【完全保存版】翻訳方法の賢い使い分け

【完全保存版】翻訳方法の賢い使い分け

 

自動(機械)翻訳ポストエディットクラウド翻訳、人力翻訳(※)など、一概に翻訳と言ってもその方法はさまざまです。

「AI翻訳」「ニューラル翻訳」という呼び方で先進的なイメージを想起させ、自治体などが積極的に導入を進め活況を呈しているように見える自動(機械)翻訳の精度(翻訳品質)については、Google翻訳を一度でも利用したことがあればどの程度か想像がつくと思います。

これらさまざまな翻訳方法は、その優劣や良し悪しを比較するものではなく、それぞれの方法に一長一短があるので、コスト、品質、納期など「翻訳に何を求めるか」によって賢く使い分けることが大切です。

本記事では、それぞれどのように使い分けるべきかについて解説します。

  • 自動(機械)翻訳:コンピューターによって機械的に行われる翻訳のこと
  • ポストエディット:自動(機械)翻訳後に人(主に翻訳者)が校正、校閲すること
  • クラウド翻訳:翻訳依頼主と翻訳者を結ぶ(翻訳)マッチングサービスのこと
  • 人力翻訳:人(主に翻訳者)による翻訳のこと(人手(ひとで)翻訳とも言う)

翻訳コストを重視する場合

翻訳コストを重視する場合は、自動(機械)翻訳がもっともコストを抑えることのできる翻訳方法です。Google翻訳を使えば無料であり、専業各社がパッケージ(またはオンライン)販売している有料機械ソフトを購入しても、減価償却にさほど時間を費やしません。

ただし、自動(機械)翻訳を使う場合はそれ相応の翻訳品質を許容する(低品質でもOKとする)必要があり、主な用途は次のとおりです。

  • 海外とのメールのやりとりなど、多少のミスコミュニケーションは大きな問題にならない
  • 原文が文章ではなく単語の羅列である(ECサイトに於ける商品名など)
  • 自分自身がざっと内容、概要を把握するだけである
  • 自身に外国語能力があるまたは、そのようなスタッフが身近にいるためあとで翻訳を校正できる
  • 文末に「機械による翻訳」「これは自動(機械)翻訳です」という免責事項を加えて利用できる

 

以上のような用途であれば、自動(機械)翻訳はコスト面で大きく貢献してくれることでしょう。ただし、上記以外が求められる場合は、コストだけを重視して安易に自動(機械)翻訳を使うのは避けたほうが賢明です。

翻訳納期を重視する場合

翻訳納期を重視する場合も、自動(機械)翻訳を選択することに異存ありません。自動(機械)翻訳の場合は瞬時に作業が完了するので、納期といっても自動(機械)翻訳するための準備に掛かる時間程度で、実質的に納期は存在しないといっても過言でもありません。

ただしこの場合も前述の翻訳コストを重視する場合と同様、翻訳品質を許容できるか(低品質でもOKとするか)が判断基準となります。いくら納期が短くても出来上がった翻訳が使えるものでない場合は、(翻訳者による翻訳を依頼しなければならないなど)かえって時間の掛かる(納期が延びてしまう)大変な作業になる可能性があることを念頭に使用する必要があります。

翻訳品質を重視する場合

前述の「翻訳コストを重視する場合」と「翻訳納期を重視する場合」、それぞれの前提になっているのは「それ以外の条件は許容できる、または犠牲にしてよい」ということですが、実際にそのようなケースはほとんどありません。

翻訳コストと翻訳納期、いずれを重視する場合でもそこに一定の翻訳品質は求められるものです。そこで重要になってくるのが翻訳品質を基準とした場合の「翻訳方法の使い分け」です。翻訳品質を基準とした場合、それぞれの翻訳方法は次のように位置付けられます。

翻訳品質 翻訳方法
人力翻訳
クラウド翻訳
ポストエディット
自動(機械)翻訳

 

この表は「翻訳品質」を「翻訳料金」に置き換えても成立しますが、それぞれの詳細は以下のとおりです。

人力翻訳 ※熟練翻訳者による翻訳
  • 選択肢のなかではもっとも翻訳品質に期待できる方法
  • ただし、相応の料金が発生する(翻訳コストがかかる)
クラウド翻訳 ※一般翻訳者による翻訳
  • クラウドソーシング(マッチング)サービスの特性上競争原理が働き、通常の人力翻訳より料金は下がる可能性がある
  • ただし、翻訳品質は対応した翻訳者の力量に大きく左右される
  • チェック、ネイティブチェック工程がない場合が多いため、ミスが見過ごされる可能性がある(オプションでチェック対応する場合もあり)
ポストエディット ※自動(機械)翻訳したものを、一般翻訳者が修正する翻訳
  • 自動(機械)翻訳をベースとしているため、すべてを翻訳者が翻訳するより料金を抑えることができる
  • ただし、機械の精度(自動(機械)の性能)によっては翻訳者が校正し切れない可能性もある
  • 作業負担(労力)とコスト(料金)が見合わないことから、対応を避けがちな翻訳者が多いという問題あり
自動(機械)翻訳 ※自動(機械)翻訳だけで行なった翻訳
  • 無料または、有料でも減価償却が早く、翻訳コストをもっとも抑えられる
  • ただし、翻訳品質は自動(機械)翻訳の精度(自動(機械)翻訳エンジンの性能)に大きく依存する

