医療分野の翻訳を外注するときに知らないと危険なこと

医療分野の翻訳を外注するときに知らないと危険なこと

 

医療分野の翻訳は、需要に対して翻訳者の数が少ないと言われています。これは通常の翻訳案件と比べ専門性が高く、常に情報をアップデートしなければならず、翻訳の難易度が高いためです。

さらに、医療翻訳は専門用語がとても多く、リサーチに費やす時間も相応にかかります。また、医薬分野においては特に、誤訳といったエラーを防がなくてはなりません。

よって医療分野の経験がなかったり経験が浅い翻訳者が担当すると、リスクがかなり高まります。翻訳する文書の種類によっては、誤訳というミスによって人体に害が及ぶ可能性も否定できません。

今回は、医薬翻訳の概要や、実際に発注する際のポイントについて解説していきます。

医療翻訳とは?

医療翻訳とは、医療や薬学に関する文書の翻訳のことです。翻訳する文書の種類は次のようなものです。

学術・論文系

医療分野における学会発表資料や論文の翻訳です。また医療系の雑誌に掲載する記事の翻訳もこれに該当します。

最先端の研究内容を翻訳するためには、翻訳者も常に知識のアップデートを行なうことが必須です。

医薬系

申請書類や医薬の研究開発、または治験に関する資料、さらには医薬品の販促資料といった医薬分野の文書の翻訳です。医薬品の研究開発や、医薬品を一般市場に流通させるための申請手続き、流通後の対応に必要となる書類が中心です。

医薬分野に限ったことではありませんが、申請書類にエラーがあるとその後のフローに大きな弊害をもたらします。よって医療翻訳においても、文章の内容を理解し、正確に翻訳することが必須です。

医療機器

医療機器を日本で流通させるための安全性試験報告書や、取扱説明書、添付資料など医療機器にからむ文書の翻訳です。

日本の少子高齢化が進むにつれて、医療機器分野の需要は増していくと考えられていますが、これは高齢者ほど医療機関に関わる可能性が高くなるためです。

OTC製品、化粧品など

病院で処方される医薬品などとは別に、薬局で購入することのできる市販薬(OTC製品※)や歯磨き粉、ヘアカラーといった製品など医薬部外品に関する翻訳も医療翻訳のひとつです。

また、バイオ系(農学・生物学・生物工学・バイオ技術など)の翻訳も医療翻訳です。

※OTC製品:市販薬、家庭用医薬品、大衆薬、売薬などカウンター越しに販売されるもの、Over The Counter:オーバー・ザ・カウンターの略

翻訳の難易度が高い

医療翻訳は一般的に他の実務翻訳よりも難易度が高いため、需要は多いが対応できる翻訳者が少ないというのが実情です。

そのため、翻訳料金も他の分野の翻訳よりも高くなる傾向にあります。また、翻訳の需要に対する翻訳者不足により、他の分野と比べると納期も長めになる可能性があります。

尚、医療翻訳の難易度が他の実務翻訳と比べて高くなりがちな理由は、次のとおりです。

専門用語が多い

医療翻訳では多くの専門用語が出現します。それらの専門用語の意味を正確に把握し、翻訳に反映しなければなりません。

医療翻訳における専門用語は、英語のみならずラテン語が用いられている場合もあり難解です。

専門知識が必要とされ、アップデートも早い

医療の世界は日々研究が進んでいます。数年前では常識だったことが既に非常識に変わっていることもあるのです。

医療分野の翻訳者は、翻訳技術だけではなく医療分野の知識にも長けていなければなりません。そのため、医療翻訳者は常に知識をアップデートしていく必要があります。

医学の世界は非常に奥深く、また進歩が速いため、医療分野を専門に追及している翻訳者でないとキャッチアップが難しい分野です。

人命に関わるドキュメントで正確さが何よりも求められる

医療翻訳は非常に難解な翻訳分野でありながら、人命に直接影響があるため絶対に誤訳といった翻訳ミスがあってはなりません。

少しの誤りが深刻な事態を招くこともあるため、高い専門知識と翻訳技術を持った翻訳者が慎重に翻訳していかなければなりません

以上の理由から、医療分野は他分野と比べて対応できる翻訳者の数が限られてきてしまうのです。

翻訳を外注する際のポイント

それでは医療翻訳を外注する際に希望する翻訳品質に近づけるにはどうすればよいのでしょうか。

ここでは、翻訳依頼先を選定する際や、発注時のポイントを解説します。

用語や文体の希望があればあらかじめ伝えておく

もし「この用語はこう翻訳してほしい」という希望があれば、あらかじめ翻訳会社に伝えておくほうがよいでしょう。あとで翻訳を修正する手間を省くことができます。

また、外国語を日本語にする場合は「ですます」調にするのか「である」調にするのか、といった文体についての考慮も必要です。

依頼主から要望がない場合、翻訳会社や翻訳者はその文書に相応しいと思われる文体を独自に採用しますが、それがもし依頼主の希望とは違っていた場合、翻訳文を修正する必要が生じ余計な工数がかかってしまいます。

医療翻訳の実績を確認する

医療分野における翻訳は、高度な知識を必要とします。よって同分野における翻訳対応経験の少ない翻訳会社では、案件に最適な医療分野を得意とする翻訳者が十分でない可能性があります。

ついてはホームページなどで医療分野における翻訳実績をよく確認した上で、経験豊富な翻訳会社に翻訳を外注するようにしましょう。

なるべく人力(人手)で翻訳する

大量のドキュメント(文書)を短い納期で翻訳する場合、自動翻訳(機械翻訳)したものを翻訳者が内容修正する「ポストエディット」という手法が使われることがあります。

しかし、医療分野における翻訳はわずかミス(誤訳)も許されないため、なるべく自動翻訳(機械翻訳)ではなくプロ翻訳者という「人」が翻訳することをおすすめします。

AI技術の進歩発展により、昨今の自動翻訳(機械翻訳)の精度(品質)向上には目を見張るものがありますが、複雑な文書構造では掛かりを間違えたり、用語を違う意味で翻訳してしまったり、といった現象も残念ながら散見されます。

よって医療知識の豊富なプロ翻訳者という「人」がはじめから翻訳するほうが安心できます。

トライアル(試訳)を依頼する

翻訳の品質を事前に確認する方法として、かぎられた文字数、単語数までであれば無料で翻訳してくれる「トライアル(試訳)」というサービスがありますが、その活用もお勧めです。

依頼すれば、ほとんどの翻訳会社がトライアル(試訳)に対応してくれると思いますが、あくまでも発注することが前提である必要があります。また、小規模の案件で翻訳料金の総額が一定に満たない場合は対応が難しいとされることもあります。

何社かにトライアル(試訳)を依頼し、希望の翻訳品質にもっとも近い翻訳会社に発注すると良いでしょう。

まとめ

今回は医療翻訳について解説しました。医学の分野は日々進歩しており、情報のキャッチアップが必須です。

医療翻訳を依頼する際は、多少料金が高くても医療に特化した翻訳会社や翻訳者に翻訳を依頼するのがもっとも安全な方法といえます。

以上が「医療分野の翻訳を外注するときに知らないと危険なこと」ですが、詳細確認がご必要な場合はお気軽にお問い合わせください!

コラムフッター