印刷部長

多言語対応力を新たな御社の強みに

こんなことでお困りではありませんか?

  • お客様からの入稿がいつもギリギリか遅れがちである
  • 余裕ある納期設定をお客様にしてもらえない
  • 翻訳の手配が終わったのにお客様から原稿の差し替えが
  • 翻訳品質の良し悪しが自社ではわからない
  • 専門用語の多い原稿だが正確に翻訳してもらえるのか
  • どのフォントがメジャーなのか聞きたい
  • 外国語のメディア制作を自社サービスの強みにしたいが自社だけで提案するのは難しい
そのお悩み「印刷部長」が解決します!

印刷部長 3つの特長

  1. 翻訳外注に関するご不便すべて解消(翻訳外注でご不便に感じたことをお知らせください。すべて解決します)
  2. 品質・サービスの違いを先に体験(翻訳品質や対応スピードなどサービスの違いをまずはご確認ください)
  3. メリット確認後に次回取引検討(違いが実感できたら、継続ご利用をご検討ください(料金応相談))

具体的になにをするのか?

  • ギリギリまたは遅れがちな入稿への随時対応
  • 頻繁に差し替えられる原稿への柔軟な対応
  • 翻訳すべき箇所やレイアウトを含む要件定義
  • 外国語メディア制作過程の翻訳に関する相談
  • その他こまごまとした外国語にまつわる確認作業
  • クライアントへの外国語メディア制作提案への協力
  • 効果的な外国語メディア制作提案
  • 売上につながるパンフレット、チラシ制作提案

など、印刷会社様の外国語対応におけるあらゆるお悩みにご対応

サービスの目的

  • 外国語メディア制作におけるお客様のご不便を解消すること
  • 業者によって変わる翻訳サービスの違いを体感いただくこと
  • 外国語メディア制作をお客様のサービスの強みとして加えていただくこと

「もっと便利な翻訳外注先があれば」とお考えなら

  • 外国語対応が必要な案件は早い段階でご相談ください
  • お客様専属部門のように主体的に関与、ご対応します
  • コンペ参加フェーズから積極的にご提案します
  • 受注後ももちろんお客様のクライアントからのご要望に柔軟にご対応します

お客様の声

2回ほど英語翻訳を依頼させていただきました。 専門的な内容でしたが、各分野に精通した翻訳者の方が揃っており、スピーディにご対応いただきました。ありがとうございます(WEB制作・印刷広告会社様:会社案内(日本語→英語))
中国語→日本語の翻訳を依頼しました。迅速に対応していただきました(ゲーム制作会社様:スマホーゲームアプリ(簡体字中国語→日本語))
日本語→英語を初めて依頼してみましたが、仕事はプロフェッショナルです(フィリピンビジネス支援会社:申請書類(日本語→英語))
日本語から英語への翻訳依頼をさせて頂きました。依頼内容への理解、納品速度、金額どれをとっても非常に満足です。納品先は英語ネイティブのクライアント様でしたが、翻訳品質にもとてもご満足頂いております。次回もまたお願いします。ありがとうございました(WEB制作・印刷広告会社様:会社案内(日本語→英語))
高品質な翻訳スキル、スピーディな対応で何度もリピートさせてもらっています。今後も引き続き利用したいと思います!!(建設会社様:基準書、契約書、館内規則(英語→日本語))
急な依頼にも関わらず迅速に対応していただきました(建設工事現場向けソフトウェア開発・システム開発会社様:特許明細書(簡体字中国語→日本語))

主なお取引先

  • 民間企業(金融・法律・IT・工業・医療医薬・その他)
  • 官公庁・行政機関(中央省庁・地方自治体)
  • 各種法人(学校法人・医療法人・財団法人)
  • 各種士業(弁護士・司法書士・行政書士・税理士)
  • その他(特許事務所・各種団体)
  • 個人(個人事業主・フリーランサー・個人)

成果につながる翻訳へのこだわり

120言語対応

英語、中国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語ほか世界120か国語対応。

翻訳者1000名

長年の経験と豊富な実績、高い専門性を誇る最高峰のプロ翻訳者がご対応。

対応実績10000件

契約書、ホームぺージ、チラシ、パンフレット、プレゼン資料、報告書、申請書、その他。

よくある質問

Q)世界120か国語対応とのことですが、どんな言語でも翻訳可能ですか?

