中国語に翻訳するときに忘れてはならない重要ポイント

中国語に翻訳するときに忘れてはならない重要ポイント

 

中国語を母語とする話者数は13億人以上にも上ります。日本にも毎年多くの中国人観光客が訪れており、インバウンド需要も高い言語です。

しかし、一口に「中国語の翻訳」と言っても、ターゲットとする国や地域によって使用されている字体に違いがあるので注意が必要です。

今回は中国語の字体である「簡体字(かんたいじ)」と「繁体字(はんたいじ)」について説明します。

簡体字と繁体字

簡体字(かんたいじ)とは?

簡体字(Simplified Chinese)とは、中国共産党政府によって1956年に利便性の向上を狙いとして考案された字体です。漢字の複雑な偏(へん)や旁(つくり)がその名のとおり簡略化されています。

画数が少ないため従来の漢字と比較するととても書きやすく、覚えやすい字体です。

繁体字(はんたいじ)とは?

繁体字(Traditional Chinese)は、その英語訳からもわかるように、昔から使用されてきた漢字の字体を指します。日本でも戦前まではこの繁体字が使用されていました。

日本では戦後に「略体字(りゃくたいじ)」と呼ばれる繁体字を簡略化した字体が導入されましたが、それでも日本で用いられている漢字は、簡体字よりは繁体字に近い字体です。

日本の略体字と中国の簡体字の違いについて有益な記事がありましたのでご紹介します。

こんなに違う!日本の略体字と中国の簡体字」台湾ゲンダイ研究所様記事

中国語圏と使われる字体

「中国語圏(ちゅうごくごけん)」とは「中国語が使用されている国や地域」のことを指します。簡体字中国語や繁体字中国語の主な使用国、地域は次のとおりです。

簡体字(かんたいじ)が使用されている国・地域

簡体字(かんたいじ)は、中国本土、シンガポール、マレーシアで主に用いられています。

簡体字(かんたいじ)は中国で標準語として定められており、公文書も簡体字で書かれています

シンガポールとマレーシアの国語はマレー語ですが、マレー語以外に英語、中国語(北京語)、タミル語(インド系言語)の3言語を合わせた4つの言語を公用語としており、そこに住む華人(移住先の国籍を取得した中国系移民)は簡体字を使っています。

繁体字(はんたいじ)が使用されている国・地域

繁体字(はんたいじ)は、台湾、香港、マカオ、中国南部(福建省(ふっけん)、広東省(かんとん))で主に用いられています。

香港の繁体字は基本的に台湾で使用されている繁体字と同じですが、多少言い回しや表現に違いが見られる場合があります。

台湾で使われる単語はすべて中国大陸由来の物ですが、香港はその歴史や地理上の理由で単語にも様々な由来(英語や広東語の影響)があるためです。

ただし基本的には同じ繁体字なので、書き言葉に大きな違いはありません。

簡体字(かんたいじ)と繁体字(はんたいじ)は通じ合えるの?

表記に違いはあるものの、簡体字ユーザーが繁体字を見れば意味の推察はつくようです(逆もまた然り)。

また、オーラルコミュニケーション(会話)上も特に大きな障害はありません

しかし中国語には様々な方言があり、方言によっては同じ字体でもまったく通じ合えないケースがあります。

例えば広東語(かんとんご)は中国大陸南部や香港で用いられている方言ですが、中国標準語とまったく違う発音体系を持っているため、同じ中国語であっても標準語の話者と広東語の話者との間での会話は成立しません。

文字コードの違い

文字コードとは、文字をコンピュータで処理したり通信したりするために,文字の種類に番号を割り振ったものです。コンピュータは数値でしかデータを扱えないため、このような仕様になっています。

日本語の文字コードと中国語の文字コードは同じ「2バイト文字(1文字を2バイト使って表現するもの)」です。しかし互換性はまったくありません。

よって、中国語フォントをインストールしていないPCで中国語のドキュメントを開くと、文字化け(文字コード設定の誤りなどにより、文字が別の文字として表示されてしまうこと)してまったく読めないという事態に陥ってしまいます。

さらに、同じ中国語であっても、簡体字(かんたいじ)と繁体字(はんたいじ)では使用される文字コードが違うことに注意してください。

簡体字フォントしかインストールしていない環境で繁体字ドキュメントを開いた場合も、やはり文字化けしてしまいます

簡体字(かんたいじ)の文字コード

簡体字では、「GB2321」と呼ばれる文字コードが用いられています

GBとはGuojia Biaozhun(国家標準)の略で、「GBコード」とも呼ばれます。基本的に簡体字のウェブサイトはこの「GB2321」を用いて作られています。

※文字コードとフォントは異なりますのでご注意ください

中国語の文字コードについてはこちらの記事が詳しいのでご紹介します。

JPドメインにおける 茶筌を用いた中国語ページの抽出」※FIT2005(第4回情報科学技術フォーラム)

繁体字(はんたいじ)の文字コード

繁体字では、「Big5」と呼ばれる文字コードが主に用いられています

※文字コードとフォントは異なりますのでご注意ください

Big5(ビッグファイブ)は、中国では大五碼または、五大碼と表記されますが、1984年に台湾の5大パソコンメーカーによって策定されたためこの名がつきました。

1984年当時の台湾5大パソコンメーカーとは、エイサー(宏碁)マイタック(神通)、佳佳、ゼロワン(零壱)FIC(大衆)を指します。

まとめ

以上、「中国語に翻訳するときに忘れてはならない重要ポイント」でしたがいかがでしたでしょうか。

一口に「中国語」と言っても、地域によって使われている字体に違いがあります。さらに細かく言うと、地域によって方言があり、同じ字体を使っていても使われる言い回しや表現に違いが見られる場合があります。

翻訳会社に翻訳を依頼する時には、少なくとも簡体字と繁体字どちらで翻訳するのかを指定するようにしましょう。

もし中国語の翻訳をお考えでしたらどうぞお気軽にお問い合わせください!

コラムフッター