【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法

【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法

 

Microsoft Wordに「文字カウント」機能があることをご存知でしょうか。

翻訳料金は完全従量制です(文字数や単語数の量によって変動する)ので、翻訳会社に勤務する者にとって文字数や単語数のカウントは基本中の基本です。

また、翻訳会社にかぎらず出版業界や映像業界で働く方にとっても文字数や単語数は無視することのできない存在です。なぜなら(一冊、ページ数、時間など)いずれも決められた範囲に収めるように調整する工程が発生するからです。

それでは文字カウントはどのようにすればよいのでしょうか?

本記事では誰でもすぐに文字カウントできるように、図解で詳しくご説明します。

Microsoft Word形式の原稿ファイルを開く

まず最初に、文字数をカウントしたいMicrosoft Word形式のファイルを開きましょう。

【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法

 

文字数をカウントしたいページが複数に渡る場合は、「メニュー > 表示 」中央にある「並べて表示」をクリックすると全体像が把握できて、次項でご説明する「文字数をカウントする範囲」を選択し易くなります。

 

文字カウントしたい範囲を選択する

文字数をカウントしたい範囲を選択しましょう。

■一部の場合

「マウス > 左クリック > ドラッグ」で範囲選択してください。

■文章すべての場合

一部の場合と同様の方法で良いですが、ショートカットキー「Ctrl + A」で全範囲を一括で選択できます(Windowsの場合)

【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法

 

メニューから「文字カウント」をクリックする

文字数をカウントしたい範囲の選択を終えたら、「メニュー > 校閲」で表示される「文字カウント」をクリックしましょう。

ショートカットキーの場合は「Alt + T + W」で簡単に行なえます(Windowsの場合)

【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法

 

カウント結果を確認する

文字数をカウントした結果を知らせるポップアップが表示されますので、内容を確認しましょう。

【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法

 

ポップアップを拡大したものがこちらです。

日本語、中国語、韓国語の場合は「文字数(スペースを含めない)」右横に表示された数が基準になります。

英語、ドイツ語、フランス語など横文字の場合は「単語数」の右横に表示された数が基準になります。

※日本語をサンプルとして使用したため、左の結果では「単語数」は表示されていません

【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法

 

補足

ここまでですでにお気づきの方もおられるかもしれませんが、Microsoft Wordはファイル開いた段階ですでに文字数が画面左下に表示されています。

範囲選択していない場合は全体の文字数が、範囲選択している場合は全体と選択した範囲の文字数両方が表示されます。

親切で便利な設計ですが、後のトラブルを避けるためにも表示された結果だけでなく、ご自身でカウントすることを心がけましょう。

【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法

 

注意点

原稿内に含まれる「テキストボックス」や「図」「表」などはドラッグや一括で範囲選択でできません。

 

【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法

 

よってそれらの中に含まれるテキストの文字数や単語数もカウントする場合は個別に行なう必要があります。

テキストボックス、図や表の数が少量の場合はひとつひとつ個別にカウントしてあとで合算すればよいですが、大量の場合はすべてを一旦PDFファイル形式に出力してから文字数や単語数をカウントする方法でお勧めします。

詳しくは当社コラム「【図解で超簡単】Adobe PDFの文字カウント方法」をご参照ください。

【図解で超簡単】Adobe PDFの文字カウント方法

 

まとめ

以上、「【図解で超簡単】Microsoft Wordの文字カウント方法」でしたがいかがでしたでしょうか。

繰り返しますが、翻訳料金は完全従量制(文字数や単語数の量によって変動する)ですので、文字数や単語数を知っておくことでおおよその金額が想定できます。

翻訳料金は、

  1. 翻訳単価
  2. ボリューム(文字数、単語数)
  3. その他料金(レイアウト料、プロジェクト管理費、納期短縮割増、など)

の3つの要素でほぼ決まりますが、もっとも大きな要素はボリュームと呼ばれる文字数または、単語数です。

「翻訳単価」は日本語→英語、英語→日本語、日本語→中国語、中国語→日本語といった言語ペア(言語の組み合わせ)や、翻訳が必要な文書の内容によって変動し、また翻訳会社によって設定金額が異なります。

しかしボリューム(文字数、単語数)についてはよほどのことがないかぎり認識の齟齬は生じませんので、翻訳の見積もりを依頼する前に知っておくことは金額交渉の面でも有益です。

本記事でご紹介した文字数、単語数のカウント方法をぜひご活用ください。

最後に、もしボリューム(文字数、単語数)のカウント方法や翻訳料金についてお悩みでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

コラムフッター

最新情報をお届けします