【重要】機械翻訳と人間翻訳 5つの違い

翻訳外注ノウハウ

Google翻訳DeepLを筆頭に、AIの活用による技術進歩に伴なう精度向上が近年著しい自動(機械)翻訳はメリットの多いとても有益なサービスです。

一方、プロ翻訳者という「人間」による翻訳、つまり人手(ひとで)翻訳または、人力(じんりき)翻訳が、実務、技術、芸術、出版等の翻訳に於いていまだ重要な位置付けにあることに変わりはありません。

これら「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」は何が違うのでしょうか。

本記事ではその違いと、サービスを選択する際の注意点についてご説明します。

※本記事では純粋な翻訳作業により対価を得ている人すべてを「プロ翻訳者」と定義しています。尚、翻訳支援ツールは自動(機械)翻訳ではありませんので、本コラムで使用される「自動(機械)翻訳」には含まれません

翻訳コスト

「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」、最初の違いは「翻訳コスト(翻訳に掛かる費用)」です。詳しくは次のとおりです。

自動(機械)翻訳の翻訳コスト

Google翻訳やDeepLといった一般公開されている自動(機械)翻訳サービスは、ブラウザー上やアプリ上での利用が誰でも可能である上に無料です。

「翻訳」というキーワードで簡単に検索、利用することができるので、外国語に接する機会のある人の多くはすでに利用しているものと思われます。

自動(機械)翻訳サービスには翻訳会社や専業メーカーが独自開発、提供しているものもあり、パッケージ(CD-R、DVDなど)やオンライン(サブスクリプションモデル)で販売されていますが、買取もしくは月額利用が可能です。

これらに必要なコストを「文字あたり」や「単語あたり」といったプロ翻訳者による翻訳では一般的な「単位あたり料金」に換算、比較してもその安さは圧倒的であるため、「翻訳コスト」だけをみれば自動(機械)翻訳の価格優位性は揺るぎないものと言えます。

プロ翻訳者の翻訳コスト

一方、プロ翻訳者による翻訳で無料というケースはありません。

トライアル翻訳と呼ばれる「翻訳品質を発注前に確認するための無料サービス」はありますが、これもその後に控えている有料翻訳の付加(事前)サービスなので、トライアル翻訳だけ単体で(無料)利用することはできません。

また、クラウド翻訳(翻訳のクラウドソーシングサービス)から翻訳会社による翻訳(専門性と翻訳難易度が著しく高く、高度な翻訳技術を必要とする翻訳)まで、「プロ翻訳者による翻訳」に掛かる翻訳コストは実に幅広いものです。

これらのことから、自動(機械)翻訳とプロ翻訳者による翻訳のあいだの「翻訳コスト」の違いは次のように一覧化できます。

自動(機械)翻訳無料~低価格(総じて安い)
プロ翻訳者による人間翻訳低価格~高価格(総じて高い)

※さまざまな翻訳方法については翻訳方法もぜひお読みください

翻訳納期

「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」、次の違いは「翻訳納期」です。詳しくは次のとおりです。

自動(機械)翻訳の翻訳納期

自動(機械)翻訳は短時間で翻訳が完了します。

プロ翻訳者による翻訳では「数時間から数日、数十日、数か月」といった単位で必要な翻訳納期も、自動(機械)翻訳であれば「数秒から数分、数十分」といった単位で翻訳を終えることが可能です。

これは「言語を機械的に処理(転換)し、最適なかたちで吐き出す」という自動(機械)翻訳の仕組みから考えれば当然ですが、従来は使いものにならないとされていた自動(機械)翻訳による翻訳結果が近年かなり「使えるものになりつつある」というところが特筆すべき点です。

ただし、使えるといってもまだ「そのまま使えるものではない」ことに注意が必要です。

プロ翻訳者の翻訳納期

プロ翻訳者による翻訳には一定の時間、日数が必要です。

翻訳のクラウドソーシングサービスである「クラウド翻訳」を利用すれば、サービスを介すとはいえプロ翻訳者と直接やりとりをすることができるので、最短数分から数十分といったスピードで翻訳を済ませることができる場合もあります。

しかし、エージェントと呼ばれる翻訳会社を通す場合は、「問い合わせ→営業担当者との打ち合わせ→発注」といった手順を踏む必要があるため、どれだけ早くとも半日や一日といった単位が必要になります(事前に翻訳体制を構築しておく場合は納期は多少短縮されます)

これらのことから、「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」のあいだの「翻訳納期」の違いは次のように一覧化できます。

自動(機械)翻訳数秒~数分、数十分(総じて短い)
プロ翻訳者による人間翻訳数時間~数日、数十日(総じて長い)

