訳)もたまにとんでもない間違いを犯すことがあります。概ね「それっぽい」翻訳結果を得られてしまうために、逆に大きな間違いに気づけないことがあります

例えばレストランのメニューで「冷や汁」があったとしましょう。日本人ならば、「冷や汁」と書かれれば冷たい味噌味の汁物料理を想像するでしょう。しかし、これをGoogle翻訳にかけると「Chilled juice」(冷たいジュース)になってしまいます。

これでは外国人観光客がレストランで食事をオーダーするときに、多大な支障が生じるでしょう。また、原文(原稿)に誤字や脱字があるときに、自動翻訳(機械翻訳)では原文の誤字を誤字と認識せずに翻訳してしまいます

翻訳会社ではプロの翻訳者が翻訳し、プロのチェッカー(校閲・校正者)が原文と訳文を照らし合わせて問題がないかをチェックするため、誤訳のリスクを最小限に抑えることが可能です。原文に誤字がある場合でも、文脈から判断のうえ、正しい翻訳に修正されます。

また、自動翻訳(機械翻訳)は1文1文をそれぞれ他言語に変換するだけですが、翻訳会社ではプロの翻訳者・チェッカー(校閲者、校正者)が「文章全体の流れとしてどうか(適切か)」という観点でチェックし、翻訳文を調整します

英語と日本語では効果的な文章の流れが違うため、文を入れ替えたりすることでより効果的になることもあるでしょう。

専門知識を有する翻訳者が対応するため、信頼度が高い

翻訳するためには、原文(原稿)に書かれてある内容をしっかり理解する必要があります。そして、原文(原稿)の内容を理解するためには、その分野に関する知識を持っていることが必須です。

原文(原稿)に書かれてある言葉をただ他の言語に置き換えるという、字面だけを追った翻訳をしてもまったく意味の通らない文章が出来上がってしまいます。

繰り返しますが、「原文と訳文を見比べればかろうじて何を言っているのかがわかる…」というレベルでは翻訳の意味を成さないのです。

翻訳会社は膨大な翻訳者、チェッカー(校閲者、校正者)の(人的)ネットワークを持っています。

原文(原稿)の内容を解析し、書かれている内容に属する分野に最適な翻訳者、チェッカー(校閲者、校正者)をコーディネーターが的確にアサイン(任命)した上で、専門知識を持ったリンギスト(外国語の専門家=翻訳者、校閲者、校正者)が対応することで、リーダビリティ(読み易さ)の高い翻訳を実現します。

ゆえに仮に原文に矛盾があった場合などでも、それを指摘することができるのです。

言い回しやトーンを統一できる

「こういった文体で訳出(翻訳)してほしい」というリクエストを自動翻訳(機械翻訳)に対して出すことはできません。

自動翻訳(機械翻訳)では文章全体の流れを見て翻訳するといったことができないため、文調(文章の持つ調子やスタイル、文体など)にバラつきが出る可能性があります。

また、「この用語はこう翻訳してほしい」というリクエストにも、今の時点では自動翻訳(機械翻訳)に求めることはできません。

翻訳会社では、クライアントが希望するトーン(調子)や文章化した目的などをしっかりヒアリングした上で翻訳作業を進めます。事前に入念なすり合わせを行なうことで、クライアントの希望に沿った翻訳を提供することが可能なのです。

まとめ

自動翻訳(機械翻訳)が台頭してきているとはいえ、翻訳のすべてを任すにはまだまだ不安要素が大きいというのが現状です

特に読み物としての要素が高いマーケティング関連の文書や専門性の高い内容の文書に関しては、専門知識を有するリンギスト(外国語の専門家=翻訳者、校閲者、校正者)の存在が必要不可欠です。

翻訳会社では、クライアントが希望する文章のテイストや目的に合わせて的確に人材(翻訳者、校閲者、校正者)をアサイン(任命)し、精度(品質)の高い翻訳をお届けいたします。

誤訳(ごやく=翻訳間違い)などはコミュニケーションに支障をきたし、ビジネスチャンスを失うきっかけにもなりかねません。スムーズなコミュニケーションを実現するためにも、信頼できる翻訳会社に依頼をするのがおすすめです。

以上が「自動翻訳が絶対にプロ翻訳者を超えられない4つの理由」ですが、詳細確認がご必要な場合はお気軽にお問い合わせください!

コラムフッター