最適なプロセス・厳しい工程管理

お客様から入念にヒアリングした結果をもとに案件に最適なプロセスを構築すべく、事前確認と打ち合わせをしっかりと行ない翻訳者をアサイン、厳しい工程管理とご納品後のお客様のご評価を正確に反映しながら資産として構築、次回の作業に生かしながら品質改善、向上サイクルを回し続けています。

品質向上サイクル

品質向上サイクル

制作会議

フィールドセールスがお客様からヒアリングした翻訳・校閲・校正の用途や目的、品質に関するご要望といった内容は、その細部まで制作担当者(プロジェクトマネージャー、コーディネーター、QA)に共有されたうえで翻訳・校閲・校正作業の打ち合わせを行ないます。

制作準備

納期をもとに翻訳・校閲・校正工程スケジュールや作業指示書を作成、(お客様からご提供のある場合は)用語集やスタイルガイド、翻訳メモリ(翻訳支援ツールを使用する場合)など、用語や表記の統一を図り、安定した翻訳品質の実現と納期短縮に不可欠な参照アイテムの内容確認、整備、セットアップを行ないます。

翻訳・校閲・校正者アサイン

1000名を超す登録者のなかから言語、分野など案件に最適な翻訳者、校閲者、校正者を選定、アサイン。必要な情報を準備した資料を共有、入念な打ち合わせを実施した上で翻訳・校閲・校正作業を行ないます。

校閲作業

翻訳者による翻訳とチェック作業を終えたものの校閲(ネイティブチェック)作業を行ないます。

校正作業

翻訳者または、校閲者によるチェック作業を終えたものの校正(プルーフリーディング)作業を行ないます。

納品検査(QAチェック)

コーディネーターおよび、QA担当者による納品前最終検査を行ないます。

納品

暗号化ファイル形式によりドキュメントのセキュリティを万全にした上でご納品します。

修正対応

ご納品後にお客様からご要望があった場合は翻訳・校閲・校正の修正や調整を行ない、お客様の検収を以て最終納品となります。

修正記録

最終納品後にお客様からいただいたフィードバックを参照アイテムに反映し、継続案件の品質安定性確保とその向上に繋げます。