はい、ほとんどの言語に対応できますのでお問い合わせください。日本市場で発生するニーズはそのほとんどが「日本語から英語」または、「英語から日本語」への翻訳ですが、ここ十年程「日本語から中国語」「中国語から日本語」への翻訳ニーズが拡大しています。当社はこれらの主要言語はもちろん、ホームページに記載している代表的な言語を含め、ビジネスその他で翻訳が必要となる言語ほぼすべてにご対応できます。くわしくは 取扱言語をご覧ください。

Q)GOOGLE翻訳とはどう違うのですか?

Google翻訳は「機械翻訳」と呼ばれる翻訳方法です。当社がご提供しているサービスは「人手(または人力)翻訳」という呼ばれる、プロ翻訳者という「人」による翻訳です。この二つのもっとも大きな違いは、翻訳した後の文書の品質レベルです。

Google翻訳を筆頭に、機械翻訳と呼ばれるものを正確に表現すると「翻訳」ではなく「言語転換」です。AIの活用などその技術進歩に伴なう翻訳精度向上には目を見張るものがありますが、機械翻訳したものをそのままで商用利用するにはまだ少なからずリスクがあります。翻訳する目的や、翻訳に期待する成果に応じて、機械翻訳と人手翻訳を賢く使い分けることをお勧めします。機械翻訳については以下のコラムもご一読ください。

Q)翻訳料金はどのようにして決まるのですか?

翻訳料金 =①翻訳単価 × ②ボリューム + ③その他料金」これがもっとも基本的な翻訳料金の見積もり基準です。

①翻訳単価は、「何語から何語へ」という言語の組み合わせ(言語ペア)や、翻訳が必要なドキュメント(文書)の内容、希望する翻訳の品質によって変わります。日本語から英語への翻訳の場合、原文に含まれる日本語1文字あたり10~20円が相場です。②ボリュームは、翻訳が必要なドキュメント(文書)に含まれる文字数または、単語数の合計のことです。③その他料金は、DTPやレイアウトといった編集作業または、ウェブページの場合に発生するコーディングなど、純粋な翻訳以外の作業が発生した際に課金されますが、納期を短縮した場合なども追加されることがあります。

翻訳料金については【超簡単】翻訳料金と納期の決まり方をご覧ください。 その他詳しくはよくあるご質問(FAQ)をご覧ください。

最後に

  • 当社が行なうのは翻訳・校閲・校正作業をただ受託するだけの従来型の作業ではありません
  • 外国語メディア制作を、印刷会社様の強みとしていただくための総合的なサポートです

注意事項

  • 本サービスは「うちに外国語に強いスタッフがいたらいいのに」「外国語メディア制作を自社の強みにしたい」といったお悩みをお持ちの印刷会社様を想定、主な対象としたものです
  • 外国語がからむメディア制作におけるさまざまなお困りごとに、翻訳対象箇所の判断や効果的な表現方法など、翻訳、校閲、校正を正式に外注されるもっと前の段階からサポートするサービスです
  • 「印刷会社様専用の外国語に関する便利屋」サービスとご理解ください
  • ご相談はもちろん無料、また正式ご依頼後も翻訳料金、校閲料金、校正料金以外は一切ご不要です
  • 本サービスは外国語対応が必要な案件に早い段階から介入することで、翻訳、校閲、校正の外注コストをなるべく抑えることも想定しています
  • お悩みを元に、ご必要となる当社サービス内容を都度アップデート、柔軟に対応します
  • ご質問やご不明な点があればどうぞお気軽にお問い合わせください