翻訳品質

「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」、次の違いは「翻訳品質」です。詳しくは次のとおりです。

自動(機械)翻訳の翻訳品質

自動(機械)翻訳による翻訳の品質は、ソフトウェアに使用されているエンジン(機械翻訳エンジン)の精度に依存します。

機械翻訳エンジンとは機械翻訳ソフトウェアに於ける心臓部であり、最新のニューラル機械翻訳エンジンからカスタマイズしたものまで含めると数十種類あると言われています。

GoogleやMicrosoft、IBMまた、国内では国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発したニューラル自動翻訳エンジンなどが有名です。

自動(機械)翻訳した場合の品質は、翻訳支援ツールとの連携性や対応しているファイル形式やユーザビリティなど、単に機械翻訳エンジンの性能だけで語れるものではありませんが、機械翻訳エンジンの開発は前述各社がそれぞれのアプローチで日々しのぎを削っているため、使用時はその適性や運用実績などをよく考える必要があります。

また、その著しい翻訳精度向上は間違いなくても、自動(機械)翻訳したものそのままで使用に耐えうるかどうかについては、翻訳の目的や用途、期待する成果に応じて細心の注意を払わねばなりません。

※自動(機械)翻訳の詳細と種類については以下のページもぜひお読みください。

プロ翻訳者の翻訳品質

プロ翻訳者による翻訳の品質も、自動(機械)翻訳同様、翻訳者のレベルによって幅広く分布するものです。

長い経験と豊富な実績を誇り、翻訳会社や企業から引く手数多なプロ翻訳者の翻訳品質は著しく高く、クラウドソーシングサービスなど比較的参入障壁の低いゾーンでのみ翻訳を受託している翻訳者のそれとは比較にならないのが実情です。

ただし、翻訳品質に於ける良し悪しは数値的に明確な基準があるわけではありません。また、「ある程度以上、ある程度以下」といったあいまいな尺度で判断できるものでもありません。

翻訳品質は、翻訳する目的と期待する成果に最適なものがもっとも良いとされるのです。

わかり易くいうと良い悪いがTPOによって判別されるのが翻訳であり、その要素には翻訳品質だけでなく、翻訳コストや翻訳納期といった翻訳サービスに必要なものがすべて含まれます。

これらのことから、「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」のあいだの「翻訳品質」の違いは次のように一覧化できます。

自動(機械)翻訳低品質~中品質(総じて低い)
プロ翻訳者による人間翻訳中品質から高品質(総じて高い)

尚、余談ですが「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」の折衷案と言ってもよい「ポストエディット(MTPE)」という手法(自動(機械)翻訳したものを翻訳者が手直しする)が翻訳業界では近年活況ですが、これなども自動(機械)翻訳の翻訳品質がいまだ実用レベルではないことの証左です。

セキュリティ

「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」、次の違いは「セキュリティ」です。詳しくは次のとおりです。

自動(機械)翻訳のセキュリティ

Google翻訳やDeepLといった一般公開されている自動(機械)翻訳サービスはブラウザー上やアプリ上での利用が誰でも可能です。

ただし、ブラウザー上に翻訳が必要な原稿(原文)内容を直接入力(またはコピペ)する必要があること、また、アプリの場合もオンラインでの利用となり同様のプロセスをたどるため、セキュリティは決して高いとは言えません。

一般公開、無料利用と引き換えに入力されたデータを収集している、とも言われる無料自動(機械)翻訳サービスですので、その利用に於いては十分注意する必要があるのは間違いありません。

また、買取、月額利用といった有料自動(機械)翻訳サービスについても、オンプレミスとクラウドという違いはあるものの、データのハンドリングについては同様に注意が必要です。

有料自動(機械)翻訳サービス提供各社はもちろんセキュリティに万全の体制を整えた上で事業展開をしているので、セキュリティが低いからと自動(機械)翻訳を選択肢から外すのではなく、各社のセキュリティポリシーをしっかりと確認した上での利用をお勧めします。

プロ翻訳者のセキュリティ

プロ翻訳者による翻訳は、自動(機械)翻訳に比べるとまだセキュリティは高めといって良いでしょう。

ただし、介在する人員数や翻訳が必要な原稿(原文)ファイルまたは、紙媒体でもその送受信、郵送、配送過程に於いてリスクがないわけではありません。

また、翻訳者や翻訳会社のPC、ハードディスク、サーバなどに一時的に保存されるデータも、同様のリスク下にあることは間違いありません。

自動(機械)翻訳に比べると誤った動作または、操作で情報が一気に流出するというリスクはほとんどなく、悪質なアクセスや故意の情報漏洩がないかぎりデータの安全性は高いという点ではプロ翻訳者による翻訳のほうが勝る、いった程度の認識が必要でしょう。