 

このようにそれぞれの方法は翻訳品質面での特徴が大きく異なるため、「必要とする翻訳品質レベル」をまず最初の基準とした上で、その他要素との掛け合わせ(バランス)で翻訳方法を選ぶことが肝要です。掛け合わせ(バランス)のパターンについては次をご覧ください。

翻訳コストと翻訳納期の両方を重視する場合

翻訳コストと翻訳納期の両方を重視する場合の選択肢は次のとおりです。

翻訳品質を問わない、高い翻訳品質は必要ではない、自身、自社で校正できる場合
自動(機械)翻訳を選択して良いでしょう。
自動(機械)翻訳以上の品質は必要、ただし人力翻訳ほどは高い翻訳品質を求めない場合

ポストエディットかクラウド翻訳いずれかの選択になります。ただし、いずれの場合もコストはあまり変わらない可能性があります。

ポストエディットとクラウド翻訳には次のような違いはありますが、いずれも(熟練翻訳者による翻訳に対して)「早い、安い、そこそこの品質」を売りにしているため、難易度の高い原稿の場合はマッチングが成立せず(対応する翻訳者が見つからず)、納期に間に合わない可能性もあります。

■ポストエディットの場合

原稿(翻訳の元となる文章)が自動(機械)翻訳に適したものかどうかでその後の校正、校閲に必要な作業負荷が決まるため、翻訳会社によって見積もり金額が異なる可能性がある

■クラウド翻訳の場合

料金が固定されている場合が多い

翻訳納期と翻訳品質を重視する場合

ここで述べる「翻訳品質を重視する場合」とは、「自動(機械)翻訳の品質では要求を満たせない場合」を指しますが、翻訳料金と翻訳品質の関係同様、翻訳納期と翻訳品質はもっとも相反する要素であることをまず理解しましょう。

  • 翻訳料金が高い=翻訳品質が高い
  • 翻訳料金が低い=翻訳品質が低い
  • 翻訳納期が長い=翻訳品質が高い
  • 翻訳納期が短い=翻訳品質が低い

 

つまり、翻訳料金と翻訳納期、翻訳品質の関係にはこのような傾向があるということです。必要以上に長い納期にあまり意味はありませんが、十分な納期を確保することは翻訳品質を高めるためになによりも大切です。その上で「翻訳納期と翻訳品質を重視する場合」言い換えると「翻訳品質を求めつつも短納期を実現したい場合」は、求める翻訳品質によって「人力翻訳→クラウド翻訳→ポストエディット」と順を追って検討していくとよいでしょう。

ポイントは次のとおりです。

  • もっとも高い翻訳品質が期待できる人力翻訳で、どこまでの納期短縮が可能かどうか検討する
  • どの程度までクラウド翻訳の品質を許容できるか、またその場合どこまでの納期短縮が可能かどうか検討する
  • どの程度までポストエディットによる翻訳の品質を許容できるか、またその場合どこまでの納期短縮が可能かどうか検討する

 

「人力翻訳」でも、翻訳支援ツールの利用や複数名の翻訳者による作業同時進行である程度の納期短縮は可能です。「クラウド翻訳」の場合は、原稿を分割して何人かの翻訳者に依頼することもできるでしょう。「ポストエディット」は3つの選択肢の中ではもっとも短納期を実現できる可能性がありますが、前述のとおり「自動(機械)翻訳をベースとしている」点から十分な翻訳品質が確保できない可能性があります。

翻訳品質と翻訳コストを重視する場合

前述のとおり、翻訳品質と翻訳コストはもっとも相反する要素であり、どちらか一方を重視する場合は他方を犠牲にする必要があります。しかしこちらについても「求める翻訳品質とコスト」にはある程度の幅があると思いますので、「求める翻訳品質」によって「人力翻訳→クラウド翻訳→ポストエディット→自動(機械)翻訳」と順を追って検討していくことで、コストを下げていくことが可能です。

まとめ

このように翻訳方法はさまざまであり、今回大きく4つに分けて紹介した翻訳方法それぞれには、さらに細かな違いがあります。

自動(機械)翻訳
無料の自動(機械)翻訳が汎用性を重視していることに対し、有料の自動(機械)翻訳は特定の分野を対象に精度を高めているため、すべての自動(機械)翻訳が同じであるとは言えない。
ポストエディット
将来、自動(機械)翻訳に完全移行するまでの新しい翻訳方法として注力している翻訳会社その他企業も多く、サービス内容や料金にも多少の違いが生じる。
クラウド翻訳
(電子ファイルのアップロード、ダウンロード可否、ネイティブチェック対応など)サービス提供各社それぞれが差別化を図っている。
人力翻訳
得意分野、対応可能言語、翻訳実績、業歴、規模などで大きな違いがある。

 

さらに、お客様によって「翻訳する目的」「翻訳に期待する効果」「翻訳依頼先に求める内容(コスト、納期、品質など)」はさまざまですので、両者が上手くミックス(噛み合う)ところを探すことこそが「翻訳方法の賢い使い分け」になるのです。

以上が「【完全保存版】翻訳方法の賢い使い分け」についてですが、使い分け方でお困り場合はお気軽にお問い合わせください!