満足できない翻訳を受け取ったときに絶対にとるべき5つの対処法

満足できない翻訳を受け取ったときに絶対にとるべき5つの対処法

翻訳者、翻訳会社から納品された翻訳の品質が、期待したものとは違うことにがっかりした方は少なくないと思います。

初めての経験で、慣れないなかようやく依頼先を見つけて発注したものであれば、残念なだけでなく裏切られた、悔しいといった思いを抱くこともあるかもしれません。

なぜそのような事態に陥ったのでしょうか?

本記事では、品質に満足できない翻訳を受け取ったときの対処法と、再発防止に向けた対策をご紹介します。

修正を依頼する

品質に満足できない翻訳が納品されたときにまず行なうべきは、翻訳者、翻訳会社に修正を依頼することです。

  • なぜ満足できないのか?
  • どの部分に納得がいかないのか?
  • どのように修正(改善)してほしいのか?

満足できない理由を具体的に伝え、遠慮なく修正を依頼してください

修正については「何度でも無料」「二回まで無料」といった対応をしている翻訳者、翻訳会社がほとんどだと思いますが、翻訳は文章ですので「それを評価する人の好み(主観)がその評価に大きく影響すること」は翻訳者、翻訳会社もその経験から織り込み済みです。

継続的な、長い付き合いが翻訳者、翻訳会社を育てることになり、それに伴なって翻訳の品質も向上するので、「クレームを付ける」というスタンスではなく、「より良いものに仕上げるため議論を交わして共に研鑽する」といった姿勢で臨むと、期待以上の成果につながることは間違いありません。

尚、翻訳の修正依頼には、「その依頼への対応で、翻訳者、翻訳会社の品質に対する姿勢が垣間見える」というメリットもあります。

何も言わずにただ、言われたとおりに修正してくる翻訳者、翻訳会社には要注意です。なぜなら、そこには翻訳の品質に対する自負や自信がうかがえないからです。

翻訳の品質を重視している翻訳者や翻訳会社は、たとえ依頼主のリクエストであってもそれが翻訳する目的や期待する成果につながらないと考える場合は、きちんと意見を述べるものです。

絶対にしてはならないのは、満足できない品質の翻訳を納品してきた翻訳者、翻訳会社に早々に見切りを付け、何も伝えずに自社内で対処する、もしくは別の翻訳者、翻訳会社に依頼してしまうことです。

これを行なうと社内ランニングコストや新たな翻訳料など、翻訳に掛かるコストが倍増してしまうだけでなく、満足できない品質の翻訳を納品してきた翻訳者、翻訳会社にも自社にも経験値が蓄積されないからです。

翻訳の修正を依頼することをオーダーメードの服に例えると、製作工程の最後に行なう寸法合わせのようなものです。大量生産の既製服ではない翻訳は一点一点カスタムメードであるため、「修正は当然必要なもの」と考えましょう。

また、修正の必要のない、品質に十分満足できる翻訳を最初から納品してきた翻訳者、翻訳会社はかなりの腕利きですので、満足した旨を伝え、継続的な取引を念頭に良い関係を築くようにしてください。

品質改善につながる資料や情報を提供する

翻訳の品質改善にながる資料や情報は本来、最初に翻訳を依頼する際に提供しておくべきものですが、もしそれができていなかった場合は、提供した上で翻訳の修正を依頼してみましょう。

ただしこの場合、(最初にきちんと提供しなかったという点で)落ち度は翻訳を依頼した側にあるので、翻訳者、翻訳会社が納得のいくような姿勢、態度で臨むべきです。

「最初からご提供いただいていれば…」と場合によっては追加費用を求められるかもしれませんが、それでも他の翻訳者、翻訳会社で始めから翻訳し直すよりは低コストで確実に翻訳品質を改善できますので、善処したほうがよいでしょう。

翻訳の品質改善につながる資料や情報を最初に提供しておくべき理由にはほかに、それが「翻訳コストダウンにつながる」といったこともあります。

有益な資料や情報はスムーズな翻訳作業と高品質の翻訳に仕上げることに直結するため、翻訳者や翻訳会社によってはその作業負担の軽減分を見積もり(翻訳料金)に反映する、すなわち値引きすることもあるのです。

ただし、案件と直接的に関係しない資料や情報まであれもこれもと提供して参照、準拠を求めると、それが手間になりかえってコストアップの要因となる可能性もありますので、十分に吟味、選別した、有益な資料や情報だけを提供するようにしてください。

別の翻訳方法に変更する

品質に満足できない翻訳が納品されてきた場合、もしそれが自動翻訳(機械翻訳)で行なったものであれば、実績と経験豊富な翻訳者や翻訳会社(経由の翻訳者)に改めて翻訳を依頼することで、翻訳品質の改善は大いに期待できるでしょう。

自動翻訳(機械翻訳)の品質の低さを補完する新たな翻訳手法として最近注目されているポストエディット(MTPE、ポストエディティング:機械翻訳したものを翻訳者が手直しする翻訳手法)で行なった翻訳の品質に満足できなかった場合も同様です。

また、安値を売りにする翻訳者、翻訳会社に依頼した翻訳の品質に満足できなかった場合も、コスト追及がそのような結果を招いたことを素直に受け入れ、相応のコストを掛けて新たな、信頼できる翻訳者、翻訳会社に翻訳を依頼し直すことを考えましょう。

相応にコストを掛けて依頼した翻訳者、翻訳会社から納品された翻訳の品質に満足できない場合は前述のとおり修正を依頼すべきですが、場合によっては自身、自社の正統性を主張して対応してもらえない可能性もあります。

このような場合は新たな翻訳者、翻訳会社を探すほかありませんが、同じ轍を踏まないためにも最初から十分な情報や参考資料を提供した上で、それまでの経緯を含む「なぜ新たに翻訳を依頼することになったか」をできるだけ正確に、細かく伝えましょう。

「あなた、または御社の品質に対する姿勢に大いに期待しています」と伝えて意気に感じる翻訳者、翻訳会社ほど信頼に値するものです。

「品質要求レベルが高いのだ」「そのためにきちんと予算は確保しているのだ」という希望や背景とともに、新たな翻訳者、翻訳会社に紳士的に翻訳を依頼してください。

別の翻訳者、翻訳会社に修正を依頼する

翻訳者、翻訳会社から納品された翻訳の品質に満足できず、かつその修正対応が思うように上手くいかない場合は、まったく別の翻訳者、翻訳会社に修正を依頼するという手もあります。

別の翻訳者、翻訳会社にとっては初めての依頼になりますので当然有料となりますが、納期が迫っていて急いでいる場合は、進展の見込めない修正対応に時間を費やすよりも効果的です。

ただし、翻訳料金の安さを売りにせず、翻訳品質の高さを自負している翻訳者、翻訳会社にとって実は、このような依頼はあまり嬉しいものではありません。

なぜなら、最初の翻訳内容の品質によって作業負担が大きく変わり、場合によっては自分または、自社で始めからすべて翻訳し直したほうが早く、品質の改善が見込める可能性があるからです。

別の翻訳者、翻訳会社に依頼する場合「修正するだけなのだから(安くすむだろう)」とお思いの方は案外多いものですが、「良い料理は良い素材からしか生まれない」と同様に、翻訳の修正もその元となる翻訳の出来具合に大きく影響を受けるものです。

「コストを重視するあまり品質が低下した翻訳の修正」に対し、「他者または、他社の尻ぬぐい」といった思いを抱く翻訳者、翻訳会社もいないとはかぎりませんが、それは人として当然のことだと思います。

別の翻訳者、翻訳会社に修正を依頼する際は、正直に事情を伝えた上で「困っているのだ」「助けてほしい」という姿勢が必要です。

原因を探って再発防止に備える

ここまでご説明してきた「翻訳品質を改善するための修正」対応に一区切りついたら、「そもそもなぜ、品質に満足できない翻訳が納品されることになったのか」についてよく考え直してみてください

  • コストを重視するあまり、見積価格だけで翻訳の依頼先を決めませんでしたか?
  • 急ぐあまり、無理な納期での対応を依頼しませんでしたか?
  • 十分な情報を提供することなく、翻訳者や翻訳会社に翻訳を依頼しませんでしたか?
  • 過去に翻訳したものや資料など、参考になるものを与えずに翻訳を依頼しませんでしたか?
  • 翻訳する目的や、期待する成果に最適でない手法で翻訳しませんでしたか?
  • 翻訳者や翻訳会社に丸投げしませんでしたか?

これらはすべて、結果的に品質に満足できない翻訳を受け取る要因になり得るものです。逆を言えば、これらをしないことだけでも、受け取る翻訳の品質を改善することは可能なのです。

コラム知らないと残念な翻訳の品質を決める6つの要因もご覧の上、品質に満足できない翻訳が納品されたときはそれを良い機会とし、しっかりと原因を探った上で再発防止策を練り上げましょう。

まとめ

以上、「満足できない翻訳を受け取ったときに絶対にとるべき5つの対処法」でしたがいかがでしたでしょうか。

意外かもしれませんが、品質に満足できない翻訳を受け取る要因は、翻訳の依頼時を含む、すべてのプロセスの始めにあることが多いのです。

コスト、納期、情報提供や打ち合わせ、これらのどこかに無理や不足があればあるほど、納品される翻訳の品質が低下するのです。

無理や不足のあったものの改善をあとから図るのは、非効率であること以上に、想像をはるかに超える労力と心労がかかるものです。

始めよければ終わりよし、のことわざのとおり、翻訳を行なう際はその最初にもっとも力を入れるべきであることをご理解いただき、修正する必要のない、良い翻訳を受け取ってください。

もし修正対応を含む、翻訳品質を向上させる術でお悩みの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

コラムフッター