しかし、セキュリティ保護については自動(機械)翻訳サービス提供会社もプロ翻訳者による翻訳サービス提供会社も近年神経をとがらせているため、必要以上に神経質になる必要はないと思われます。

これらのことから、「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」間の「セキュリティ」の違いは次のように一覧化できます。

自動(機械)翻訳無料サービスは注意が必要、有料サービスはセキュリティポリシーを確認(総じて低い)
プロ翻訳者による人間翻訳総じて高いと言えるが各社のセキュリティポリシー確認が必要(総じて高い)

品質保証

「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」、最後の違いは「品質保証」です。詳しくは次のとおりです。

自動(機械)翻訳の品質保証

自動(機械)翻訳は、機械翻訳エンジンが弾き出した翻訳結果がすべてであり、依頼主が望むまたは、期待した品質が保証されるわけではありません。

なぜなら自動(機械)翻訳による翻訳の品質は、機械翻訳というソフトウェアに使用されているエンジン(機械翻訳エンジン)の精度に依存するからです。

よって、自動(機械)翻訳を使用する場合は次のような逆転の発想が必要になります。

  • 翻訳結果(翻訳品質)を翻訳後に問うのではなく
  • 翻訳する目的や翻訳に期待する成果に応じて、最適な機械翻訳エンジンを積んだ自動(機械)翻訳サービスをあらかじめ選択する

また、用途別にみた場合は次のとおりです。

自動(機械)翻訳を使って翻訳してもよいと思われるもの

  • ビジネスレター
  • 社内用のドキュメント(文書)
  • SNS投稿用の記事
  • ECサイトに掲載する製品(商品)スペック
  • 短文の説明書き程度

※平易な内容やさほど翻訳品質が問われないドキュメント(文書)

自動(機械)翻訳の安易な利用は避けたほうがよいと思われるもの

  • 契約書
  • 経営理念
  • 規約
  • その他マーケティング資料

一方、プロ翻訳者による翻訳は品質が担保されるものです。なぜなら、担保しないと翻訳者や翻訳会社がもっとも避けたい「品質クレーム」につながるからです。

自動(機械)翻訳と異なり、プロ翻訳者による翻訳はお客様の翻訳する目的や翻訳に期待する成果を十分にヒアリング、汲み取った上でそれに最適な翻訳を提供する義務があります。それが自動(機械)翻訳と比べて翻訳コストが高く理由だからです。

どこまでの品質を「提供できるか」「維持できるか」「保証し続けることができるか」といった品質保証に関することはプロ翻訳者による翻訳では当然であり、以下のような特長に加えて他社や他の翻訳方法と差別化しているところです。

  • 技術翻訳を得意としている
  • 実務翻訳を得意としている
  • 映像翻訳を得意としている
  • 文芸翻訳を得意としている
  • 金融分野の翻訳を得意としている
  • 法律分野の翻訳を得意としている
  • 医療医薬分野の翻訳を得意としている
  • 特許関連の翻訳を得意としている

これらのことから、「自動(機械)翻訳」と「プロ翻訳者による翻訳」のあいだの「品質保証」の違いは次のように一覧化できます。

自動(機械)翻訳品質保証なし。ユーザーによる機械翻訳エンジンの選別が必要。
プロ翻訳者による人間翻訳品質保証あり。翻訳者や翻訳会社の選別は必要だがいずれでも品質は保証される。

まとめ

以上、「【重要】機械翻訳と人間翻訳 5つの違い」でしたがいかがでしたでしょうか。

本記事は、「自動(機械)翻訳」や「プロ翻訳者による翻訳」のいずれかを推奨するものではありません。なぜなら当社は、「翻訳する目的や翻訳に期待する成果によって両者を賢く使い分けることが肝要」と考えるからです。

とは言え「自動(機械)翻訳とプロ翻訳者による翻訳のいずれが最適か判断が付かない」といった状況にある人がほとんどだと思いますので、そのようなときは厚かましくさまざまな両サービスそれぞれを提供している会社に問い合わせて相談してみてください。

各社とももちろん自社サービスを推奨してくると思いますが、お客様ファーストに真剣に取り組んでいる翻訳会社であれば、自社への発注の有る無しにかかわらず、相談者にとって最適、最善な方法を提案してくれるはずです。

また、どこのサービスを利用しようとも「問い合わせ、相談したときの対応がもっとも良かった翻訳会社」「またはそこが推薦した翻訳方法」を選択すればおそらく、大きな失敗は避けることができるでしょう。

もし自動(機械)翻訳かプロ翻訳者による翻訳かでお悩みの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン