翻訳を外注するならどこの国の翻訳者?どこの国の翻訳会社?徹底解説

翻訳を外注するならどこの国の翻訳者?どこの国の翻訳会社?徹底解説

 

翻訳を仕事にしている翻訳者は世界中に星の数ほどいます。翻訳事業を行なっている会社は、日本国内だけでも2,000社から3,000社あると言われています。

目の前に突然現れた翻訳が必要なドキュメント(文書)、とりあえず自分で翻訳することは断念して誰かにお願いすることに決めたとしても、これほど選択肢が多いとどこの翻訳者、どの翻訳会社に翻訳を依頼すればよいのか、判断するのが難しいと思います。

本記事では、翻訳を依頼する際に「どこの国の翻訳者」または、「どこの国の翻訳会社」を選ぶべきかご説明します。

※尚、記事タイトルの「どこの国の翻訳者」および、冒頭の「どこの翻訳者」は理解を促すための表現であり、正確には「どこの国の言葉を母国語とする翻訳者」です

日本人の翻訳者を選ぶ場合

「英語を専門とする日本人の翻訳者なら、日本語→英語への翻訳(英訳)も英語→日本語への翻訳(和訳)のいずれもできて当然」と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

誤解を避けるために補足すると、プロ翻訳者の実力(言語能力)があればもちろん、日本語→外国語、外国語→日本語、いずれの翻訳も行なうことは可能です。

しかし翻訳はターゲット言語を母国語とする翻訳者が行なったほうが、よりなめらかで美しいものに仕上がるものなのです。ターゲット言語とは、翻訳後の言語のことを指します(翻訳の元となる原稿(原文)で使用されている言語はソース言語と言います)

例えば外国製の製品に付いている外国語で書かれた説明書、「外国語のわかる日本人」と「日本語のわかる外国人」のどちらが日本語にしたほうが、自然で読み易いものに仕上がると思いますか?それと同じです。

よって、日本人の翻訳者を選んだほうが良いのは、翻訳が必要なドキュメント(文書)が次のいずれかに該当する場合です。

  1. 外国語→日本語に翻訳(和訳)する場合
  2. 日本語→外国語への翻訳(外国語訳)だが、翻訳の元となる原稿(原文)の内容が難解であったり、そこに使用されている言語を母国語とする人でないとその背景が理解しづらい場合

1の「外国語→日本語に翻訳(和訳)する場合」についてはもう説明はご不要でしょう。しかし、2の場合にも日本人の翻訳者を選んだほうが良いのです。

普通なら、2の場合は「日本語に精通した外国人翻訳者」が翻訳を行なうべきなのですが、翻訳が必要な原稿(原文)には、そこに使われている言語を母国語とする人でも読解に苦労する難解なものがあるのです。契約書や行政機関の発行する書類などが良い例です。

また、翻訳が必要な原稿(原文)内容が独自の文化、風習に基づくものなど「その国の人でないとわかりづらい」場合も同様です。昔話に登場する人物、言い伝えなどが良い例です。

このような場合はやはり、翻訳が必要な原稿(原文)に用いられている言語を母国語とする翻訳者、つまり難解な日本語の文章を外国語にする場合は、日本人の翻訳者が翻訳したほうが良い、ということなのです。

余談ですが「ネイティブチェック」という言葉を聞いたことがある方もおられるかもしれません。日本の翻訳市場を例にするとこれは「日本人が外国語に翻訳したものを、翻訳後の言語を母国語とする翻訳者が校閲(こうえつ)する」ということです。

たとえば日本語→英語に翻訳(英訳)する場合、「日本人の翻訳者が英訳したものを、アメリカ人やイギリス人など英語を母国語とする翻訳者が修正する」といった作業です。

これは、まだ翻訳市場のニーズ(需要)に対して翻訳者の数(供給)が足りていなかった時代の名残と言えます。しかし現代では日本国内にかぎらず、世界中に「日本語を得意とする(日本語検定1級といった資格を有する)、日本人にとっての外国語を母国語とする翻訳者」が多数います。

よって「翻訳は原則、ターゲット言語を母国語とする翻訳者が行なう」ことが主流になっているのです。

外国人の翻訳者を選ぶ場合

「日本人の翻訳者を選ぶ場合」で詳しくご説明したのでもうおわかりと思いますが、外国人の翻訳者を選ぶ場合とは、翻訳が必要なドキュメント(文書)が次のいずれかに該当する場合です。

  1. 日本語→外国語に翻訳(外国語訳)する場合
  2. 外国語から日本語への翻訳(和訳)だが、翻訳の元となる原稿(原文)の内容が難解な場合

日本語→英語に翻訳(英訳)する場合を例にすると、アメリカ人やイギリス人など、英語を母国語とする翻訳者が翻訳を行ない、その後に日本人翻訳者がネイティブチェック(校閲)またはプルーフリーディング(校正)したほうが、より滑らかで美しい翻訳に仕上がります。

「凸凹ある表面をあとで削って滑らかにするか」「滑らかな表面にあるわずかな凹凸をあとで磨くか」のいずれが良いか、乱暴な例ですがイメージされるとわかり易いと思います。

しかし「日本人の翻訳者を選ぶ場合」でご説明した内容と同じく、それを母国語する人にも難しい内容のドキュメント(文書)を翻訳する場合は、そこに使われている言語を母国語とする翻訳者が翻訳を行なったほうが良いのです。

日本の翻訳会社を選ぶ場合

ここまで「どこの国の言葉を母国語とする翻訳者を選ぶか」についてご説明してきましたが、次は「どこの国の翻訳会社を選ぶべきか」です。

本記事をお読みいただいている方のほとんどは日本人だと思いますので、「翻訳を依頼するなら当然日本の翻訳会社に」とお考えだと思います。しかし、日本の翻訳会社を選ぶ場合にも明確な理由があるのです。それは次のようなものです。

  1. 日本語のみのコミュニケーションが必要な場合
  2. 日本語→外国語への翻訳(外国語訳)、外国語→日本語への翻訳(和訳)など、翻訳に「日本語」が絡む場合

1についてのご説明はあまり必要ないかもしれませんが、日本語でのコミュニケーションをもっとも取り易いのは間違いなく日本の翻訳会社です。

言葉の面だけでなく、日本人同士ということで同じ民族、国民としての阿吽の呼吸や忖度、言い換えると気遣いや心遣いが期待できることもあるでしょう。

次項で詳しくご説明しますが、海外の翻訳会社を選んだほうが良い場合もあるのですが、コミュニケーションその他のことを重視する場合はやはり日本の翻訳会社に翻訳を依頼したほうが良いと思います。

そして2についてですが、実は日本の翻訳会社を選ぶべき理由はこちらのほうに主にあるのです。

日本の市場で発生する翻訳ニーズ(需要)のほとんどが日本語絡みであることは言うまでもないと思いますが、つまりそれは「日本人の翻訳者が活躍する機会が多い」ということです。

世界のどの国の翻訳会社よりも日本の翻訳会社のほうが、日本人翻訳者のネットワーク(リソース)が豊富なのは間違いないので、日本の市場でもっとも発生頻度の高い日本語の絡む翻訳を行なうのであれば、日本人翻訳者を豊富に抱える日本の翻訳会社に、ということです。

外国の翻訳会社を選ぶ場合

一方、外国の翻訳会社を選んだほうが良いこともあります。それは次のような場合です。

  1. 外国語でのコミュニケーションに問題がない場合
  2. 外国語→外国語への翻訳を行なう場合

こちらの1については少しご説明が必要です。

日本の市場で発生する翻訳ニーズ(需要)のほとんどが日本語絡みであるにもかかわず、外国語でのコミュニケーションに問題がない場合になぜ敢えて外国の翻訳会社を選ぶほうが良いのか、それは「コスト」です。

為替のこともありますが、翻訳料金は外国の翻訳会社のほうが安い場合が往々にしてあります

たとえば日本語→中国語への翻訳であれば、中国の翻訳会社のほうが圧倒的に安価で対応してくれます。ベトナム語やタイ語といったアセアン言語でも同様です。

また、日本語→英語への翻訳の場合でも、アメリカやイギリスの翻訳会社のほうが翻訳料金が安いことは稀ですが、インドの翻訳会社なら別です。そして、中国やアセアン地域の翻訳会社にも、「日本語→英語への翻訳対応が可能」といったところも存在します。

これらのことを考えると、「外国語でのコミュニケーションに問題がないのであれば、外国の翻訳会社を選んだほうが翻訳コストが下がる(可能性が高い)」というわけです。

ただし翻訳に於いてはコストと品質が反比例しますので、ある程度品質を許容できるかまたは、依頼主側で修正対応が可能な場合、としておいたほうが賢明です。

2の「外国語→外国語への翻訳を行なう場合」に外国の翻訳会社を選んだほうが良いのは、日本の翻訳会社および、そのリソースである翻訳者がもっとも得意とする「日本語が絡まない」からです。

ここまでのご説明でおわかりかと思いますが、翻訳は原則、そこで必要とされる言語いずれかを母国語とする国の翻訳会社が行なったほうがあらゆる面で良いのです。

つまり、外国語→外国語への翻訳であればもはやそこに日本の翻訳会社が介在する理由は、前述の「コミュニケーションの問題」を除いてほとんどないのです。

実際、外国語から外国語への翻訳を日本の翻訳会社に依頼しても、そのほとんどは外国の翻訳会社に再委託されていると思います。

日本語のまったく絡まない「外国語→外国語への翻訳を得意とする翻訳者というリソースを、日本の翻訳会社がどれほど保有しているか」を考えれば、外国の翻訳会社に依頼すべき理由が明確でしょう。

まとめ

以上が「翻訳を外注するならどこの国の翻訳者?どこの国の翻訳会社?徹底解説」でしたがいかがでしたでしょうか。

便利だから、ラクだから、都合が良いから、となんでもかんでも知り合いの翻訳者や日本の翻訳会社に頼んでしまうのは、(翻訳会社である当社としてはもちろんありがたくて嬉しいことなのですが)ご依頼主にとっては必ずしも得策ではありません。

  • 日本語の絡むものであっても、外国語に翻訳するのであればその国の言葉を母国語とする翻訳者
  • 日本語にするのであれば日本人の翻訳者
  • 日本語の絡む翻訳が必要なのであれば日本の翻訳会社
  • そうでなければ外国の翻訳会社

といった「賢い使い分け」が必要なのは、翻訳する方法と同じです。

ぜひ本記事を参考に、適切な依頼先をお選びになってください。

尚、翻訳の依頼先でお悩みの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

コラムフッター